2017年6月28日 更新

アデランスとリーブ21を徹底解説!知った上でアナタは行きますか!?

薄毛やハゲの人にとっておなじみのアデランスやリーブ21。テレビCMもよく流れているので名前だけはよく知っているという人も多いようです。育毛、増毛、発毛、カツラなどさまざまな薄毛・ハゲ対策を打ち出している両社ですが、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。

22 view お気に入り 0

目次

■アデランスの特徴とは

 (28414)

増毛無料体験の宣伝でも有名なアデランスは、創業40年以上の老舗企業で特に自毛と見間違うほどに精巧にできたカツラが代表的な商品となっています。また、自毛を活用した増毛や育毛、発毛コースもあって、全国に数多く展開するサロンが強みとなっています。ヘアチェックや増毛を対象とした無料体験を実施しており、専用機器で頭皮の状態をチェックした後に増毛の施術体験ができるようになっています。頭皮環境を健やかに整える育毛コースは、抜け毛や薄毛が気になり始めた若い人にも人気となっています。
 (28416)

アデランスが最も得意としているのは、カツラです。自毛を活かした増毛プランのほか、最近では、頭皮に直接貼り付けるタイプの商品も登場しています。増毛キャンペーンなどでは、100本1万円以下の料金を設定していますが、継続して増毛するには、定期的なメンテナンスと商品の購入が必要となるため、増毛からカツラに移行するのが一般的なパターンのようです。カツラは、30万円以下のものからオーダーメイドによる100万円を超えるものまであり、カツラを装着しても定期的なメンテナンスのために来店が必要となります。

■リーブ21の特徴とは

 (28419)

リーブ21は、CMでの宣伝文句にもよく使われているように発毛に特に力を入れています。あくまでも自毛にこだわるため、カツラやウィッグを商品として販売していないところに大きな特徴があります。抜け毛や薄毛というよりも、脱毛で悩んでいる人を対象としているようです。発毛プログラムには、抜け毛防止コースや育毛コース、発毛促進コースなどの多岐に渡るものがありますが、基本的には無料体験を実施していないようです。通常より安い価格を設定した初回プランは、2,000円以下でサービスが提供されているので、これを体験に代えて利用している人も多いようです。

料金設定は、個別コースによるものとなるため、一概に規定料金が明確とはなっていませんが、基本的な発毛促進プランは1ヵ月当たり8万円程度といわれています。リーブ21は、特許を取得している低周波装置を用いた発毛システムによって、頭皮のバリアを一時的に解除して頭皮や毛母細胞を活性化させる薬剤を浸透させるという方法をとっているようです。

■AGAとアデランス

 (28422)

カツラを得意分野としながらも育毛や発毛のコースも実施しているアデランスの施術は、基本的には男性型脱毛症「AGA」に効果はありません。頭皮環境を整えるために、頭皮の汚れを除去したり、頭皮や髪の毛を健やかに整えるために有効成分を塗布したり、などから育毛に良好な状態をつくることは可能ですが、あくまでも育毛サービスの範疇を超えるものではありません。つまり、男性ホルモンの過剰分泌による薄毛や脱毛で悩んでいる人の根本的な解決にはならないのです。

アデランスは、薄毛やハゲの治療という医療行為を行うことはできないため、結局のところハゲを隠して自毛が増えたようにみせるカツラの販売とその後のメンテナンスがメインのサービスとなります。根本的に薄毛やハゲを解決するのではなく、早急に見た目を何とかしたいという方には向いていますが、進行型の脱毛症の場合は、カツラを着用することによって症状がより早く進行してしまうことにもなります。

■AGAとリーブ21

 (28427)

自分の髪の毛を発毛させることに力を入れているリーブ21は、育毛サロンのひとつであり、治療ができる医療機関ではありません。男性の薄毛の原因が男性型脱毛症「AGA」だけとは限らないということを基本にしているため、フケや抜け毛などが要因となる薄毛やハゲの改善に力をいれているのです。したがって、頭皮のマッサージやシャンプー、育毛を促すと期待しているトニック剤の塗布などによって、毛穴に詰まった皮脂や汚れの除去に特化した頭皮環境の改善が主な施術内容となっています。

薄毛や脱毛の原因が男性型脱毛症「AGA」である場合には、進行してしまうため、頭皮環境の改善だけでは、それを食い止めることができないと言えるでしょう。育毛や発毛を促す物質として世界的に認められているミノキシジルフィナステリドなどを使用して治療を行うことはできないため、本当の意味で発毛を促進できるとは言えないのではないでしょうか。

ウィッグやカツラを得意分野とするアデランス、フケや痒み、毛穴の詰まりなどの頭皮環境を改善することをメインとしているリーブ21は、どちらも頭皮や髪の毛を健やかに保つためには効果があると言えるでしょうが、男性型脱毛症「AGA」の根本的な解決となる治療行為ができる病院とは異なり、脱毛症の進行を抑制することを期待することはできないと言えるでしょう。
14 件

この記事のキュレーター

武 紀夫 武 紀夫