2018年6月18日 更新

血液検査でAGAをどうやって診断してるの!?血液と髪の関係性!

男性型脱毛症「AGA」は、進行型の脱毛症であるため、早期発見と早期治療が必要であると言われています。病院でAGA治療を行う場合には、血液検査が行われるのが一般的となっていますが、どのような理由でどうやって診断するのか、また、血液と髪の関係性について考えてみましょう。

45 view お気に入り 0

目次

■血液と髪の関係

 (27771)

髪の毛をカットしても切り口から血液が流れるわけでないのに、<strong>髪の毛は血液がなければつくることができない</strong>と言われています。犯罪捜査や親子関係を特定される際にも、髪の毛を使ったDNA鑑定が行われていることから、一定量の髪の毛があれば、血液型だけでなく遺伝子型まで特定できることが明らかになっています。いうまでもなく、血液は酸素や栄養分を体の隅々まで運ぶとともに老廃物を排出するためにも人間の体にとってとても大切な役割を担っています。髪の毛にとっても重要な役割を持っていると言われているのは、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>毛髪の元になる栄養素が血液によって運ばれる</b></font></span>からです。
 (27770)

血液は、体のさまざまな細胞に酸素や栄養素を運ぶように発毛に重要な役割を果たす毛母細胞にも送り届けられます。ストレスや偏食などによって引き起こされる生活習慣病は、血液の流れを滞らせて、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などを発症させるリスクがあるとされています。毛細血管が詰まってしまうと、頭皮に運ばれるべき酸素や栄養素の量が減ってしまい、発毛サイクルが乱れるのです。<strong>髪の毛にとって健康な血液は必要不可欠なのです。</strong>

■AGA治療と血液検査

 (27772)

髪の毛にとって大切な関係のある血液ですが、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>AGA治療</b></font></span>にとって<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>はさらに重要な意味をもつものとなります。<strong>AGAの主たる原因は、男性ホルモンの一種であるテストロンが酵素の作用によって脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンに変化してしまうことにある</strong>といわれています。<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b><span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>で血液中のテストステロンの量を測定することによって、AGAの進行状況や治療方法を知る大きな手掛かりとなる</b></font></span>のです。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>服薬治療</b></font></span>を行う前に、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>で薬の副作用や肝機能に及ぼす影響などを予測することができるため、よりよい治療を行うことができます。
育毛剤や発毛剤などを使って自分で薄毛ケアをする場合には、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>による客観的なホルモンのデータを知らずにやみくもに行ってしまうため、どんなに高級な商品を使用しても満足のいく結果が得られないことがあります。薄毛の原因は何なのか、AGAの進行状況はどの程度なのか、どうすれば根本的な解決に結びつくのかということをよく知るためには、医療機関での血液検査が有効であると言えるでしょう。

■AGAの診断と治療

 (27773)

抜け毛が気になり始めたからといって、その誰もがAGAであるとは限りません。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>は、病院での検査によってそうであるか否かの診断を受けることとなります。AGAが広く認知されることとなった現在、日本皮膚学会は、「男性型脱毛症診療ガイドライン」を作成して、基本的内容の周知を図っています。それによると、<strong>AGAには原因遺伝子が存在し、劣性遺伝という形で子孫に遺伝する</strong>とされています。つまり、遺伝子検査によってAGA原因遺伝子をもっているかどうかを診断することによって、早期発見、早期治療ができるのです。

遺伝子検査によってAGAを発症しやすい体質なのかどうかを判断することができるとともに、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>AGA治療</b></font></span>の特効薬とされている<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>フィナステリド</b></font></span>配合の<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>プロペシア</b></font></span>が有効かどうかについても判断することができます。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>プロペシア</b></font></span>は、肝臓で代謝される薬ですが、場合によっては、肝機能に障害をもたらすことがあります。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>を行うことによって、肝機能の状況や肝臓が<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>服薬治療</b></font></span>に耐えうるかどうかを判断することができるのです。また、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>AGA治療</b></font></span>は、長期にわたることが多いため、途中経過として<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>服薬治療</b></font></span>の与える影響についても<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>で把握し、治療方針を改めることも可能となります。

■AGA診断を病院で受けるメリット

 (27774)

抜け毛が気になり始めたとき、男性ホルモンが関係する進行型のAGAかどうかはっきりさせたいと思う方もいらっしゃることでしょう。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>は、放置すると進行してしまうため、早期診断により一日でも早く治療を開始することが大切です。AGAかどうかを診断するには遺伝子検査が有効ですが、最近では、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>AGA遺伝子検査キット</b></font></span>が販売されています。自宅で口内粘膜を採取して送付すると2~3週間程度で結果が届くというものなので、誰にも知られずに診断を受けることが可能です。一方、病院では、毛髪を採取して1ヵ月程度で結果が出ますが、保険適用外となるため検査料も高額なものとなります。

簡単で手頃な<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>AGA 遺伝子検査キット</b></font></span>ですが、あくまでもAGAに関連する遺伝子があるかどうかを判断するものです。病院で検査を行えば、その遺伝子検査や<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>のデータを活用して、最適な治療方法を見つけて、効率的で経済的な治療を早期に開始することができるメリットがあります。検査でAGAであることがわかっても、治療をしないと解決しないことから、初めから病院で検査、治療を行う方がメリットが大きいと言えます。
<strong>血液は、毛髪に栄養と酸素を送り届ける大切な役割を果たしています。</strong>また、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>は、ホルモンの量からAGAの進行状況や<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>投薬治療</b></font></span>の方針を決定するのにも重要なものとなります。AGA遺伝子検査や<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液検査</b></font></span>は、早期治療も行える病院で行うことをおすすめします。
17 件

この記事のキュレーター

武 紀夫 武 紀夫