2017年6月28日 更新

自毛植毛後に髪の毛が抜けてきたらやるべき事!

《男性型脱毛症「AGA」》の究極的な解決方法として選ばれることが多くなってきた【自毛植毛】は、手術後のメンテナンスいらずで発毛を実感できる優れた治療法として多くの人に支持されています。移植定着までが大切になりますが、植毛後、抜け毛を体験する人も数多くいます。その理由や対策について考えてみました。

24 view お気に入り 0

目次

■国内でも広く普及している自毛植毛

 (28654)

男性型脱毛症「AGA」を原因とする薄毛やハゲは、放っておくと進行するため、いかに早く発見し、治療を始めるかが発毛を促す大きなカギとなります。進行が進んだ段階では、プロペシアミノキシジルといった、発毛効果が世界的に認められているAGA治療薬を処方して治療しても、その効果が現れるのに時間がかかることが多く、1年以上通院することもよくあります。男性型脱毛症「AGA」の治療は保険適用外となるため、短期決戦で答えを出したいという方には、自毛植毛がおすすめです。
 (28656)

自毛植毛には、複数の施術方法がありますが、そのなかでも国内外で一般的に普及しているものとしてFUE法FUT法があります。FUE法は、メスを使用しないで1mm程度の穴をパンチで開けて健康な髪の毛が生えている部分から毛包をくり抜いて、脱毛部分に移植するものです。縫合する必要がないために、ほとんど傷跡や術後の痛みなどがほとんどないとともに、薄毛やハゲの初期段階での移植面積が小さい場合に適しています。FUT法は、メスを使って、健康な毛根を頭皮ごと切り取って移植するもので、1回当たりの移植本数がFUE法よりも多く、定着率が高いことでも、ポピュラーな施術方法として活用されています。

■自毛植毛後のケア

 (28659)

自毛植毛手術は、局部麻酔により無痛で、かつ短時間で行うことができるため、日帰りで実施することができるものです。ほとんどの場合は、メスを使用するFUT法であっても1日~数日で包帯を取ることができるため、頭をけがしたように見える状態が続くこともありません。自毛植毛は、移植すれば完結ということではなく、健康な髪の毛の細胞が移植先で正常なヘアサイクルで働くようになることが第一の目的となるため、定着するまでの過程が最も重要とされています。

移植後は、かさぶたをつけて剥がれて、またかさぶたを形成してという繰り返しで徐々に定着していきます。施術後は、痒みや傷みを伴うこともありますが、移植部分を触ったり、刺激を与えたりすることが定着の妨げとなるため、1週間ほどは、洗髪にも十分な配慮が必要となります。また、喫煙や飲酒も血行や血流に影響を与えるため控えなくてはなりません。2週間ほどで通常通り、シャンプーすることができるようになるので、それまでは、ヘアケアに十分な配慮が必要となります。

■自毛植毛後の移植部分以外からの抜け毛

 (28662)

自毛植毛の施術を受けた後に、移植部分ではなく、現存する健康な髪の毛の一部が抜けてしまうショックロスという現象がみられることがあります。せっかく決断して自毛移植したのに、残っている髪の毛が抜けてしまうとショックを受けてしまいますが、施術に対する炎症反応や麻酔による毛根へのダメージが原因と考えられる一時的なものです。また、移植部分の周辺が自毛植毛を行ったことで、一時的に血流不足になることもその一因ではないかと言われています。

ショックロスは、それほど気にならない方もいますが、一般的に、自毛植毛を行ってから1ヵ月~4ヵ月ほどの間に起こることが多いようです。毛根細胞などがダメージを受けたうえでの抜け毛ではないため、半年~1年ほどで落ち着きます。抜け毛がある時期に、特別なヘアケアをする必要はありません。自毛植毛を行ったAGA専門クリニックの医師によって、AGA治療薬の併用治療が行われることもあるので、相談してみるのもいいでしょう。

■自毛植毛後の移植部分の抜け毛

 (28665)

自毛植毛を行った部分以外の自毛が抜け落ちるショックロスと異なり、移植した部分に抜け毛が多くなることがあります。移植部分からの抜け毛ということで、施術を受けた人のショックも大きいことでしょう。通常、抜け毛は悲しく、隠したいものですが、この移植部分の抜け毛は喜ぶべきものなのです。健康な髪の毛の細胞を移植した部分は、正常なヘアサイクルが機能することによって定着が図られたものと判断します。

正常なヘアサイクルとは、言うまでもなく、脱毛から発毛までの一連の働きであるため、移植部分から新しい髪の毛の発毛が促されれば、古い髪の毛が押し出されるように抜け落ちて当然です。抜け毛があることで、新しい髪の毛が発毛し、成長できるのです。

自毛植毛手術を受けると、早い人で1ヵ月、遅い人でも4ヵ月程度で、移植部分からの抜け毛が多くなるショックロスという現象がみられることがあります。一時的な抜け毛であることから特別なケアは必要としません。また、植毛部分から抜け毛が起こるのは、新しい発毛が促されるヘアサイクルが正常に機能している証拠であり、定着したということが言えます。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき