2017年6月28日 更新

自毛植毛の副作用ってどんな事があるの?

薄毛や脱毛で悩む人にとって施術を受ければ、その後のメンテナンスが必要なしで自毛の発毛が実感できる【自毛植毛】は、根本的な問題を解決できる究極の《AGA治療法》と言えるでしょう。しかし、頭皮に穴を開けたり、メスで切ったりと《外科的処置》を行うことから【副作用】について不安を抱くことも多いはずです。そんな【自毛植毛】の副作用について調べてみました。

58 view お気に入り 0

目次

■主な自毛植毛の施術は2種類

 (28472)

自毛植毛は、AGA先進国であるアメリカかヨーロッパをはじめとする高い技術を要する国や地域で古くから研究、研鑽が積まれてきたものであり、人工毛植毛ニードル法パンチ・グラフト植毛など、さまざまな施術法が確立されています。日本では、海外でも多く導入されているFUE法FUT法が一般的に普及しています。FUE法は、メスを一切使わず、パンチング機能をもつ機械を使って、健康な髪の毛が生えている部分に1mm程度の穴を開けて、毛包単位でくり抜いて移植する方法です。
 (28474)

FUT法は、外科的な手術と同様に、健康な髪の毛が生えている部分の毛根細胞を頭皮ごと切り取って移植する方法です。FUE法は、メスを使わないため、術後も米粒程度の傷跡しか残らないというメリットがありますが、広範囲にわたる移植はできないため、脱毛が進行している方には不向きと言えます。一方、FUT法は、メスを使用するため、切除後の縫合が必要となり、傷跡が残りやすくなります。ただ、一度に数多くの本数を移植できること、定着率が高いというメリットもあります。

■自毛植毛の痛み

 (28477)

従前は、人工毛植毛が主流であり、異物を体に埋め込むことになることから、皮膚の化膿や1年ほどでの脱毛など、拒絶反応による副作用やメンテナンスの手間などがありました。自毛植毛は、自分自身の細胞を自家移植するため、拒絶反応がほとんどなく、一度定着すれば、自毛と同じように扱うことができるため、メンテナンスもいらない便利なものです。施術には、部分麻酔を使用するため、施術中の痛みは全くありありません。

施術後、麻酔が切れるとチクチクするような痛みを感じることが多く、そのピークは術後の夜から朝にかけてが最も多いと言われています。また、施術当日は、麻酔の影響から、ぼーっとしたり、ふらついたりすることがあり、車での来院は控えなければなりません。また、遠方から訪れる場合には、念のため宿泊の手続きを事前に行っておいた方が無難でしょう。術後、痒みがしばらく続くことがありますが、なかには、痛みよりも痒みの方が強かったと言われる経験者もいるようです。

■出血や頭皮の腫れ、痛み

 (28480)

自毛植毛の施術後、個人差はありますが、植毛部分やまぶたなどに腫れが生じることがあります。これは、頭皮が一時的にダメージを受けたことによるもので、手や足などをケガしたときにその周りが腫れることがあるのと同じようなものであるため、特に心配はいりません。術後、4~5日をピークとして、頭皮の痒みが治まる1週間~10日程度で腫れも落ち着きます。体質などによっては、腫れが長引くことがありますが、その際は、施術を行ったAGA専門クリニックによって適切な処置がなされるので心配いりません。

FUE法FUT法にかかわらず、頭皮に傷をつけて移植を行うものであるため、術後、多少の出血があります。体質により、しばらくの間、出血が続くこともありますが、しばらくすると治まるため心配はいりません。また、移植部ではなく頭痛を感じる人もいますが、こちらも時間とともに落ち着いていきます。植毛部分にかさぶたを形成しながら定着が図られていくため、どちらかというと痛みよりも痒みの方が強く感じることの方が多いでしょう。

■一時的に髪の毛が抜けるショックロス

 (28483)

自毛植毛施術を行ってから1ヵ月くらい経過すると、移植部分ではない観光な髪の毛が抜けてしまうショックロスという現象がみられることがよくあります。自毛植毛施術によって起こる炎症反応や、麻酔が毛根へ与えるダメージなどが原因と考えられている一時的なものであり、心配する必要はありません。また、移植部分に酸素や栄養分を多く消費するため、その周辺部分の血流が悪くなることもあります。

術後、1ヵ月を過ぎると移植した部分からも抜け毛が増えてきます。これは、移植部分が定着し、新しい髪の毛を発毛させるために古い髪の毛が押し上げられるように抜け落ちるという、正常なヘアサイクル休止期の活動によるものであるため、移植部分がしっかりと定着しているという証でもあります。移植部分から自毛が発毛する大切なプロセスとなるため、男性型脱毛症「AGA」特有の脱毛とは全く異なるものです。

拒絶反応が起こりやすい人工毛植毛とは違い、自家移植となる自毛植毛は大きな副作用が起きにくいものです。術後の痛みや痒み、頭皮の腫れなど、外科的処置特有の副作用のような症状が生じることがありますが、いずれも一時的なものであるため、心配はいりません。また、ショックロスや植毛部分からの抜け毛などが起こりますが、いずれも自毛が発毛するうえでの大切なプロセスとなります。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき