2017年6月28日 更新

海外で自毛植毛手術って大丈夫?知っておいた方が良い事実!

薄毛やハゲの治療として、特にホルモン分泌異常が原因となる《男性型脱毛症「AGA」》で悩む方の大きな希望となっているのが【自毛植毛手術】です。国内の《AGA専門クリニック》で施術を行うのが普通ですが、なかには、様々な事情から海外で施術を希望される方もいらっしゃるようです。海外で【自毛植毛手術】を受けるうえでの注意点などについて調べてみました。

57 view お気に入り 0

目次

■自毛植毛手術

 (28556)

男性型脱毛症「AGA」の治療は、一般的にはプロペシアミノキシジルなどのAGA治療薬を処方しながら、1年ほどの期間をかけて気長に根気強く行っていくものです。しかし、前頭部の広範囲の脱毛などでは、なかなか血行の改善ができず、効果を実感しにくいことから自毛植毛手術を選ぶ方も多いようです。施術法には、さまざまな種類がありますが、なかでも国内外ともにポピュラーになっているものに、FUE法FUT法があります。
 (28558)

FUE法は、機械を使って1mm程度の穴を開けて健康な髪の毛の毛包をくり抜いて移植するものです。一度に移植できる本数が少ないため、M字ハゲの初期などに向いている施術方法と言えるでしょう。メスを使わないため縫合する必要もなく、術後の傷跡も米粒程度であることもメリットです。FUT法は、健康な毛根細胞を頭皮ごとメスで切り取って脱毛部分に移植するものです。比較的、移植できる株数が多いことから、脱毛部分が広い方にも合っているとともに、定着率が高いことでも知られていることから、アメリカなどでは、もっぱらこの施術法が活用されているようです。

■海外で自毛植毛手術

 (28561)

最近では、国内のAGA専門クリニックAGA治療を行うことはごく普通のことになっていますが、AGA治療の先進国は、欧米です。プロペシアミノキシジルなどの治療薬の開発も自毛植毛手術の先進的な取組もアメリカで行われたことです。特に西海岸エリアに植毛クリニックが集中しているようです。施術に関わるテクニックについても日本よりも進んでおり、費用も安いことから、格安チケットなどを利用して施術すれば、リーズナブルに受けることができるかもしれません。なかには、日本語が通じる有名なクリニックもあります。

最近は、美容大国と言われる韓国でも自毛植毛手術が盛んになっています。自毛植毛ツアーなども企画されており、パック料金のなかには、往復航空チケット、自毛植毛手術、宿泊、空港からの送迎、添乗員などの費用も含まれています。人気となっている理由には、費用の安さと微妙なニュアンスを伝えてくれる通訳兼添乗員が同行することです。海外での施術の最大の障害が言葉の壁ですが、その心配がないため細かな希望を伝えたり、ドクターの説明を聞いたりすることに心配がいりません。このようなツアーは、韓国だけでなくタイでも実施されているようです。

■海外で自毛植毛手術を受けるメリット

 (28564)

AGA治療が、保険適用外であることは、よく知られていることです。国内で自毛植毛手術を受けるには、植毛の規模にもよりますが、100万円前後の費用がかかることがあります。まとまった費用が必要となるため、なかには、自毛植毛ローンなどを組んで、治療する方もいるほどです。それに比べると、海外での施術費用は割安で、パックツアー料金に含まれていれば、宿泊費や渡航費などを含めても安く済ませることもできます。

海外で自毛植毛手術を受けるメリットは費用面だけではありません。自毛植毛手術は、手術自体は日帰りが可能なもので、翌日には包帯をとることもできます。しかし、定着するまでの期間、頭皮への刺激や激しい運動を控える必要があるため、普段通りの生活を送るまでには数日を要することがあります。海外で施術が受けられれば、短期の海外旅行として周りに怪しまれることがないうえに、実際に海外観光を楽しむこともできます。国内でも、夏休みや冬休みの長期休業期間前に施術日を設定することが多いことから、旅行と施術を合わせてできるのも魅力と言えるでしょう。

■海外で自毛植毛手術を受けるデメリット

 (28567)

費用が明快なパックツアーなどであれば安心できることもありますが、個人で海外で施術を受けようとすると、病院との間にブローカーと呼ばれる仲介人が入り、法外な費用を請求されることがあります。また、格安で施術ができる病院は、技術面や衛生面での保証もないため、施術、施術後のケアなどの不安材料が多くなります。さらに、自毛植毛手術は、術後の定着や副作用の有無などの経過を観察して臨機応変に対応することが必要となります。施術して帰国した後に、何らかの不都合なことが起きてしまった場合、再度渡航するのも大変ですし、それにきちんと対応してくれるかどうかも確証がありません。

国内では、副作用被害救済制度や術後の保証などが確立されています。万が一のことがあってもすぐに対応ができるとともに、自己責任でさらに高額な費用が必要となる可能性も少ないでしょう。安全性、信頼性、を重視して自毛植毛手術を受けたいのであれば、少々割高になったとしても国内のAGA専門クリニックで施術を受けることをおすすめします。

自毛植毛手術を海外で受けるメリットには、AGA治療の先進国で格安で施術を受けることができること、海外旅行気分で周りにも怪しまれないこと、などがあります。一方で、術後のケアや副作用の有無などの経過観察ができずに、何か問題があった際の対応に不安が多いものとなります。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき