2018年10月31日 更新

ハゲの原因・対策・治療法・薬をまとめて解説!薄毛に気づいたら早期対策が重要!

ハゲの原因、対策、治療方法、治療薬について、まとめて詳しく解説します。日本では、ハゲは老化のシンボルとして捉えられてきました。しかし、現在はハゲの治療法は医学の発展とともに発達してきています。薄毛に気づいたら、早期に対策することがハゲを治すためには重要です。

13 view お気に入り 0

目次

ハゲの原因

M字ハゲの芸能人を紹介してきましたが、そもそもなぜM字ハゲになるのでしょうか?
M字ハゲの原因についてお伝えしましょう。

原因①:男性ホルモン

ハゲになってしまう原因としては、男性ホルモンの増加が挙げられます。
これはAGA型のハゲ(M字はげ)ですので、最近開発された、治療薬によって回復させることが可能になっています。

遺伝的な要因でなってしまう場合もありますので、予防はむずかしいのですが、その兆候がみられたら、すぐに医療機関で診断を受けて治療薬を用いたケアを開始することがお勧めになります。

ハゲの症状が進行してしまった後では、いくら良い治療薬があっても回復に時間がかかってしまいます。

ハゲ以外の病気の場合もそうですが、早期発見早期治療のスタイルが一番重要です。
M字はげとは、額の生え際の両端から薄くなって行く症状を言います。 おでこの真ん中の髪の毛は残るため、まるで剃りこみを入れたような状態になります。

額の生え際がアルファベットの「M」の字に似ていることから「M字はげ」と呼ばれます。

原因②:髪へのストレス

また、ハゲになってしまう原因としては毛髪へのストレスも考えられます。
普段お使いになっているシャンプーについて、その成分を調べてみることも重要です。

配合されている成分がすべて天然成分であればいいのですが、人工的な物質が含まれているとそれによって髪の毛がダメージを受けてしまって、ハゲになってしまうことも考えられます。

特に注意した方が良いのが、シリコン入りのシャンプーです。
シリコンは独特の光沢をもっているので、それを使っていると髪の毛に健康的な艶が保たれているように錯覚してしまう場合があります。

そのために、使い続けてしまって髪の毛にダメージが与えられてしまうことも考えられます。
シリコンで髪の毛自身がコートされた形になってしまいますので、その中で髪の毛がやせ細ってしまうことになります。

結果としてハゲになってしまうことも起きてしまいます。
仮に、シリコン入りのシャンプーをお使いの場合には今すぐにシリコンの入っていないシャンプーに切り替えるべきであるといえます。

シリコンの光沢に騙されて、自分自身の髪の毛が艶を失っているというような状態を招いてしまうのは、決して良いことではありませんので注意が必要です。

原因③:頭皮環境

頭皮を不潔にしておいてもハゲの原因になってしまいます。

頭皮の状態が悪くなってしまうと健康的な毛髪を作り出すことができなくなってしまいます。
そのためには頭皮の新陳代謝のレベルを高めておく必要があります。

そのためには、頭皮の汚れは確実に落としてきれいにしておくことが重要です。
こまめに毎日シャンプーをすることが一番良いのですが、シャンプーの洗浄成分として界面活性剤が使われていると汚れは確かにきれいに落ちますが、一方で頭皮や髪の毛にダメージが与えられてしまって、ハゲの原因になることも多くなってしまいます。

このようなトラブルを避けるためにはアミノ酸を洗浄剤に用いたシャンプーを使うといいでしょう。

アミノ酸はかなりの洗浄力を持っていますので汚れを落とすのにとても適しています。
一方で、アミノ酸は髪の毛や頭皮の材料であるたんぱく質を作るための原料ですので、体にダメージを与えてしまうこともありません。

シャンプーの中の配合成分にはいつも気を付けておくことがハゲの防止にはとても大事な要素になってきます。
頭皮に油のようなべとべとがある場合にはそれをきれいになくすようなシャンプーの方式が有効です。

夏場は汗をかきやすくなりますので、こまめにシャンプーすると良いですよ。

原因④:頭皮の新陳代謝

また、髪の毛を生育する場である頭皮の新陳代謝もハゲの原因のひとつです。

頭皮の新陳代謝を高めるためにマッサージをすると良いでしょう。
マッサージをする際には、爪で頭皮を傷つけないようにしてケアをすることも大事になります。

老廃物が頭皮に蓄積してしまうとそれによって頭皮の代謝レベルが低下してしまいますので、注意が必要になります。

頭皮にやや硬くなってしまっている部分がある場合は、それをもみほぐす形で柔らかくしていくことがおすすめの方法です。
マッサージによって、頭皮での循環が改善されればハゲの予防につながっていくことになります。

誰しも年齢とともに代謝レベルが下がってしまうものですが、下がるスピードは日ごろの頭皮のお手入れによって遅くすることも可能になってきます。

原因⑤:免疫力の低下

免疫力の低下によってハゲになってしまうことも考えられます。

昔に比べて風邪をひきやすくなったなと思ったらハゲ始めたというような場合には、免疫力の低下がハゲの原因である場合が考えられます。

そのような場合には体に十分な栄養を与えるようにすると良いでしょう。
規則正しい生活を送り、体に疲れをためない生活を送るようにするのはお勧めの対処法になります。

また、免疫力を高めておくためには体を冷やさないようにすることも重要です。
冷たいものを食べるのがほどほどにしましょう。

できるだけ温かいものを食べる習慣を身につけておくと良いでしょう。

原因⑥:喫煙

煙草は、ハゲの原因のひとつとなり、基本的に吸わない方が良いと考えられています。

煙草の中に含まれているニコチンには血流を低下させる働きがありますので、代謝レベルの低下を招いてしまいます。
結果としてハゲの原因を招いてしまうことになります。

また、煙草を吸うことによって体内の水分レベルが減少してしまいます。
水分の減少も頭皮での毛髪の育成を妨げてしまうことが考えられます。

煙草を吸うことによって更には、体内でのビタミンの量の低下を招いてしまうことも考えられます。

同時に、煙草によって老化関連物質が蓄積する場合もありますので、やはりハゲの原因となってしまうかもしれません。

愛煙家の方は完全に禁煙することはできないかもしれませんが、年取ってからのハゲを予防することを考えるのであれば、吸う本数を少なくする努力をすることはおすすめといえます。

原因⑦:お酒

お酒もハゲの原因となり得ます。

少量なら良いのですが、深酒をしてしまいますと、肝臓に大きな負担がかかってしまうことになります。
そのため、代謝レベルを下げてしまうことになり、育毛にとってはマイナスに働いてしまいます。

お酒もたばこと同様にほどほどに楽しむようにすると良いでしょう。

お酒の代わりにウーロン茶を飲むのはおすすめです。
ウーロン茶には薄毛を誘導しやすくしてしまう物質の働きを抑制する効果が知られているためです。

ハゲの対策

続いては、ハゲが心配な方のために対策方法について紹介します。

対策①:サプリメント

ハゲがの対策法のひとつとして、市販されている育毛用のサプリメントを利用することがあります。
服用してお使いになるものですので、副作用などのことも十分に吟味しながらお使いになっていくことが必要です。

育毛用のサプリメントの場合も自分に合ったものを選んでいくことが必要です。
育毛増進をすることによって体調を崩してしまっては何にもなりませんので、留意が必要です。

育毛剤と同様に必ずしも高額なものが効果を示すとは限りません。
自分の体質に合ったものを探していくことが必要です!

対策②:シャンプー

忙しい毎日を送っている方は、育毛剤やサプリメントをこまめに使っていくことはなかなか大変なものです。
そんな場合は、育毛効果を持ったシャンプーがおすすめです。

シャンプーすることによって、頭皮の汚れをきれいにしながら、同時に育毛力をアップさせることができるので、大きな効果を得ることが可能になります。

シャンプーの場合も、育毛剤やサプリメントと同様に自分にとって最良の効果を与えてくれるシャンプーを探してそれをお使いになることが一番のハゲの予防につながっていきます。

シャンプーの中には育毛剤の他に香料やアルコールなどが含まれている場合もあります。
アルコールが含まれているシャンプーだと、育毛効果が半減してしまいます。

香料やアルコールなどの含まれていないシャンプーを選んで育毛ケアをしていくことがおすすめです。

対策③:メンタルケア

いろいろと育毛にとって良いことを行っているにも関わらず、一向に効果が表れてこないような場合には、メンタルケアも必要です。

精神的にマイナスの状態ですと、十分な育毛効果が出てこない場合が多くなってきます。
ストレスを抱えているとホルモンのバランスが乱れてしまって、それが育毛にはマイナスに働いてしまうことになります。

体をリラックスさせて、気持ちをゆったりとさせることができると、より大きな育毛効果が得られる可能性がでてきます。
髪の毛のことを心配することなく前向きな気もちで常にいるようにすると良いでしょう。

さらには、髪の毛の問題に対して焦りも禁物です。
焦ってしまうと精神的なストレスを自らに与えてしまうことになりますので、育毛にはマイナスになってしまいます。

趣味を楽しんだり、娯楽を行ったりすることも実はハゲの予防にはおすすめです。
落語や漫才などを聞いて良く笑うのもいいかもしれません!

対策④:運動

ストレス解消のために、運動をすることもおすすめです。
適度な運動はストレス解消につながっていきますので、育毛にはプラスに働くことが期待できます。

また、継続的に運動をすることは、代謝レベルを上げることになりますので、これも育毛にはプラスになります。

運動をすると汗をかきますので、汗と一緒に老廃物が外に出ることも期待できます。

汗をかいたら、そのままにせずに、シャワーなどで汗を洗い流すようにしましょう。
そのままにしておくと雑菌の繁殖を招いてしまって、それが原因で、抜け毛を引き起こしてしまう場合も考えられます。

体に負担をかけるような運動は逆にストレスの原因になってしまいますので、散歩やジョギングであっても十分な効果がえられます。
積極的に体を動かしていくという気持ちがとても重要であるといえます。

対策⑤:血行

頭皮の血行は育毛にとってとても重要なものです。
血行が悪くなってしまうと、それが原因でハゲになってしまうことも考えられます。

血行が悪くなってしまう冬場は、辛いものを食べて血行を良くすることもおすすめです。
お風呂などに長く使って血行を良くする工夫も考えられます。

また、寒い時の外出は防止などで頭皮を冷やさないようにするのはとても良いハゲの予防になっていきます。

また、冬場は空気が乾燥しますので、空気の乾燥による髪の毛へのダメージを防ぐことも念頭に置いておくと良いでしょう。

ハゲの治療法

これまではハゲになってしまった場合には、それを回復することが難しいと考えられてきました。
しかし、最近の医学の進歩によって、ハゲも治療可能であると考えられるようになってきています。

ハゲは人生の老化のシンボルとして考えられていましたが、これからは病気の一種として治療が可能であると考えることが可能になってきていると言えます。

治療法:AGAの場合は投薬治療

AGAは、投薬治療によって症状を回復させることが可能になっています。
残念ながら、ハゲの原因がすべて解明されているわけではありませんので、これらの薬を使ってもすべてのハゲが治るわけではありません。

ただ、クリニックなどで診断をしてもらえば、AGAタイプのM字はげであるかどうかはすぐにわかります。

AGAであれば、医師の指示に従って投薬治療を行っていけば、症状の回復が期待できるようになります。

薬の効果が出現してくるまでには、個人差があります。
気長にそして辛抱強く治療をしていく必要がでてきます。

ハゲの治療の場合にはメンタルの面が非常に大事になります。
なぜならば、髪の毛の生育にはホルモンがとても重要な働きをしていますので、メンタルメンでホルモンのバランスを崩してしまうと、満足な治療回復効果が得られないことも考えられます。

ハゲの治療を行っている際に不明の点や疑問点がある場合には、適宜担当のドクターに相談して、精神的なストレスを解消しておくと良いでしょう。

気持ちが落ち着けば、確実な治療効果を得やすくなってきます。

AGA以外の治療:メンタルトレーニングも重要

AGA以外のハゲの場合には、薬で治すことが難しい場合もでてきます。

しかしながら、精神的なストレスによってハゲになっている場合には医療機関のドクターに相談することによって、気持ちの面で落ち着くことができればそれだけでハゲの症状が回復する場合もでてきます。

つまり、ハゲの治療においては、自分の気持ちの持ちようがとても重要なファクターになってくると考えられます。

ハゲと同様の症状として知られる円形脱毛症も、ほとんどの場合がその方のメンタル面で症状が出てきます。

メンタルトレーニングによって、ストレスに対して強くなることが場合によっては円形脱毛症の回復効果を生み出す場合もあります。

ハゲであることを悩むのは、ハゲの治療においてどのような場合であってもプラスには働かないものであるということを知っておきましょう。

ハゲ治療薬の購入と使用方法について

AGAの治療薬は大きな効果をもっていますが、その際に問題になってくるのが費用の問題です。
ハゲの治療の場合には完治までの期間に個人差がありますので、一体どのくらいの費用が必要であるのかを予想することが難しくなってしまいます。

購入方法

費用的な負担が問題になる場合には、医師の処方を介さずに海外から個人輸入の形で取り寄せることも可能です。

個人輸入というと難しいイメージを感じてしまいますが、手続きは代行業者が行ってくれますので、それほど難しい手間にはならない場合が多いものです。

さらにはネット上の通販で購入することもできますので、自宅でハゲの治療を行うことが可能になります。

医療機関や薬局などで薬を飼っているのを目撃されてしまうと、ハゲの治療を行っていることを他の人に知られてしまう可能性を秘めていますが、通販購入であればそのような心配は皆無と言えます。

使用方法

ハゲの治療薬を用いる場合に最大限の効果を発揮させるためには、体内においていつも同じ濃度の薬が存在しているようにすることが最適な服用法になってきます。

そのためには、毎日決まった時間に薬を服用するのがおすすめの方法です。
また、毎日欠かさず服用することも必要になってきます。

ハゲの治療の場合は、薬が効くまでの時間が意外と長い場合もあります。
1~2ヶ月薬を服用してみて、効果が得られない場合に服用をその段階でストップしてしまう人もいるのですが、それは非常にナンセンスな服用法になってしまいます。

地道に、医師の指導の元にハゲの治療を継続していくというスタイルで薬を服用していくことがとても重要な治療に対する姿勢といえます。

担当の医師から服用を止めましょうと言われた段階で、服用を止めるようにするようにしてください。

注意点

海外から医薬品を通販購入する場合には、処方箋が必要ありません。
その分価格を大幅に抑えることができるというメリットをもっています。

ただし、薬に含まれている成分を自分できちんと確かめておかないと、十分な効果が得られないことも考えられます。

自分の購入する薬の中身を自己責任で吟味しなくてはなりません。

また、不純物などが入っていると薬の効果が得られないだけでなく、体に大きなダメージを与えてしまう可能性もあります。
購入の際には、十分な注意が必要になります。

できれば、医師の処方のもとにハゲの治療を行っていきたいものですが、海外からの個人輸入の場合も、医師とよく相談をして、ハゲの治療を行っていくことが必要になります。

医師の指導を受けない状態で、巷の情報だけで個人輸入によってハゲの治療薬を入手しても、効果が出ない可能性も考えられます。

また、治療薬の飲み方には一定の方法が決められていますので、個人判断で薬を使っても十分な効果が得られないことも考えられます。

医師の指示のもとに服用していくことがどんな場合にも賢い方法といえます。

ハゲは早期治療が重要

髪の毛がハゲてきているのではないかと感じたら、すぐにハゲの治療をスタートすることがとても重要になってきます。

髪の毛を作り出す毛母細胞の機能の低下によってハゲが起きてきます。

つまり、毛母細胞の機能が落ちている段階で治療を回復させることをするのと完全に機能が失われた後でハゲの治療を行うのとでは意味が大きく異なってきます。

いったん機能が失われた毛母細胞の機能を復活させることは現代の医学の進歩によってそれも可能になってきていますが、やはりその前段階で治療を開始する場合に比べると治療期間が長くなってしまう傾向にあります。

つまりは、早期発見早期治療が必要といえます。

症状が軽症のうちに治療を開始したほうがハゲの治療に限らず短期間で元の状態に戻せるようになる場合が多くなります。

これまではハゲであることを恥ずかしいと思って、病院に行くのをためらうことも多かったかもしれません。

かなりの確率でハゲは治すことができますので、隠すことなく初期症状のうちに病院で診察を受けて、症状に合わせた治療を行っていくことがおすすめです。

そのままにしておくと、急激にハゲが進行してしまう場合も考えられますので、できる限り早い段階での受診が必要になってきます。

ハゲの治療中の注意点

続いて、ハゲの治療中に気をつけたい点について解説します。

注意点①:ストレスを感じないようにする

日本においては、自分の頭がハゲてしまっていることは老化という考えが浸透していますので、多くの人がハゲであることを隠そうとします。

ハゲの治療には時間がかかってしまうことが多いので、その間はハゲであることを隠すことすることが多くなります。

場合によっては外出を避けて自宅にこもってハゲの治療を行うことをする場合も考えられます。

しかしながら、いつも家の中にいることは精神衛生上大きなストレスを与えてしまいますので、ハゲの治療にはマイナスの効果を与えてしまうことも考えられます。

仮に自宅にこもってハゲの治療を行っていくのであれば、自宅でこまめにストレッチなどを行って体を動かしてストレスをためないようにすることがおすすめです。

しかしながら、いつも家にいるような生活を送っているのはかなりのストレスであることが多いものです。

だんだんと生活のリズムが崩れてしまうことも多く、体の代謝レベルも低下してしまって、ハゲが悪化してしまうこともおおくなります。

ハゲのことを気にせずに定期的に外出するようにした方が良いでしょう。

注意点②:かつらを利用する

外出の際にはカツラを使えば、ハゲであることを気にする必要もありません。

最近は廉価で性能の良いカツラも市販されていますので、外見からはカツラであることもわかりませんし、運動をすることも可能なカツラも市販されていますので、普通の方と同じような生活を外出先で送ることが可能になってきます。

TPAに合わせて何種類かのカツラを用意して外出に備えている方もいます。

カツラを洋服の一部だと思って、お洒落を楽しむ感じで着用して外出するのはおすすめです。

精神的なストレスを感じることなくむしろよりポジティブな生活を送ることが可能になってくるのではないでしょうか?

注意点③:帽子を利用する

カツラの代わりに帽子を活用することも考えられます。

カツラに比べて帽子の方が廉価ですので、より多くの帽子を買いそろえることが可能になることも多いものです。

帽子をアレンジして、お洒落を楽しむことができるようになれば、こちらも外出を十分に楽しめるようになります。

ハゲの治療を行っている場合には、マイナスの気持ちになることはおすすめではありません。
どんな場合においてもプラスの施行でハゲに対処していくことが必要といえます。

注意点④:頭皮のケアをする

血行が悪くなってしまう冬場は、カツラや防止は血行の促進につながり、ハゲの治療にはプラスに働きます。

しかし、夏場ですと頭皮が蒸れてしまって、老廃物が蓄積したり雑菌が繁殖する可能性もでてきます。

衛生面でのケアは考えておくことが必要です。

こまめにシャンプーをして頭皮を清潔することと、カツラや防止などの衛生面でのケアを常に考えておくことが必要になります。

まとめ

日本では、ハゲであることは老化のシンボルのように考えられていますが、外国では必ずしもその考え方は当てはまりません。

若くして毛が少ない方も外国ではたくさんいます。

外国の方は、毛のない状態に合わせたファッションのコーディネートを楽しむことができます。
そのような考え方を多くの外国人の方がもっています。

逆に、いくら毛が多くあっても髪の毛のお手入れがだらしなければ、ファッション性が低くなってしまい、魅力的ではなくなってしまいます。

したがって、毛があろうがなかろうがその状態合わせて自分なりのおしゃれを楽しむというのが外国の方の考え方といえます。

日本でもグローバル化が叫ばれていますので、そのような考え方がだんだんと浸透していくことになることも将来的には大いに期待できます。

日本において時代の先取りをする形で、ハゲの治療をしているあいだは、毛のない状態でのお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか?
57 件

この記事のキュレーター

AGA大学学長 AGA大学学長