2017年3月21日 更新

シャンプーを選ぶ時に押さえておく成分リストと効果!!

育毛剤は慎重に選ぶ反面、シャンプーはどれも同じと適当に選んでいる方も多いのではないでしょうか?しかし、頭皮のコンディションを整えるためには、シャンプー選びはとても重要!薄毛防止に効果的な成分が入っているシャンプーの見分け方、教えます!

118 view お気に入り 0

目次

本気で薄毛対策したいなら、まずシャンプー選びを慎重に!

thinkstock (4064)

若ハゲの主な原因はDHTですが、きちんと頭皮環境を整えていないとそれが若ハゲの隠れた一つの原因になっている可能性があります。

そのため、根本的な問題は解決できなくても、シャンプーを上手に使うことで若ハゲの改善が見込める可能性があります。
シャンプーでしっかりと頭皮のケアを行い土壌ができて始めて育毛剤を使用するということがポイントです。

悪い状態の土壌に育毛剤を使用してもなかなか効果を期待することは難しいということになるのです。
シャンプー売り場に行くと、様々な種類のシャンプーが所狭しと並んでいます。
値段もピンからキリまであり、どれを選んだら良いのか分からないですよね。
育毛剤にお金をかけたいから、
汚れを落とすだけのシャンプーは一番安い物でいいと考えている方も多いでしょう。

しかし、間違ったシャンプー選びは、頭皮ケアの第一歩で躓いてしまうようなもの。
洗い流してしまうのだから関係ないというのはナンセンスです!

頭皮のためにならない成分のシャンプーを長年の間使い続けていると、
薄毛がどんどん進んでしまうかも…。
せっかくの育毛剤の効果も、頭皮の状態が良くなければ半減してしまいますよ。

こんな成分のシャンプーは要注意!

thinkstock (4062)

ではまず、薄毛にはふさわしくないシャンプーの成分を見ていきましょう。
成分リストにこれらの表記がある場合は避けた方が無難です。
• ラウリル硫酸ナトリウム
• ラウレス硫酸ナトリウム
• スルホン(スルフォン)酸ナトリウム
• ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
• キシレンスルホン酸アンモニウム
• パレスー3硫酸ナトリウム
• パレスー3硫酸アンモニウム
• ラウリル硫酸アンモニウム

特に「ラウリル硫酸ナトリウム」は強力な洗浄剤で、
元々業務上の脱脂剤とガレージの床の洗浄剤として使われていたものです。
ラウレス硫酸系の界面活性剤は泡立ちも良く、強力な洗浄力・脱脂力があるので、消費者に「頭皮の汚れがとれた!超気持ち良い!」という満足感を与えます。

洗浄力が過度に強く、頭皮に必要な水分・油分まで奪ってしまうので、フケ・かゆみ・肌荒れを引き起こし、毛根に深刻なダメージを与える恐れがある成分。
その強い刺激をごまかすために、強力なコーティング剤を配合している製品もあるので要注意。
これらの成分を使ったシャンプーは、安価なうえに泡立ちが良いので、
人気があるポピュラーな商品にも含まれています。
確かに洗い上がりはすっきりするのですが、
その分頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。

すると頭皮は乾燥し、角質が剥がれやすい状態となるため、
そのダメージを防ごうとして皮脂を過剰に分泌します。
これが毛穴を詰まらせ、薄毛を招く頭皮のアブラの正体なんです!
そして、このアブラを落とそうと洗浄力の高いシャンプーを使う…。まさに悪循環ですね。

薄毛防止に効果的な成分とは

thinkstock (4061)

洗浄力が高すぎるシャンプーも薄毛を招きますが、
頭皮に汚れが残ったままの状態ももちろん良くありません。
弱った髪と頭皮に優しく、汚れだけを落としてくれるシャンプーの成分とは…?
ハゲや薄毛に効く男性のシャンプーは、アミノ酸系シャンプーです。
頭皮の汚れはかゆみの原因になりますが、洗いすぎて必要以上に乾燥させてしまうと、その乾燥により皮脂が過剰分泌され、もっとかゆみを招きやすくなってしまいます。
アミノ酸シャンプーをどのように見分けることができるでしょうか?

シャンプーの全成分表示を見てみましょう。シャンプーの中で最も多い成分は水なので最初に記述してあるはずです。

そのあとにラウリン酸・ココイルグルタミン酸・メチルアラニン・グリシン・ヤシ油脂肪酸・ミリスチン酸・サルコシンなど入っていれば、アミノ酸系シャンプーということができます。
アミノ酸は、ヒトの身体や髪を構成している成分ですから、
刺激が少なく、マイルドな洗い心地が特徴です。
程よい洗浄力があるので、皮脂を奪い過ぎることもありません。
ただ、これまで泡立ちが良く洗浄力の高いシャンプーを使ってきた方にとっては、
慣れるまで少々物足りなく感じることもあるようです。
モコモコとした泡がたっぷり立つことはありませんが、
汚れはきちんとオフできていますので、2度洗いなどをする必要はないでしょう。
髪の軋みも抑えられるので、コンディショナーが不要の商品も多く見られます。

アミノ酸「配合」シャンプーに注意!

gettyimages (4059)

「アミノ酸配合シャンプー」は、洗浄力の強い石油由来の高級アルコール系の界面活性剤や石けんなどを主成分として、アミノ酸の洗浄剤を少量加えたものです。

本来の「アミノ酸シャンプー」は、アミノ酸系の界面活性剤を主成分として使用しているものですから、「アミノ酸配合シャンプー」とは違うものです。

これらを見分けるには、表示成分の洗浄剤をチェックします。

表示成分の頭のほうに「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「スルホン酸」などと書かれていれば、高級アルコール系の洗浄剤ですから、「アミノ酸配合シャンプー」だとわかります。
注意したいのが、アミノ酸が配合されただけのシャンプーです。
非常に紛らわしいのですが、
洗浄力の強い安価なシャンプーにアミノ酸をほんの少量でも加えれば、
「アミノ酸配合」または「アミノ酸系」と表示できますので、成分リストをよく観察しましょう。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

雨上がり・宮迫さんの髪が復活!!その隠れざる真実とは!!

雨上がり・宮迫さんの髪が復活!!その隠れざる真実とは!!

とあるシャンプーのCMでおなじみの雨上がり・宮迫さんは薄毛だと認識されています。そんな宮迫さんは髪の毛が復活したことで有名な芸能人です。その秘密とは一体何なのでしょうか?写真と合わせてお楽しみください。
≪要注意≫必要以上にシャンプーをすると抜け毛が進行!

≪要注意≫必要以上にシャンプーをすると抜け毛が進行!

頭皮の脂が嫌で気が向けばシャンプーをしている方がおられます。 確かに頭皮を清潔に保つことは大事ですが、シャンプーのし過ぎは抜け毛を増やすきかっけにもなっていますよ! なぜ洗いすぎがダメなのか、その仕組みと対策についてまとめます。
AGA大学助手 | 139 view
≪ハゲ予防≫スカルプシャンプーを使った頭皮ケアの効き目は?

≪ハゲ予防≫スカルプシャンプーを使った頭皮ケアの効き目は?

薄毛を何とかしようとして育毛剤ばかり選んでいませんか?健やかな髪を生やすためには健康な頭皮環境が必要です!自分の頭皮の状態を知り、頭皮環境を整えることを目的とした「スカルプシャンプー」を使ってみませんか?毎日の洗髪は薄毛改善の近道かもしれません。
毛髪研究科 | 158 view
【パントテン酸】って何!?薄毛対策に効果が期待できる!?

【パントテン酸】って何!?薄毛対策に効果が期待できる!?

パントテン酸って聞いたことはあるけれど、どういったものか何をしてくれるのか詳しくは知りませんよね。今回はあまりメジャーではないけれど、実は薄毛によい働きをしてくれるパントテン酸にスポットライトを当てて調べてみました!
ミレットエキスって単なる健康食品?それとも薄毛の救世主?

ミレットエキスって単なる健康食品?それとも薄毛の救世主?

あまり耳にしたことがない「ミレットエキス」。ミレットエキスはイネ科のキビから抽出されたエキスで、髪を作り出すために必要な栄養素を豊富に含んでいます。そのため、飲む育毛剤として薄毛に悩む人たちに注目されつつあります。詳しく見ていきましょう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

脱毛アドバイザー 脱毛アドバイザー