2017年6月28日 更新

薄毛が気になりだしてからシャンプー変えても効果あるの!?

シャンプーした後の排水溝に溜まる抜け毛が気になった、朝、起床すると枕に髪の毛がたくさん付いていた、ブラッシングしたときのクシやブラシに残る毛髪の量が増えたような気がする、など、【薄毛が気になりだす瞬間】は、突然訪れるものです。抜け毛を防ぐためには、頭皮のケアを重点的に行わなくてはと、シャンプー選びにこだわる方もいますが、実際のところ、薄毛が気になり始めてからシャンプーを変えても効果があるのでしょうか。

目次

■シャンプーの目的をよく理解する

 (27784)

薄毛が気になりだしたからといって、シャンプーを変える方は、そもそもシャンプーにどのような効果を求めているのでしょうか。シャンプーにはさまざまな種類がありますが、その<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>主成分は洗浄基剤となる界面活性剤</b></font></span>です。界面活性剤は、皮脂や汚れを浮かせて吸着して再び、付着させないように流れ落とす役割を果たしています。<strong>シャンプーの目的は、頭皮や毛髪を洗浄することにある</strong>のです。洗浄力の差や使用感の違いはあっても、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>シャンプーによって発毛や育毛を促すことはできない</b></font></span>ことをきちんと理解しておく必要があります。
 (27785)

もちろん、シャンプーによって頭皮環境を清潔に整えれば、毛穴の詰まりや皮脂汚れを解消することができるため、毛髪にとっては育ちやすい環境やサイクルが促されることはあります。しかし、洗浄力が強すぎるものを使用したり、シャンプーの仕方を誤ったりすれば逆効果で、抜け毛を防ごうとしてシャンプーを変えてもさらなる抜け毛を加速させてしまうこともあるため、注意が必要です。

■シャンプーの種類と洗浄力

 (27787)

市販されているシャンプーには、代表的なものとして、《高級アルコール系シャンプー》、《石鹸系シャンプー》、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>アミノ酸系シャンプー</b></font></span>の3つがあります。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>高級アルコール系シャンプー</b></font></span>は、分子に含まれる炭素量が多いためそのように呼ばれています。炭素量が多いと油性が強く洗浄力が高くなります。比較的リーズナブルな料金で購入することができ、泡立ちや洗浄力に優れているため好んで使用する方も多いようですが、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>強い洗浄力のため、皮脂が過剰に剝がれてしまい肌トラブルの原因</b></font></span>となる場合があります。また、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>失われた皮脂を補おうと皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まる原因</b></font></span>になる場合もあります。以上のようなことから、<strong>薄毛の方には、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>高級アルコール系シャンプー</b></font></span>は不向きである</strong>と言えるでしょう。

<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>石鹸系シャンプー</b></font></span>は、動植物の油と水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを混ぜて化学反応を起こして作られるもので、成分は固形石鹸とほぼ同じものです。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>高級アルコール系シャンプー</b></font></span>と比較して肌への刺激が少なく、洗浄力も確かであるのが特徴です。洗顔の際に石鹸を使用すると皮膚のツッパリ感を感じるように、シャンプー後に髪の毛がキシキシしてしまうことがあります。トリートメントやコンディショナーなどと併用すると軽減されますが、髪の毛をコーティングしているアミノ酸の一種、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>キューティクルが剥がれてしまう</b></font></span>とも言われています。さらに、<strong>石鹸カスが毛穴に残りやすいため、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>石鹸系シャンプー</b></font></span>は、薄毛の方にはあまり向いていない</strong>と言えるかもしれません。

■育毛シャンプーの効果

 (27786)

<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>育毛シャンプー</b></font></span>として販売されているもののほとんどが、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>アミノ酸系シャンプー</b></font></span>です。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>アミノ酸系シャンプー</b></font></span>は、植物由来の天然成分が配合されていることが多いため、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>頭皮や毛髪への刺激が弱く、マイルドである</b></font></span>のが一番の特徴です。美容室やサロンでもよく使用されており、女性にもなじみが深いものです。洗浄力は比較的弱いため、頭皮を保護するのに必要な皮脂を適度に残してくれます。<strong>薄毛が気になる方にとっては、頭皮環境を整えるのに<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>アミノ酸系シャンプー</b></font></span>は向いている</strong>と言えるでしょう。

少し抜け毛が気になってきたという方には、頭皮環境を健やかに整えてくれるシャンプーの使用は効果があるかもしれません。しかし、抜け毛や薄毛の原因が<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>AGA</b></font></span>によるものである場合には、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>育毛シャンプーで根本的な解決を図ることはできません。</b></font></span><span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>は、男性ホルモンが原因となる進行性の脱毛症です。病院で行われる<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>AGA治療</b></font></span>は、このホルモンの分泌を抑える投薬などを行うことによって、進行を食い止めようとするものです。育毛効果が認められているのは、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ミノキシジル</b></font></span>、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>フィナステリド</b></font></span>のみと言われているため、この成分が配合されていない<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>育毛シャンプーには、育毛を促すことはできない</b></font></span>と言えます。

■AGAと育毛シャンプーに直接的な関係はない

 (27788)

<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>である場合、シャンプーで育毛や発毛を促すことはできません。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>育毛シャンプー</b></font></span>は、あくまでも、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>頭皮や毛髪の汚れを洗浄するとともに適度な栄養、潤いを与え、頭皮環境を整えるもの</b></font></span>であって、薄毛を根本的に解決することはできないということをよく理解しておく必要があります。つまり、<strong><span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>育毛シャンプー</b></font></span>は、発毛を促す育毛剤ではない</strong>ため、過度の期待をして使用することは避けた方がいいでしょう。シャンプーのし過ぎや誤った方法により、頭皮環境を悪くしてしまう可能性があることも知っておくことが大切です。

シャンプーには、主に3つのタイプがあり、そのなかでも薄毛で悩む方に向いているのは<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>アミノ酸系シャンプー</b></font></span>であると言えます。頭皮環境を健やかに整える役割は果たしてくれますが、育毛や発毛を促す成分が配合されているわけではないため、薄毛の根本的な問題解決にはならないことを知っておく必要があります。
14 件

この記事のキュレーター

武 紀夫 武 紀夫