2018年10月17日 更新

【解説】薄毛治療の費用は毎月いくら?治療方法と男性・女性で異なる料金相場を紹介!

薄毛治療にかかる費用について解説します。AGAなどの薄毛治療を受けるための費用は、治療法の種類や男性・女性によって異なります。薄毛の主な治療方法には投薬治療、注入治療、自毛植毛などがあり、月々の料金やどれくらい続ければよいのかが違うため、かけられる費用や求める結果にあった治療を選ぶことが大切です。

13 view お気に入り 0

目次

 (29859)

薄毛治療を受けたいけれど、費用がどれくらいかかるのか分からないと不安ですよね。男女や治療法によって、薄毛治療にかかる費用は、月に数千円から数万円、ものによっては数十万円以上など大幅に変わってきます。そのため、求める治療効果や予算に合わせて適切な治療法を選ぶのが大切です。
今回は、薄毛治療にかかる費用の相場を、治療法や男女の違いに分けて紹介します!

薄毛治療の費用は数千円から数十万円までさまざま

 (29860)

薄毛治療にかかる費用は、症状の進行度合いや受ける治療の種類によって変わります。また、男性型の薄毛であるAGAと、女性型の薄毛であるFAGAでは、治療のための薬が異なることから、治療に必要な料金に差があります。

ほかにも、効果は同じでも後発で発売されたことで安い価格になっているジェネリック薬品を選ぶかどうかや、薄毛治療専門のクリニックと一般病院のどちらに通うかなども、薄毛治療の費用が決まる条件です。
また、薄毛治療は保険が効かない自由診療なので、クリニックによって料金設定が違います。

比較的安い治療法では、薄毛の治療費は月々1万円前後です。
治療内容によっては、毎月数万円から十万円ほどかかる場合もあったり、即効性が高い治療では数十万円かかることもあったりします。

そのため、自分の希望する治療結果や、月々の予算を考えて適切な治療法を選ぶことが大切です。

薄毛治療の種類は大きく分けて3タイプ

 (29861)

薄毛治療の費用は治療方法によって異なりますが、大きく分けて3タイプの治療法があります。
それぞれの治療内容や効果が実感できるまでの期間、費用の相場について紹介します!

治療法①:継続して薬を飲む「投薬治療」

 (29863)

投薬治療は、薄毛治療に有効な成分を薬として飲む方法です。
病院やクリニックで処方される薬を継続的に飲み続けることで、6ヶ月から1年ほどで効果が実感できる治療法です。

料金は処方される薬によって変わりますが、安い場合には7,000円から、高い場合には20,000円を少し超えるくらいの費用が毎月かかります。

治療法②:通院して頭皮に注入する「注入治療」

 (29864)

注入療法は、薄毛治療に有効な成分を頭皮に直接注入する方法です。
注入する薬剤や注入方法によって治療費用は異なります。

毎月1回のペースで定期的に通院し、6ヶ月から1年ほどで効果が実感できる治療法です。

1回の注入にかかる料金は、安い場合には50,000円ほど、高い場合には100,000円を超えるのが相場です。

治療③:自分の毛を移植する「自毛植毛」

 (29865)

自毛植毛は、自分自身の毛根を薄毛が進行した箇所に移植する治療法です。
発毛成分を体内に取り入れる他の2つの治療とは異なり、移植した時点で毛量が増えるので即効性があります。

料金は移植する毛穴の数によって変動します。
標準的な移植量とされる「1,000グラフト」という単位での費用が400,000円から1,000,000円前後です。
クリニックによって、受けられる植毛治療や金額設定に差があります。

男性の薄毛治療にかかる費用の目安は?

 (29866)

男性の薄毛治療に必要な費用について、治療方法ごとに見ていきましょう。

①男性の投薬治療:月額費用10,000円~20,000円ほど

男性の薄毛治療として使われる薬は、次の3種類です。

1. 発毛を促進する「ミノキシジル」
2. 脱毛の進行を抑える「プロペシア」
3. プロペシアのジェネリック医薬品である「フィナステリド」

プロペシアやフィナステリドは男性のAGA治療にのみ使用可能で、女性は使用できない薬剤となっています。

これらの薬剤を処方される場合、10,000円から20,000円ほどの費用が毎月かかります。
加えて、診察料が3,000円から5,000円かかるのが一般的です。

②男性の注入治療:月額費用50,000円~100,000円ほど

注入治療には次の2つの治療法があります。

1. メソセラピー
2. HARG療法

どちらの治療法も、育毛効果のある成分を頭皮に直接注入する治療法ですが、注入する薬剤に違いがあります。

メソセラピーでは、主に育毛成分のみを注入します。
一方で、HARG療法ではさらに「成長因子」という発毛促進成分も注入します。

メソセラピーは治療をやめると効果も止まりますが、HARG療法では治療後も発毛が続くのが主な違いです。

メソセラピーにかかる料金は月に50,000円前後、HARG療法にかかる料金は月に80,000円から100,000円前後です。
メソセラピーよりも治療効果が長く続く分、料金も高くなっています。

③男性の自毛植毛:月額費用400,000円~1,000,000円ほど

自毛植毛は1回の治療で完了するため、投薬治療や注入治療と比べると費用がかなり高いのが特徴です。
料金設定はクリニックに幅があり、400,000円前後で自毛植毛できるところもあれば、1,000,000円近くかかるところもあります。

また、移植する毛根の量によって金額が変わるため、希望する範囲が広い場合はその分値段も上がります。

女性の薄毛治療にかかる費用の目安は?

 (29867)

女性の薄毛はFAGAと呼ばれ、男性のAGAとは区別されます。
治療薬に一部違いがありますが、基本的な治療法の種類や費用は男性の場合と同じです。

①女性の投薬治療:月額費用10,000円~20,000円ほど

FAGAなどの女性の薄毛治療で、投薬治療にかかる費用は月に10,000円から20,000円ほどです。
治療薬は「ミノキシジル」や「パントガール」で、この薬剤の料金に加えて、診察料が別途かかるクリニックが多くなっています。

②女性の注入治療:月額費用50,000円から100,000円ほど

女性の薄毛の注入治療は、男性の薄毛治療と同じく「メソセラピー」と「HARG療法」の2種類です。
メソセラピーの料金は月に50,000円前後、HARG療法はそれよりも高く、月に100,000円前後となっています。

③女性の自毛植毛:月額費用300,000円から800,000円ほど

女性の自毛植毛にかかる費用は、男性よりも安く抑えられる場合が多いです。
自毛植毛は毛根を移植する量によって料金が決まるため、移植を希望する頭皮の面積が小さければ、それだけ低価格で治療が受けられます。

一般的に、男性よりも女性の方が薄毛の部位が小さくなる傾向なので、自毛植毛にかかる費用も300,000円から800,000円ほどに抑えられることが多いです。

薄毛治療の専門病院と一般病院でも費用が違います

 (29868)

薄毛治療は、専門クリニックと一般クリニックでかかる費用が異なります。

専門クリニックでは、発毛を促進するための治療が主です。
一方で、一般クリニックでは脱毛を抑えて薄毛の進行を止める治療が中心になります。

専門クリニックと一般クリニックの治療では、使用される薬や検査内容が異なります。
そのため、必要になる費用が変わってくるのです。

希望する治療内容によっても料金は変わりますが、専門クリニックでの発毛を促進するための治療の方が、一般病院よりも少し高めになることが多いです。

薄毛治療は一部の例外を除いて保険適用外

 (29869)

男性のAGAや女性のFAGAなどの薄毛治療は、命にかかわる症状ではないことから、保険適用外となっています。
ただし、薄毛の治療に保険が適応できるパターンもあるので、該当する場合は注意が必要です。

薄毛治療に保険が適用できるのは、精神的な負荷や、他の病気によって薄毛が引き起こされた場合です。
過酷な労働環境や、薄毛以外の病気によって髪の毛が薄くなってしまった場合には、その治療に保険が適用できることがあります。

まずは無料カウンセリングがおすすめ

 (29870)

薄毛治療にかかる費用について紹介しましたが、多くのクリニックでは最初に無料で受けられるカウンセリングが用意されています。
自分にあった治療法を、予算に合わせて提案してもらうことができるので、まずは無料カウンセリングを利用して医師に相談するのがおすすめです!

まとめ

薄毛治療にかかる費用を紹介しました。
薄毛治療は、希望する治療効果や予算に応じて、かかる費用も変わってきます。

まずは、薄毛治療を行っている病院の無料カウンセリングを活用して、どのくらいの費用がかかるか相談してみてくださいね!
46 件

この記事のキュレーター

堀内忍 堀内忍