2017年6月28日 更新

髪の毛の伸びるスピードが遅い人と早い人の違いは何?

薄毛やハゲで悩む人のなかには、毛量の問題だけでなく、人に比べて髪の毛の伸びるスピードが遅いと感じている人もいるようです。髪の毛の伸びるスピードに本当に違いがあるのか、その差の原因は何なのかについて考えてみました。

95 view お気に入り 0

目次

■髪の毛の伸びるスピードが早い人と遅い人

 (28500)

月に1回程度、理美容院でカットしている人は、お店のスタッフに「伸びた分だけ」とリクエストすると「じゃ、1㎝くらいですね」という答えが返ってくることが多いのではないでしょうか。一般的に、髪の毛は、1日に0.3mm程度、1ヵ月当たり約1.2㎝伸びると言われています。また、1本の髪の毛の寿命は2年~6年程度で、平均すると5年ほどで抜け落ちるとされています。これらは、発毛から脱毛までを支配するヘアサイクルによって起こるもので、これを超えて異常に髪の毛が伸びるスピードが早い人は存在しないと言っていいでしょう。
 (28502)

しかし、逆に髪の毛の伸びるスピードが遅い人は存在するため、単純に比較したときに、髪の毛の伸びるスピードが、早い、遅い、の差が出てくるのでしょう。髪の毛の伸びるスピードが遅い人、それは、髪の毛が正常なサイクルで成長していない人と言えます。髪の毛は、成長期、退行期、休止期という一連のサイクルがあって、発毛と脱毛を繰り返しています。ヘアサイクルのほとんどは成長期であるとされており、80%を占めると言われています。

■ヘアサイクルと栄養分の違い

 (28505)

ヘアサイクル成長期初期には、古い髪の毛を押し出すようにして毛乳頭が新しい髪の毛を形成します。その後、毛母細胞が活発に分裂を繰り返すことによって髪の毛の成長が促されることになります。この毛母細胞は、頭皮の下部にあって毛細血管とつながっており、そこから成長に必要な酸素や栄養分を補給しています。正常なヘアサイクルの人は、十分な栄養分が行き渡っているため、髪の毛が伸びます。髪の毛の伸びが遅い人というのは、このときに栄養分がしっかりと届けられていないことが考えられます。

髪の毛の成長には、主成分となるタンパク質やその吸収を高めるビタミン亜鉛など、さまざまな栄養分が必要となります。揚げ物やジャンクフードなどばかり食べて、野菜や大豆食品などを摂取しないような食生活が続くと、栄養バランスが乱れて頭皮に栄養を運ぶことができなくなります。また、脂っこいものばかり摂取していると、頭皮に分泌される皮脂も多くなり、頭皮環境を悪化させて髪の毛の成長を阻害することになります。

■頭皮の血行の違い

 (28508)

正常なヘアサイクルを促し、髪を成長させるためには、十分な酸素や栄養分が必要となりますが、それを頭皮に運ぶのは血液です。髪の毛の伸びが遅い人というのは、この血液の流れや頭皮の血行が悪くなっていることも、その原因として考えられます。血液には、血管を通って体中に酸素や栄養分を運ぶとともに老廃物や有毒物質を排出する働きがあります。栄養バランスの乱れ喫煙飲酒によって、血管が硬くなったり、血管壁に老廃物がこびりついたりして、動脈硬化脳梗塞などの生活習慣病を引き起こすリスクが高くなることはよく知られています。

頭皮に張り巡らされた毛細血管は詰まりやすく、血流が悪くなりやすいため、すぐに血行が悪くなってしまいます。タバコを吸うと、血管は収縮して血流が悪くなります。喫煙者に肌のツヤや色の悪さが目立つことがありますが、同様のことが頭皮で起きていることを理解しておくべきでしょう。また、過度な飲酒は、アルコールを解毒するために、大量のタンパク質亜鉛などの栄養分が消費されるとともに、分解されて生じるアセトアルデヒドが、本来、頭皮に運ばれるべき酸素や栄養分を消費することで、髪の毛の成長を妨げます。

■就寝時間や睡眠時間の違い

 (28511)

睡眠不足がさまざまな身体の障害を引き起こすことは誰もが身をもって体験していることでしょう。最近の研究では、土日の寝溜めは効かないこと毎日6時間の睡眠でも生涯にわたって大きな負荷が蓄積されていくことなどが明らかになっています。体の機能の回復が十分にできなければ、新陳代謝も低下し、体全体の血の巡りも悪くなります。酸素や栄養が行き届かないだけでなく、老廃物や有害物質が体内に蓄積されて、細胞が錆びていくのを早めてしまいます。

髪の毛の伸びが遅い人には、夜更かしの習慣がある方も多いようです。一般的に、夜10時から夜中の2時までの間は、成長ホルモンが盛んに分泌されるゴールデンタイムと呼ばれています。この時間帯にしっかりと睡眠がとれていない人は、髪の毛の成長も十分に促されないため、伸びにくくなると言えるでしょう。

髪の毛はヘアサイクルによって、発毛から脱毛までの期間が決められているため、異常に髪の毛が伸びるスピードが早い人はいないでしょう。しかし、髪の毛が成長するために必要となる酸素や栄養分の不足、血行の悪さ、睡眠時間の違いなどで、成長が阻害されることがあるため、髪の毛の成長が遅くなる人は存在すると言えるでしょう。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき