2017年6月28日 更新

髪の毛もアンチエイジング!薄毛対策にはコレをしよう!

年をとるにつれて、顔にしわやたるみ、シミなどが増えるのは加齢によるもので仕方がないものです。女性はいつまでも若さを保ちたいと、あらゆる手段を使ってアンチエイジングに励みます。顔の皮膚とそのままつながっている頭皮も同じように老化するため、そこから生える毛髪の成長に問題が生じて薄毛になるのも当然です。髪の毛のアンチエイジング、薄毛対策には何をすればいいのでしょうか。

目次

薄毛になってしまう原因のひとつには、発毛に必要な栄養が不足していることが考えられます。ジャンクフードなどに偏った食生活、仕事や人間関係などの過剰なストレス、睡眠不足や運動不足、喫煙や飲酒、パーマやヘアカラーなどのし過ぎ、などさまざまな要因によって髪の毛に栄養が不足する状態になっていることが考えられます。血液ドロドロな状態がさまざまな生活習慣病を引き起こすリスクになることはよく知られていますが、髪の毛と血液の関係についてよく理解していない方も多いようです。

■正しい食生活を心掛ける

 (27843)

薄毛になってしまう原因のひとつには、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>発毛に必要な栄養が不足している</b></font></span>ことが考えられます。ジャンクフードなどに偏った食生活、仕事や人間関係などの過剰なストレス、睡眠不足や運動不足、喫煙や飲酒、パーマやヘアカラーなどのし過ぎ、などさまざまな要因によって髪の毛に栄養が不足する状態になっていることが考えられます。<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血液ドロドロ</b></font></span>な状態がさまざまな生活習慣病を引き起こすリスクになることはよく知られていますが、髪の毛と血液の関係についてよく理解していない方も多いようです。
 (27842)

人間は血液が正常に循環することによって、酸素や栄養分を取り込み、老廃物を排出することができます。髪の毛も血液の流れによって同様に酸素や栄養分を取り込んで成長するサイクルを築いているため、血液の流れが滞ってしまうと頭皮環境が悪くなり、髪の毛が正常に成長できなくなってしまいます。正しい食生活は髪の毛にとっても重要なことで、特に髪の毛の材料となる<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>タンパク質</b></font></span><span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ビタミン</b></font></span><span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>亜鉛</b></font></span>が不足すると抜け毛や薄毛の原因になると言われています。特に亜鉛は、ストレスや飲酒で大量に消費されるため、その不足には留意する必要があります。

■正しいシャンプーを心掛ける

 (27844)

頭皮や髪の毛を健やかに保つためには、正しいヘアケアも欠かせません。皮脂分泌が多い男性は、頭皮に分泌される皮脂も多いため、毛穴に溜まった皮脂を取り除こうとシャンプーに重点を置く方が多くみられます。もちろん、頭皮や髪の毛を清潔に保つことは大切なことですが、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>洗い過ぎには留意</b></font></span>する必要があります。頭皮には、外部からの菌の侵入などに対抗するために皮脂が分泌されています。何日もシャンプーをしないと毛穴が皮脂で詰まってしまい、新しい髪の毛の成長を阻害してしまうことがあります。過剰な皮脂は取り除く必要がありますが、洗浄力が強すぎるシャンプーで洗い過ぎると、本来頭皮に必要とされている皮脂まで剥がれ落ちてしまうことになります。

洗浄力が強いシャンプーは頭皮への刺激も強いため、必要な皮脂が剥がれ落ちた後に乾燥して炎症を起こしたり、乾燥を修復しようとする自己防衛機能から皮脂が過剰に分泌されたりすることがあります。また、シャンプーの量が多くて成分が流しきれなかったり、爪を立ててゴシゴシと洗うことで頭皮を傷つけたりすることもあります。頭皮環境を整えて薄毛を予防したいのであれば、洗浄力の優しいシャンプーを少量使用して、すすぎに時間をたっぷりとかけることが大切です。

■薄毛が加齢によるものなのか病気なのかを見極める

 (27845)

加齢によって、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたりして、薄毛になることは誰にでも起こりうることです。しかし、なかには、加齢変化ではなく<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>病気</b></font></span>によって薄毛や脱毛が引き起こされることもあります。育毛剤や発毛剤に頼ったり、カツラで隠してごまかしたりと対処方法はいろいろとありますが、進行型の病気である<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>であると診断された場合は、根本的な解決に至らないばかりか、症状が進行していくばかりとなってしまいます。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>は、<strong>男性ホルモンの異常な分泌によって、脱毛や抜け毛を促す悪玉ホルモンが毛根を委縮させ、細胞分裂を止めてしまうことに原因</strong>があるとされています。

<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>は、治療を始めたからといってすぐにフサフサの髪の毛が戻ってくるわけではありません。しかし、放置すれば進行してしまう病気の治療を早期に行えば、進行を抑制できることには間違いがないため、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>できるだけ早めに治療を開始することが大切</b></font></span>だと言われています。専門の医療機関では、まず、血液検査でホルモン分泌の状態や進行の度合いを診断して、その人の症状に合った治療方針を決定します。

■専門医療機関で行われる治療内容とは

 (27846)

国内だけでなく世界的にも発毛を促す物質として多くの専門家に認められているものとして<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>フィナステリド</b></font></span>と<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ミノキシジル</b></font></span>があります。多くの病院で処方されているポピュラーな内服薬は、フィナステリド、別名<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>プロペシア</b></font></span>です。男性ホルモンの一種が抜け毛や脱毛を促すホルモンに変わることを抑制する働きがあるもので、発毛を促すというよりも、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>現状を維持して進行を抑止する</b></font></span>目的で使われています。他にミノキシジルを内服薬や塗布薬として用いることもあり、治療していく過程でさまざまな治療を行います。

最近では、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>頭皮に薬剤を直接注射する治療</b></font></span>も行われています。個人の状態に合わせて調合された薬剤を皮下に直接注射するもので、2週間に1回程度の施術を半年間ほどをかけて行うものです。また、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>植毛手術</b></font></span>などの外科的な治療もあるため、医師とよく相談して最適な治療方法を選ぶことが大切となります。
加齢とともに髪が細くなり、抜け毛が増えることはよくあります。生活習慣や食生活の見直しや正しいシャンプーの仕方で実践するなど、さまざまな薄毛対策がありますが、加齢とは直接関係のない<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>である場合は、早期に専門の医療機関を受診し、医師とよく相談しながら最適な治療方法を選んで継続的に治療を行うことが大切であると言えるでしょう。
16 件

この記事のキュレーター

武 紀夫 武 紀夫