2018年12月1日 更新

【解説】女性のフケはシャンプーが原因?頭皮が乾燥にくい市販のものがおすすめ!

女性のフケの原因の1つに、合わないシャンプーを使用してることがあります。フケは2種類あり、頭皮が乾燥していることが原因と、頭皮の油脂が多く分泌されていることが原因のものがあります。なぜシャンプーが原因で女性のフケを引き起こすのか、フケが出ないようなシャンプーの選び方について解説しています。

目次

頭をかくとぱらぱらと白い粉、あるいは爪の間にべたべたとした塊がついてしまって悩んでいる女性は少なくありません。実は、女性のフケの原因の1つに合わないシャンプーを使っていることがあげられます。では一体なぜシャンプーによってフケが起こるのか、適切なシャンプーの選び方とフケがでないようにする対策法について解説していきましょう。

フケが多い女性はシャンプーを見直す必要がある

 (32614)

フケが多い女性というのは知らず知らずのうちにフケを引き起こしてしまう生活をしている可能性が高いです。
その中でもシャンプーを見直すことが必要な方が多いですが、自覚している人が少ないためフケがなかなか治らないといったことが起こります。

最初にで説明したようなぱらぱらとした白い粉や、爪の間にべたべたとした塊はタイプは違えど同じフケです。

実はフケは2種類存在し、それぞれで原因が異なります。

女性のフケの種類は2つあり原因が異なる

 (32615)

女性のフケには、次の2種類があります。

1. 乾性フケ:サイズが小さく乾燥した粉状
2. 脂性フケ:サイズが大きくベタベタして湿っている

乾性フケも脂性フケもフケという仲間に属していますが、原因は異なるので自分がどちらのタイプが把握しておく必要があるのです。

どちらもシャンプーが原因の場合もありますが、それを含めてそれぞれのフケが起こる原因についてお伝えします。

1. 乾性フケの原因

乾性フケが起こる女性であれば、頭皮が乾燥しているために起こっていることが考えられます。

頭皮は乾燥から身を護るために常に皮脂が分泌されているものです。
しかし、シャンプーや紫外線、体質によって皮脂の分泌不足になってしまいます。

そうすると頭皮の表面が乾燥して角質が剥がれ落ち、ぱらぱらと白い粉のようなフケができあがってしまうのです。

2. 脂性フケの原因

脂性フケが起こる女性は、頭皮に分泌されている皮脂量が多くなってしまっていることが原因です。

・乾燥から身を守るために皮脂を分泌してしまう作用が余剰に働いてしまう
・脂の多い料理を好んで摂取している

など、皮脂の分泌量が多くなる生活をしている女性が脂性フケになりやすいです。

女性にフケを引き起こしやすいシャンプーとは

 (32622)

女性の乾性フケも脂性フケも、頭皮に合わないシャンプーの使用によって起こります。
では、具体的にどのようなことが原因でフケが起こるのでしょうか?

原因①:洗浄力が強い

市販されているシャンプーの洗浄成分は「高級アルコール」と呼ばれる合成界面活性剤がほとんどです。
この高級アルコールは泡立ちがよい一方で、洗浄力が強すぎるという特徴をもっています。

頭皮は保湿のために皮脂を分泌していますが、必要以上に皮脂を洗い落としてしまうと乾燥やかゆみを引き起こしてしまいます。

そうなると、乾燥が続けば乾性フケが、乾燥を防ぐために皮脂を大量に分泌してしまえば脂性フケが、それぞれできやすくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

原因②:刺激が強い

高級アルコールは洗浄力が強いだけでなく刺激性も強いので、頭皮にダメージを蓄積してしまいます。

頭皮が弱ってしまうと頭皮の乾燥に拍車がかかり、乾性フケが起こりやすくなるのです。

高級アルコールは安価で入手してコストを抑えた生産が可能なため、企業の思惑によって「汚れを取り除くために洗浄力の強いシャンプーを選ぼう」という考えが定着してしまっています。

しかし、実際には頭皮には刺激となってしまうので、汚れは取り除いているものの頭皮環境は悪化してしまっていることになるのです。

原因③:添加物が含有されている

頭皮にダメージを与えてしまう成分の1つに添加物があります。
合成着色料や合成保存料などの化学成分はアレルギーを引き起こしやすく、頭皮で炎症を起こしやすくします。

炎症が起きている頭皮というのはダメージが蓄積されてしまっているので、乾燥肌になりやすくフケも起こりやすいという悪い連鎖が起こるのです。

原因④:保湿成分が含まれていない

シャンプーは頭皮の皮脂や汚れを洗い落とすことが目的なので、保湿成分は必要ないと考えて作られているシャンプーをよく見かけます。

しかし、高級アルコールなどの洗浄力が強いものを使用している場合、保湿成分が無ければ頭皮はダメージを受けやすくなってしまうでしょう。

そうすると、保湿成分がないことによって頭皮はダメージを受けて乾燥しやすい状態になり、結果的にフケが発生してしまうことになるのです。

フケを治したい女性におすすめのシャンプーの選び方

 (32633)

せっかくきれいにしていたとしても、肩に白い粉があれば不潔な印象を与えてしまいかねませんよね。
そのようなイメージダウンをさせないためにもあなたの頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが必要です。
では、フケを治したい女性にはどのようなシャンプーを選べば良いのでしょうか?

選び方①:アミノ酸系シャンプーを選ぶ

洗浄力が強いシャンプーを選ぶことは避けなければならないのがまず大前提となります。

そこでおすすめなのが、洗浄力が穏やかで低刺激なアミノ酸を洗浄成分にしたシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは成分表示に

・ココイル○○
・ラウロイル○○
・ベタイン○○

といった成分が記載されています。
アミノ酸系シャンプーだけでは少し洗浄力が足りないので、ボタニカルな洗浄成分を加えた頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプーの中にはアミノ酸系の洗浄成分と一緒に高級アルコールが一緒に含有されているものもあります。

せっかくアミノ酸系の優しい洗浄成分を台無しにしてしまうので、高級アルコール(ラウリル硫酸・ラウレス硫酸など)が含有されていないものを選ぶようにしてください。

原因②:無添加かどうか確認する

添加物は含有されていると頭皮に悪影響を及ぼしてしまうので、無添加であるかどうかを確認するようにしましょう。

無添加である場合は商品に記載されているはずなので、商品を見て無添加であるかどうかを見るようにしてください。

原因③:保湿成分が含有されているかどうか確認する

保湿成分が含まれていないのといるのとでは頭皮にかかる負担が変わってきます。

保湿成分は、

・ヒアルロン酸
・リピジュア
・○○オイル

などがあります。
成分表示を見て保湿成分が配合されているかどうか見るようにしましょう。

フケがでないようにする対策法

 (32642)

あなたの頭皮に合ったシャンプーを選ぶこともフケ対策の1つといえますが、それ以外にもできるフケ対策があります。

自分の生活を振り返ってできることがないかどうか確認してフケを抑えられるようにしていきましょう。

対策①:洗い残しがないように丁寧にすすぎ洗いをする

高級アルコールシャンプーは洗浄力が強いので、さほど意識して洗わなくても汚れを落とすことができます。

しかし、アミノ酸系や石鹸系のシャンプーを使う場合はしっかりと洗い落とさなければ髪や頭皮に残ってしまう場合があるのです。

いくらアミノ酸といえど頭皮に付着した状態が長ければ刺激となってしまいフケを引き起こしやすくなってしまいます。

シャンプー成分を洗い残さないように、すすぎ洗いは丁寧に頭皮を揉み込むようにして洗うようにしましょう。

対策②:保湿ローションやクリームを活用する

頭皮の乾燥を防ぐためには頭皮用の保湿ローションやクリームを使うのがおすすめです。

シャンプーに含まれている保湿成分だけでは物足りないですし、外出する際には紫外線によって頭皮がダメージを受けて乾燥しやすい状況になってしまいます。

保湿をすることによって乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌も予防することができます。
シャンプー以外にも保湿をすることはフケ対策に非常に重要だといえるでしょう。

対策③:あまりにフケがひどいのであれば皮膚科で診てもらう

フケの症状が対策をおこなっても中々改善しない場合、一度皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

フケが起こる原因が菌によるものの場合は、菌の増殖を抑える薬を処方してもらわなければ一向に改善することができません。

フケだからといって放置しておくことで菌が増殖し、フケだけではなく炎症を起こしてしまい抜け毛や薄毛につながってしまうので気をつけるようにしてください。

まとめ

頭皮に合わないシャンプーを使うことによって、女性であってもフケが出てしまうということがわかってもらえたかと思います。

今回紹介したフケ対策は簡単にできるものなので、まずはシャンプーの見直しをおこない改善を目指してみてください。
42 件

この記事のキュレーター

Katsumaru Katsumaru