2018年12月14日 更新

頭皮の臭いが気になる女性必見!頭皮の臭いを防ぐ7つのポイント

頭皮の臭いが気になる女性が気を付けるべき7つのポイントを解説します。頭皮の臭いには皮脂の酸化や菌による分解のほか、女性ホルモンの低下や冷えなどの女性特有の原因もあります。シャンプーや生活習慣をはじめ、女性の頭皮の臭い対策に有効な方法を紹介します。

49 view お気に入り 0

目次

頭皮の臭いは、女性も気になるもの。いやな臭いで人に迷惑をかけてしまっていないか、不安になりますよね。頭皮の臭いの原因の中には、女性特有のものもあるので注意が必要です。
今回は、頭皮が気になる女性のために、臭いを防ぐために役立つ7つのポイントをご紹介します。

女性の頭皮の臭いの原因は?

 (33012)

頭皮の臭いの主な原因は、頭皮の皮脂の酸化と雑菌による皮脂の分解で、女性も男性も差はありません。
一般的に、男性の方が頭皮の皮脂が多く分泌されるため、頭皮の臭いも発生しやすいです。
ただし、女性の場合も頭皮の皮脂が酸化したり、雑菌が多くなったりすることで頭皮が臭うことがあります。

頭皮の皮脂そのものは臭いがありませんが、酸化すると独特の悪臭がする物質に変化します。
また、頭皮にいる菌が皮脂を分解してできる物質も臭いの原因です。

そこで、頭皮の臭いを防ぐために大切なのが、皮脂の分泌を正常にし、雑菌を繁殖させないことです。
皮脂の分泌は、頭皮の環境だけでなく生活習慣や食べ物によっても変わってきます。
また、雑菌は正しい髪の毛の乾かし方などによって繁殖を抑えることが大切です。

女性の頭皮の臭いをケアするポイントについて、1つずつ詳しく見ていきましょう。

ポイント① 女性の頭皮の臭いに良いシャンプーは?

 (33015)

「しっかりシャンプーしているのに頭皮の臭いが取れない…」とお困りの女性の方は、もしかするとシャンプーがあっていないかもしれません。
シャンプーに含まれる洗浄成分は汚れを洗い流してくれる働きがありますが、強すぎる洗浄成分は頭皮の保護に必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。
すると、頭皮を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されてしまい、悪臭の原因につながります。

シャンプーの成分の中に、「硫酸」と付いている名前のものがあったら要注意です。
硫酸系の洗浄成分は洗浄力が強いため、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。
頭皮に必要な皮脂を守って優しく髪の毛を洗いたい人は、「アミノ酸系」の洗浄成分を使ったシャンプーを使用しましょう。
こちらは、地肌にやさしく髪の毛を洗えるので、頭皮の臭いを防いでくれます。

また、女性用のシャンプーの中には、髪の毛のツヤやサラサラ感を出すためにシリコン成分が入っているものもあります。
シリコン成分はお湯で洗い流しても髪の毛や頭皮に残る場合が多く、頭皮への刺激を与えてしまうので注意が必要です。
頭皮へのダメージから皮脂の分泌が増えると、臭いも増してしまうので、頭皮の臭いが気になっている女性の方はノンシリコンシャンプーを選ぶのがおすすめです。

ポイント② 髪の洗い方にもご注意

 (33018)

女性の頭皮の臭い対策のためには、髪の毛の洗い方にも注意が必要です。
できる限り頭皮にダメージを与えないように洗うことが大切になります。

まず、シャワーを浴びる前にブラッシングをして、髪の毛の間にあるホコリや古くなった角質などの汚れを取り除きましょう。
また、頭皮の臭いと合わせて乾燥も気になる女性の方は、頭皮用のツバキ油などをつかってマッサージをすると、保湿と頭皮クレンジングの効果が得られます。

次に、シャンプーをする前にお湯で髪の毛と地肌を一通り洗い流しましょう。
この時、お湯の温度は40℃以下のぬるめの設定がおすすめです。
43℃以上の熱いシャワーで洗ってしまうと頭皮に刺激があるだけでなく、頭皮の皮脂を洗い流してしまいます。
ぬるめのお湯で優しく洗い流してください。

シャンプーをするときは、地肌をマッサージするような感じで指の腹を使って汚れを洗い流しましょう。
爪を立てたり、固い洗髪ブラシなどをつかったりすると頭皮が傷ついてしまいます。
必ず、指で優しく洗ってください。

最後に、シャンプーの洗い残しがないようにしっかりとシャワーで洗い流します。
洗い残しがあると、シャワーの成分が頭皮にダメージを与えてしまい、頭皮の臭いの原因になってしまうので要注意です。

ポイント③ 髪の乾かし方と女性の頭皮の臭いの関係

 (33021)

女性の頭皮の臭い対策には、髪の乾かし方も大事なポイントになります。
女性は男性に比べて髪が長い場合が多いので、髪を乾かすのにも時間がかかります。
髪が濡れたまま長時間放置してしまうと雑菌が繁殖して臭いの原因になりやすくなるので、手早く乾かすことが大切です。

シャワーで髪を洗い終わったら、できるだけすみやかにドライヤーで髪の毛を乾かしましょう。
このとき、熱風が頭皮の同じ部分に集中して当たってしまうと、ダメージとなります。
ドライヤーを頭皮から30センチくらい離して、まんべんなく風が当たるようにすると、頭皮にやさしく乾かせるのでおすすめです。

頭皮の近くが8割程度乾いた段階で、残りは熱風ではない送風モードで乾かすようにすると、頭皮の水分を守ったまま髪を乾かせます。

ポイント④ 食生活に気を付けて頭皮の臭い対策

 (33024)

頭皮の臭い対策には、食生活も大切な要素になります。
忙しい女性の方は食事が十分にとれなかったり、栄養バランスが偏ったりしがちです。
しかし、食物繊維やビタミン、ミネラルが不足すると、頭皮環境にも悪影響を与えてしまいます。
また、頭皮だけでなく髪のツヤや太さにもよくないので、できるだけバランスの取れた食事を心がけましょう。

とくに、女性に不足しがちな鉄分や亜鉛などの栄養素が、頭皮環境を保つために大切です。
緑黄色野菜や果物を食事に取り入れて、栄養やミネラルが十分とれるようにしてくださいね。
基本的には食材から栄養を取るのが理想的ですが、食事だけでの栄養補給が難しい場合は、サプリメントなどを併用するのもおすすめです。

ポイント⑤ 冷えに気を付けて新陳代謝をアップ

 (33027)

女性の場合、男性よりも体脂肪率が高い分からだが冷えがちです。
新陳代謝が悪くなると頭皮のターンオーバーも悪くなるため、頭皮の臭いに影響します。
冷えに気を付けて、新陳代謝をアップさせることが臭い対策に有効です。

適度に運動やストレッチをして、手足の末端の血管の血流をよくすると、体温や新陳代謝がアップします。
また、冷たい飲み物を避け、常温または温かい飲み物を選んだり、ショウガなど体を温めてくれる食べ物を取り入れたりするのも有効です。

半身浴などで体を温めることも、自律神経を整えて体を冷えにくくするのに役立ちます。
冷えに気を付けることで新陳代謝をアップさせ、頭皮の臭いを抑えましょう。

ポイント⑥ 紫外線ダメージから頭皮を守る

 (33030)

男性、女性問わず、頭皮が紫外線によるダメージを受けると角質層が壊れ、頭皮を保護するために皮脂の分泌量が増え、臭いの原因となります。
そのため、紫外線ダメージから頭皮を守ることが臭い対策に大切です。

くもりの日などでも、晴れの日と同じくらい紫外線が届きます。
気温が高くなかったり、日差しが強くなかったりするからといって油断せず、外出時には帽子や日傘を使って頭皮を守るようにしましょう。

ポイント⑦ 女性ホルモンの低下による頭皮の臭い

 (33033)

加齢や生理周期のバランスなどで、女性ホルモンが低下し男性ホルモンが増えると、頭皮の分泌量が上がって臭いの原因となることがあります。
女性の身体はホルモンバランスの影響を受けやすいので、生活習慣や食生活などでできる限り頭皮の皮脂の分泌量を正常化するのが大切です。

適度な運動や規則正しい睡眠に気を付けて、頭皮のターンオーバーを正常にしておけば、頭皮の臭いも最小限に防げます。
ぜひ、日ごろから体調管理に気を付けて、ホルモンバランスの乱れによる臭い対策をしてくださいね。

まとめ

今回は、女性の頭皮の臭いの原因や対策のポイントについて解説しました。
シャンプー選びや洗髪方法、髪の乾かし方、食生活の改善など、頭皮が気になる女性の方は自分が取り組みやすいところから頭皮環境を改善してみてください。
頭皮環境が整えば、気になる頭皮の臭いを防ぐことができます。
27 件

この記事のキュレーター

堀内忍 堀内忍