2017年6月28日 更新

100均で買えるシャンプー類の実力!使って大丈夫!?

驚くほどの品揃えとリーズナブルな価格で国内だけでなく、海外にも次々に進出している《100均》。日用雑貨からインテリア、食品やコスメなど、何でも揃っているため、現代人の生活には欠かせないもののひとつになっています。あらゆる品物が販売されている《100均》ですが、果たして《シャンプー》は安心して使っても大丈夫なのでしょうか。

36 view お気に入り 0

目次

■スーパーやドラッグストアで人気のシャンプー

 (28979)

シャンプーは、頭皮や髪の毛のごみやほこり、皮脂汚れなどをおとして清潔に保つための洗浄剤です。通常では混ざりにくい水と油の両方となじんで汚れをはぎ取る役割を果たす界面活性剤シャンプーの基材となっており、その種類によって洗浄力や性質などがさまざまに変わるものです。100均は安さが最大の魅力ですが、一般的なスーパーやドラッグストアなどで販売されているシャンプーのなかで、最も安く人気となっているのが高級アルコール系シャンプーです。
 (28981)

「高級」とは、使用されている成分に希少価値があって価格が高いという意味ではなく、含まれている炭素の数が多いことを示しているものです。炭素の数が多くなるほど、洗浄力や刺激が高くなると言われており、泡立ちよくスッキリと洗うことができ、洗髪後の指通りもいいため、ほとんどの方がこの高級アルコール系シャンプーを使用しているようです。ラウレル硫酸ナトリウムなどの化学物質が主成分となっており、刺激が強すぎて頭皮や髪の毛を傷めたり、頭皮を保護する目的で存在している皮脂まで洗い流してしまい、頭皮を乾燥させたり、逆に皮脂の過剰分泌を促したりすることから、抜け毛や薄毛につながりやすいとされています。

■石鹸系シャンプーやベビーシャンプーの特徴

 (28984)

高級アルコール系シャンプーが頭皮や髪の毛に与えるダメージが大きいとして、スーパーなどで成分に少しこだわって買いたいという方が石鹸系シャンプーベビーシャンプーを選ぶこともあります。石鹸系シャンプーは、動植物の油脂や脂肪酸などを主成分とした界面活性剤を使用しているもので、洗浄力は高いものの高級アルコール系シャンプーに比べると刺激が少なく洗い上がりがさっぱりすると言われているものです。しかし、石鹸で洗顔した後の皮膚のツッパリ感が頭皮に残ることを考えるとやはり、皮脂の取りすぎが心配になります。

デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使用できるとされているベビーシャンプーは、通常、水に溶けやすく泡立ちもよい陰性界面活性剤が使用される代わりに、洗浄力や刺激が低い両性界面活性剤を使用しています。洗浄力や洗い上がりに物足りなさを感じることがありますが、低刺激であるというメリットがあります。

■髪の毛や頭皮に最もよいとされるアミノ酸系シャンプー

 (28987)

高級美容サロンなどでも使用されているシャンプーの多くは、髪の毛の成分と同じアミノ酸を主成分としたアミノ酸系シャンプーです。洗浄力や髪や頭皮に与えるダメージが少ないため、敏感肌の方にも向いていると言われています。頭皮環境を整えるだけでなく、ダメージを受けた髪の毛の補修にも効果があるとされているため、髪の毛に気を遣う女性に選ばれているものでもあります。

抜け毛や薄毛を予防すると言われている育毛シャンプーのほとんどもアミノ酸系シャンプーがベースとなっているようです。そのほか、自然由来成分や有機栽培などにこだわり、動物性成分や化学成分を一切排除したオーガニックシャンプーを好む人もいます。アミノ酸系シャンプーオーガニックシャンプーに共通して言えることは、頭皮や髪の毛への刺激が低く、洗浄力もマイルドであるということと、価格が高いということです。つまり、安さが勝負の100均でこのような髪の毛や頭皮によいシャンプーに出会うことはできないというのが真実なのです。

■100均シャンプーの危険性

 (28990)

コストを極限までカットして、100円で品物を提供することに徹している100均では、商品の品質にこだわることにどうしても限界があります。スーパーやドラッグストアでは、安価な高級アルコール系シャンプーでも1,000円以上の価格で販売されていることもあります。容量が極端に少なく、1回使用分の量で100円で販売されているのであれば、多少なりとも成分に期待することができるかもしれませんが、通常のサイズで100円となると、シャンプーの質そのものを落とさないと利益が得る販売はできません。

石油系化学成分石油系合成界面活性剤など、安価でシャンプーをつくることができる化学物質や香料、添加物などに頼るしかないため、髪の毛や頭皮へのダメージが心配になるのは当然のことと言えるでしょう。特に、抜け毛や薄毛が気になる方は、頭皮環境を悪化させる可能性が高いため、使用することは控えた方が無難と言えるでしょう。

スーパーやドラッグストアで購入できるシャンプーのなかで最も安価な物として人気があるのが高級アルコール系シャンプーです。洗浄力や刺激が強すぎるため、髪の毛や頭皮に気を遣っている方には不向きですが、それでも1,000円前後の価格となります。100均シャンプーを100円で販売するためには、化学物質などに原料を頼ってしまうことから、頭皮や髪の毛へのダメージが大きく、特に、抜け毛や薄毛に悩む方は状況を悪化させてしまう可能性が高いと言えるでしょう。
14 件

この記事のキュレーター

諸貫 和良 諸貫 和良