2017年6月28日 更新

自毛植毛手術って痛いの?手術に恐怖感がある人に知っておいて欲しい事!

薄毛が少し目立つくらいならそれほど気にならなくても、ハゲが徐々に広がっていくのは耐えられないという方もいらっしゃるでしょう。《男性型脱毛症「AGA」》の究極の治療法として国内外でも普及している【自毛植毛手術】は、一度施術を受ければその後のメンテナンスが必要なく、何よりも自毛が発毛する実感を味わえるものです。ただ、《手術》ということばに抵抗感や恐怖感を感じるのも当然のことで、傷みなども不安でためらうこともあります。

目次

■究極の治療法であり、最も発毛する可能性が高い自毛植毛手術

 (28822)

男性型脱毛症「AGA」は、男性ホルモンの分泌異常が原因として起こる進行性の脱毛症であるため、生活習慣や食習慣、ヘアケアの見直しなどでは、進行を食い止めることができないものです。AGA専門クリニックで早目に治療を開始することが最善の策と言え、プロペシアミノキシジルといった世界的に発毛効果が認められているAGA治療薬を使った治療が一般的となります。効果が現れてくるまでには、年齢や体質、脱毛症の進行状況などによって個人差がありますが、1年以上の通院が必要となることもあります。

 (28834)

男性型脱毛症「AGA」の治療は、根気強く行う必要があるため、保険適用外となる治療費も高額になることがあります。そんなときに、男性型脱毛症「AGA」の究極の治療法であり、自毛発毛の可能性が最も高いといわれる自毛植毛手術を選択するというのもひとつの方法です。自分の健康な髪の毛の細胞などを移植する自家移植であることから拒絶反応がないというのが最も安心できるポイントであり、移植部分の定着率は95%以上といわれる施術法です。

■自毛植毛手術の実際 FUE法

 (28825)

自毛植毛手術の方法はひとつではなく、複数の施術方法があります。日本だけでなく海外でも一般的に行われることが多い施術法には、FUE法FUT法があります。FUE法は、メスを使用することなく、パンチング機械を使って、毛包をひとつずつくり抜いて移植する方法です。健康な髪の毛がある後頭部などの頭皮にドリルで穴を開けて毛包細胞を抜き取ると言えば、不安を感じるかもしれませんが、実際空ける穴は1mm程度のものであり、部分麻酔をして採取するために、施術中の痛みは全くありません。

FUE法では、術後の傷跡も米粒ほどのものしかなく、坊主頭に刈り上げてもほとんど目立たないという人もいるほどです。麻酔をしてもメスで切ることにどうしても抵抗があるという方にはおすすめです。ただし、一度に移植できる本数が少なくなるため、男性型脱毛症「AGA」の初期段階で脱毛部分が少ないという方に向いていると言えるでしょう。

■自毛植毛手術の実際 FUT法

 (28828)

FUT法は、アメリカでも自毛植毛手術の主流として多くの人に施術されている方法です。FUE法とは違い、メスを使って、健康な髪の毛が生えている毛根を含む頭皮ごと切り取って移植するものです。施術中は、部分麻酔を行うため無痛です。術後1週間~2週間ほどは、洗髪その他で移植部に刺激を与えることは極力控えなければなりませんが、すぐに普段と変わらないヘアケアを行うことができるようになります。メスで切ることの抵抗感よりも、一度に多くの株を移植することができるという点、また、定着率が非常に高いという点から、FUE法よりもFUT法を選ぶ方の方が多いと言われています。

自毛植毛手術は、1回の施術で完結するものではなく、複数回に分けて施術するのが一般的となっています。FUE法に比べると1回の施術で移植できる範囲が広くなるため、施術回数、費用面でもFUT法の方が得になることが多いとも言えるでしょう。移植直後の管理が、その後の定着、発毛の鍵を握ることとなるため、医師のアドバイスをよく聞くことが大切です。

■自毛植毛手術を受けるうえでの留意点

 (28831)

自毛植毛手術の施術は麻酔を使用するため、痛みは感じることがありません。メスを使用するFUT法でも、術後の痛みや痒みなどは2週間もすれば落ち着きます。手術とは言いますが、恐怖を感じるほどのものではないので安心して施術を受けることができます。自毛植毛手術では、健康な髪の毛の細胞が移植先にしっかりと根付き、自然なヘアサイクルの働きが起こることで定着したとみなします。移植部で大量に抜け毛が生じることがありますが、これは、次の新しい髪の毛が生えるための準備であり、ヘアサイクルが正常に機能している証となるため、気にする必要はありません。

術後の体調や傷跡に心配することはほとんどありませんが、一部、髪の毛を短く切ったり、術後包帯を巻いたりすることがあるため、施術日は長期休業の前などを選ぶといいでしょう。

自毛植毛手術には、さまざまな施術方法があり、なかでもポピュラーなのが、健康な髪の毛が生えている採取部にパンチで穴を開けて毛包をくり抜いて移植するFUE法と健康な髪の毛の毛根ごと頭皮をメスで切り取って移植するFUT法です。どちらも、施術には部分麻酔が使われるため、痛みを感じることはありません。移植部分の広さや費用、傷跡など、それぞれの施術方法にメリット、デメリットがあるため、自分に合った施術方法を選ぶことが大切です。
14 件

この記事のキュレーター

諸貫 和良 諸貫 和良