2018年11月17日 更新

【解説】女性の「薄毛対策」6選!原因は?シャンプー、食べ物、育毛剤による対策

薄毛の症状に悩んでいる女性のために、薄毛対策を6種類紹介します。食べ物・食事や生活習慣、運動、ストレス解消や育毛剤、シャンプーなどの対策法について、それぞれ詳しく解説します。また、女性に多い薄毛の症状や、その原因についても併せてお伝えします。

目次

「昔みたいな元気な髪にしたい」「薄毛を治す対策が知りたい」という薄毛に悩む女性の方も多いでしょう。薄毛は男性だけの問題ではなく、女性にとっても切実な悩みです。特に、バリバリ働く女性が増えた分、薄毛の問題もより深刻になりつつあります。
そんな女性のために、今回は女性の薄毛の対策法を6つ紹介します。女性に多い薄毛の症状や、その原因についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性の薄毛の症状と原因は?

gettyimages (32073)

女性の薄毛対策について見ていく前に、まずは女性に多い薄毛の症状や原因を把握しておきましょう。

女性の薄毛の症状

主な女性の薄毛の症状には、次のようなものがあります。

・FAGA(びまん性脱毛症)
・牽引性脱毛症
・産後の抜け毛
・円形脱毛症

▼FAGA(びまん性脱毛症)
FAGAは「女性男性型脱毛症」の略称で、髪1本1本が細くなり、全体のボリュームが減るというものです。
この、1本ごとの髪が細くなって全体のボリュームが減るという症状は、「びまん性脱毛症」とも呼ばれています。

▼牽引性脱毛症
牽引性脱毛症は、髪を強く引っ張る髪型によって生え際や分け目が脱毛する症状です。
一方、産後の抜け毛は出産後の女性に起こる脱毛症で、やはり髪全体が薄くなることが多くなっています。

▼円形脱毛症
円形脱毛症は、頭髪の一部に硬貨大の脱毛が見られる症状ですが、脱毛箇所が複数の場合や、全身に広がる場合もあります。

【解説】女性のAGA(FAGA)とは?原因はホルモンの乱れ?病院が必要?症状と対策! - AGA大学

【解説】女性のAGA(FAGA)とは?原因はホルモンの乱れ?病院が必要?症状と対策! - AGA大学
女性のAGA(FAGA)の原因と対策について紹介します!女性のAGAは、加齢によって発症する一般的な薄毛と見分けがつきにくく、ホルモンバランスの乱れなど、生活習慣に起因する部分が大きいと言われています。生活習慣を見直したり、病院へ行って診てもらったりする必要があります。

女性の薄毛に多い原因

円形脱毛症などを除くと、女性の薄毛の主な原因となっているのが、ホルモンバランスの乱れです。
男性のAGAの場合、男性ホルモン(DHT)が主な原因であることが知られていますが、女性の薄毛には、女性ホルモンの減少が大きく関わっています。

女性ホルモンは髪を丈夫で抜けにくくする働きがありますが、さまざまな要因から分泌が滞り、そのために髪が抜けやすくなってしまうのです。

女性ホルモンが減少する原因には、加齢や出産、ストレス、ダイエットなどがあります。
また、偏った食事や生活習慣の乱れなども、頭皮環境を荒らして抜け毛を促進する要因になります。

女性の薄毛対策①:食事の栄養バランスを見直す

gettyimages (32074)

それではここからは、女性の薄毛対策について具体的に見ていきましょう。
まず、食事面の対策についてです。

髪に良い栄養

髪も体の一部ですから、必要な栄養を摂らないと健康は保てません。
髪に良いとされる栄養は、次のものがあります。

・たんぱく質
・亜鉛
・ビタミンA
・ビタミンB群

これらの栄養をバランスよく摂ることが、薄毛を防ぐ上で重要になります。

髪に良い食材

髪に良い栄養を豊富に含む食材には、次のものがあります。

・牡蠣
・豆類
・卵
・鶏肉
・ナッツ類
・海藻類
・緑黄色野菜

また、乳製品やゴマ、豚足などといった食材も、髪に良い栄養をたくさん含んでいます。

過度のダイエットは控えよう

食事による対策で大事なのが、必要な栄養をバランスよく摂るということです。
そのため、食事を抜くダイエットのやりすぎは避けなくてはなりません。

過度のダイエットは栄養不足で頭皮環境を悪化させる上に、ホルモンバランスも乱してしまいます。
もちろん食べ過ぎもよくありませんが、3度の食事はなるべく欠かさないよう気をつけましょう。

女性の薄毛対策②:生活習慣を整える

gettyimages (32075)

続いての女性の薄毛対策は、生活習慣についてです。
生活習慣は、頭皮環境やホルモン分泌と密接に結びついています。

睡眠をしっかり取る

薄毛を防ぐには、十分な睡眠時間の確保が欠かせません。
睡眠不足は血行を悪くし、頭皮環境を悪化させる原因になるのです。

ベストな睡眠時間は人によって異なりますが、最低でも6時間は寝ておきたいところ。
また、時間帯も重要になります。

特に夜の10時~翌2時の間は、成長ホルモンの分泌が活発になる、「髪のゴールデンタイム」とも呼ばれる時間です。
この時間にしっかり睡眠をとるようにしましょう。

飲酒・喫煙は避ける

過度の飲酒や喫煙も、薄毛を防ぐ上では妨げになります。

アルコールは、薄毛の原因である男性ホルモンの増加につながりますし、体内で分解するのに多くの栄養が奪われてしまいます。
また、タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血流を阻害する働きがあります。

これらのことから、頭皮環境を保ちホルモンバランスを整える上で、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎは避けた方が良いでしょう。

女性の薄毛対策③:ストレスを溜めない

gettyimages (32076)

女性の薄毛対策、3つ目はストレス解消についてです。
ストレスは前述のようにホルモンバランスを乱す他、自律神経を乱して血行を悪くするため、日ごろから適度に解消しておくことが必要です。

女性のストレスの原因

女性が最もストレスを受けやすい要因となっているのが、「人間関係」です。
特に職場での人間関係は、女性のストレスの大きな割合を占めていると言われています。

また、家庭の問題や経済問題、睡眠不足なども、女性のストレスの要因となっています。

女性のストレスの解消法

女性の場合、ストレス解消法として最も多いのは、「友達との会話」でしょう。
女性はコミュニケーションを重視する傾向があり、対人関係が重荷になる一方、気の合う人とのおしゃべりでストレスを発散させるという人が少なくありません。

その他には、食事や買い物が解消法という人も多いようです。

ただ、ストレスの解消法は人それぞれです。
あくまで個人に合った方法を選ぶことが大切ですよ。

簡単なストレス解消法

友達と会ったり買い物をする時間がなかなか作れないという女性のために、簡単にできるストレス解消法を紹介しましょう。

最も簡単な方法は、深呼吸です。
お腹に手を当て、2~3度に分けて鼻から息を吸い込みます。

そして、ゆっくり口から息を吐き出しましょう。
ストレスを感じたときなど、こうした深呼吸をするだけでも気分がスッキリすることがありますよ。

女性の薄毛対策④:適度な運動

gettyimages (32077)

4つ目の女性の薄毛対策は、運動です。
運動不足もまた、薄毛を促す原因になります。

運動が育毛にもたらす効果

運動が薄毛対策になる理由には、次のものがあげられます。

・血流が改善する
・ストレス解消になる
・ホルモンバランスが整う

特に、血流改善効果は、頭皮の環境を整えて薄毛を防止するのに役立ちます。

薄毛対策に有効な運動

薄毛対策に向いている運動は、有酸素運動です。
有酸素運動は酸素を取り込みながら行う運動ですが、比較的軽い動きでよく、体に負担がかからないというメリットがあります。

有酸素運動には、例えば次のような運動があります。

・ジョギング
・ウォーキング
・エアロビクス
・ヨガ
・水泳

特におすすめなのは、ウォーキングです。
ジョギングや水泳は体力も必要で、初心者にはハードルが高くなっていますが、ウォーキングは簡単に始めることができます。

通勤時間や階段を利用するなどして、日ごろから歩くことを意識してみてください。

女性の薄毛対策⑤:育毛剤

gettyimages (32078)

続いての女性の薄毛対策は、育毛剤の利用です。
詳しくお伝えしていきましょう。

育毛剤の効果

育毛剤の効果は、頭皮環境を整えることにあります。

薄毛には頭皮環境の悪化が大きく関係していますが、ほとんどの育毛剤は荒れた頭皮を整え、髪の成長を促すことを目的として作られています。

具体的には、頭皮を保湿し、乾燥を防いで髪が育ちやすい環境を作ってくれます。
また、頭皮の血行を促進したり、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

育毛剤を選ぶポイント

女性が育毛剤を選ぶポイントには、次のものがあります。

・刺激が少ない
・症状に合ったものを選ぶ
・続けやすい価格
・女性用育毛剤

女性の頭皮は男性に比べて繊細ですから、刺激の少ない無添加製品や、天然成分を主体としたものを選ぶと良いでしょう。

女性用育毛剤はそうした点に配慮されているものが多いので、男性用や男女兼用のものよりおすすめです。

また、自分の症状に合ったものを選ぶことも大切です。
それに加え、経済的に負担にならない値段のものを選ぶのも、見逃せないポイントです。

女性の薄毛対策⑥:髪型や分け目を変える

gettyimages (32079)

最後にご紹介する女性の薄毛対策は、髪型に関するものです。
毎日同じ髪型を続けることで、「牽引性脱毛症」を起こす可能性もあります。

抜け毛を起こしやすい髪型

牽引性脱毛症を起こしやすいのは、ポニーテールといった「まとめ髪」や、エクステンションを使用した髪です。

これらの髪型は、髪を根元から強く引っ張るため、続けると毛根に負担がかかって脱毛しやすくなります。
特に生え際や分け目部分は、抜け毛が起こりやすい箇所となっています。

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症を防ぐには、髪を引っ張るスタイルを続けないことが大事です。
髪をまとめる必要のある時は、シュシュを使ったり、ゆるふわなまとめ髪にするのがおすすめ。

また、毎日結ぶ場所や分け目部分を変えるなど、髪の負担を減らすよう気をつけましょう。
思い切ってショートヘアにするのも、薄毛箇所を目立たなくするには有効です。

【解説】薄毛の女性が似合う髪型5つと目立たない5つのポイント - AGA大学

【解説】薄毛の女性が似合う髪型5つと目立たない5つのポイント - AGA大学
薄毛の女性が似合うおすすめの髪型を5つ紹介し、薄毛が目立たない5つのポイントを紹介します。女性は髪が命とも言われます。どのような髪型をすれば薄毛が目立たなくなるのか解説します。また、薄毛を隠すのではなく改善するための対策についても触れます。

まとめ

gettyimages (32080)

女性の薄毛の対策についてと紹介しました。

女性の薄毛は、女性ホルモンの減少や、頭皮環境の悪化が関係していることが多くなっています。
そのため、薄毛対策はひとつだけでなく、総合的に取り組むことが重要です。
きちんと栄養を摂って十分に眠り、ストレスを溜めないなどの生活を心がけましょう。

要注意なのは、男性用の薄毛治療薬を使うことです。
中には女性の使用が禁じられているものもあるので、パートナーの薬を勝手に使うなどは、くれぐれも避けるようにして下さい。

女性の「薄毛」の対策・治療を5つの種類別解説!20代・30代も注意!髪型も原因に - AGA大学

女性の「薄毛」の対策・治療を5つの種類別解説!20代・30代も注意!髪型も原因に - AGA大学
薄毛が気になり出した女性のために、薄毛の原因を5つに分けて対策と治療方法を紹介します。女性の薄毛には、FAGA(女性男性型脱毛症)や牽引性脱毛症、ダイエットが関係したものがあります。20代、30代でも、髪型によっては薄毛になる可能性があります。
60 件

この記事のキュレーター

Ryujijo Ryujijo