2018年12月23日 更新

女性でも植毛をする人が増えている!植毛の方法と女性のための薄毛対策!

女性の薄毛の悩みというのは年々増加傾向にあるため、中には植毛をしたいと考えている人もいます。女性の植毛の方法について触れていきながら、植毛以外でも薄毛対策ができることについて解説していきます。

38 view お気に入り 0

目次

髪がぺたっとしてボリュームが出ない、髪の分け目や生え際が拡がってきたという悩みは男性だけでなく女性も抱えています。
薄毛の改善法の1つに植毛をする方法があるので、今回は女性の植毛について解説していきましょう。
また、植毛以外にもできる薄毛対策についても紹介していきます。

女性の薄毛の悩みは増えてきている

 (33284)

忙しい現代社会において様々な悩みが増えてきている中に女性の薄毛の悩みというのも年々増加傾向にあります。
というのも女性の薄毛はホルモンバランスの乱れによって起こることが多く、ストレス・無理なダイエットによる栄養不足・運動不足など不摂生な生活環境に身を置く女性が増えているのです。
女性の薄毛には特徴があり、頭頂部やおでこの生え際から髪の毛が細くなりボリュームダウンしてしまいます。
この薄毛の悩みの中には20代や30代から不安を抱く人もいるため、男性だけではなく女性も髪の毛について深く考える必要があるのです。

植毛を検討している女性も多い

薄毛というのは一度なってしまうと中々根気強く対策をしていかなくては中々治りにくいです。
その中でも植毛は施術後すぐに薄毛を改善することができることから、女性の中でも植毛を検討している方も多くなっています。
ただし、女性の植毛というのは男性の植毛とは異なる点があるため、しっかりと考えて植毛をすべきか決めるのか大切です。

女性の植毛は男性の植毛の違い

 (33289)

男性と女性の薄毛の原因が異なるのと同じように、男性と女性の植毛では方法が異なります。
では、どういった点が異なるのか傾向とともに見ていきましょう。

女性の植毛はおでこの生え際や分け目が多い

女性で植毛を検討している人の多くはおでこの生え際や分け目を希望している方が多いです。
女性の薄毛は髪の毛が細くなることが多いので、その結果としておでこの生え際が後退しているように見える、あるいは分け目が見えやすくなるのが気になってしまうのです。
そのため、女性の植毛は頭部全体ということではなくおでこの生え際や分け目にかけてのピンポイントの植毛がほとんどとなっています。

植毛技術が高いクリニックでないと抜け毛が増える可能性がある

女性の薄毛は男性の薄毛と違い、頭部全体が細く薄くなるので密度を高めるための植毛をする必要があります。
そうなると、植毛をした周囲の髪の毛が抜け落ちてしまうショックロスと呼ばれる症状が起こってしまうため、密度を高めながらショックロスが起こらないような高度な技術が必要となってしまうのです。

男性の植毛よりもコストを抑えられる

男性の植毛の場合は植毛する株が多くなるのでそれだけコストが高くついてしまいますが、女性の場合は移植する株はそこまで必要としないのでコストを抑えられます。
とはいえ植毛というのは美容目的として認識されるため、保険が適用外で全額自己負担であることを理解しておかなくてはいけません。
コストは比較的低く抑えられるが、ある程度お金がかかるということを覚えておいてください。

女性の植毛方法は主に2種類

 (33298)

植毛をする場合は主に2種類の手術方があり、それぞれFUT法とFUE法と呼ばれる手術法です。
では、それぞれの手術法について解説していきましょう。

FUT法とは

FUT法は簡単に説明するとメスを使って後頭部や側頭部の皮膚を切り取って、気になる部位に植え込んでいく手術法です。
このFUT法のメリットは多くの髪を移植することができる点にあります。
しかし、先ほど説明したように女性の薄毛はさほど本数を必要としないので、あまりFUT法を導入することは無いでしょう。
また、FUT法のデメリットとしてメスを使って切り取るために、傷痕ができてしまうという点です。
女性の中には痕ができてしまうことを嫌がる人も多いので、その点も踏まえてもあまりFUT法は女性には好ましくないと言えるでしょう。

FUE法

FUE法はパンチのような器具を用いて1ミリ前後の微細な穴を開けて髪の毛の細胞ごとくり抜き移植する方法です。
小さい穴を開けるので傷痕が目立ちにくく自然と無くなるので、本数を必要としない女性にうってつけの移植法と言えるでしょう。
ただし、このFUE法は高度な技術が必要となるので、しっかりと信頼できるクリニックを見つける必要があります。
また、FUT法に比べると費用が高くついてしまうのはデメリットといえるでしょう。

植毛ではなく薄毛対策をすることで悩みが解消されることもある

 (33305)

植毛を希望した女性をカウンセリングすると、植毛をする必要がなく日々の薄毛対策をすることで改善できるという人も多いそうです。
植毛は値段も高くついてしまうため、まずは自分でできる対策をおこなってからでも遅くはないでしょう。
最後に植毛以外にもできる薄毛対策を紹介しますので、できることから実践してみてください。

1. 育毛剤の使用

女性の薄毛の簡単かつ効果的な対策法の1つに育毛剤の使用があります。
育毛剤と聞くと薄毛の男性のみが使うものと思われがちですが、本来は薄毛を予防するために使うものなので女性が使っていてもおかしくはありません。
むしろ女性の育毛剤は需要が高くなってきているので、あなたの悩みを解決するためのサポートができる育毛剤を見つけることができるでしょう。
育毛剤には血行促進・抜け毛予防・保湿など薄毛改善に期待ができる成分が含有しています。
育毛剤を選ぶ際には女性用の育毛剤の方が女性の薄毛を解決するための成分が豊富に含まれているので、女性用育毛剤を購入するようにしましょう。

2. バランスの取れた栄養補給

女性はダイエットをする人が多いですが、無理なダイエットはホルモンバランスの乱れや栄養不足になりがちで、それが原因で薄毛になってしまうこともあります。
であれば、バランスの取れた栄養を取りながらできるダイエットをしたほうが健康的に痩せられるのでおすすめです。
また、ホルモンバランスの乱れを整えるためには大豆イソフラボンが含まれた食品を摂ると良いでしょう。
大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをもつため、ホルモンバランスの安定に努めてくれます。
大豆イソフラボンは大豆・納豆・豆腐といった大豆製品に多く含まれるので、積極的に摂っていきましょう。

3. 定期的な運動習慣

頭部は一番血行不良になりやすい部位なので、日頃運動をする習慣がない人やデスクワーク中心で動くことが無いという人は特に血行不良によって薄毛が起こりやすいです。
血液の中には各細胞に届ける栄養も含まれているため、血行不良になると髪の毛に送る栄養が不足してしまい細毛や抜け毛が多くなってしまいます。
そのため、定期的な運動習慣を身につけて血行促進できるように癖をつけていきましょう。
日頃運動習慣が無いという人は1日30分のウォーキングがおすすめです。
身体を動かすことでリフレッシュ効果もあるので、ストレス発散にも効果的ですしダイエットにもなるので女性にとってはぜひ取り入れて欲しい習慣といえるでしょう。

4. ストレスの発散

現代社会はストレスが多く受けてしまう環境ばかりなのは女性も例外ではありません。
そのため、ストレスによってホルモンバランスが乱れてしまう、あるいは血行不良など薄毛になりやすい状態になってしまいます。
ストレスを発散する場を作ることは心身の安定にも非常に重要です。
自分の趣味に没頭する時間を設ける、スポーツをする、読書をするなど自分がストレスを発散できそうなことを実践していきましょう。

まとめ

女性でも植毛することはできますし、傷痕がほとんど残らないので信頼できるクリニックで植毛を行うことがおすすめなのがわかってもらえたかと思います。
薄毛の改善は植毛ではなく他の対策でも期待することができるので、まずは生活習慣の見直しからおこなってみてください。
35 件

この記事のキュレーター

Katsumaru Katsumaru