2018年6月15日 更新

【自毛植毛】と【HARG治療】はどちらがオススメ!?

最近話題になっているAGA対策として「自毛植毛」と「HARG治療」というものがあります。この二つのメリットはどのようなものがあるのでしょうか?人によってどちらを選んだ方がいいというのはあるのでしょうか?徹底比較します!

522 view お気に入り 0

目次

悩ましいAGA……

gettyimages (8536)

あまりにも薄毛の進行が激しくなり、
頭頂部や前頭部が著しく禿げあがってしまうとショックですよね・・・。
とあるデータによると、日本人の薄毛率は24%ほどだそうです。
つまり、4人の1人の割合で薄毛に悩む人がいるわけです。
ある程度は仕方ないと割り切ってしまえれば良いのでしょうが、難しいですよね・・・。
それでも何とかしたいというのが心情だと思います。
また、今は何もないけど、将来AGAになってしまわないかと不安になる人も多いでしょう。
AGAとは|ヘアメディカル (6516)

AGA(エージーエー)とは、特定の薬剤の名称や治療法のことでは ありません。「Androgenetic Alopecia」の略称で 「男性型脱毛症」のことをいいます。 薄毛や抜け毛に悩んでいる方、将来自分の頭髪に不安があると いう方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくこと が「AGA治療」です。

様々な治療法はあるけれど……

AGAの原因となるのは、男性ホルモンや生活習慣の乱れ、遺伝などが挙げられます。
それゆえ、髪に良い食品を摂ったり、タバコやお酒を控えたり、
男性ホルモンを抑制する治療薬を服用したりと、さまざまな対策が行われています。
しかし、それらが効かないという人も中にいます。
例えば、生活習慣を見直すのが難しい、
すでに薄毛の症状が進行しきってしまって治療薬が効かない、などなど・・・。
AGAスキンクリニックAGA治療の発毛効果口コミ (6627)

では、どうすればいいのでしょうか・・・。
プロペシアなどのAGA治療薬や毛髪専門クリニックでの治療は、毛根が死滅してしまう前の状態なら可能。治療を受けることによって、毛髪に元気が蘇り太くハリのある毛にすることができます。毛根が完全に死滅してしまっている場合は、植毛しか毛量を改善する道は残されていません。

毛根が生きていれば改善できる可能性は高いですが、例え効果を実感できていたとしても、「完治」したということにはなりません。なぜなら、AGAを引き起こす原因である男性ホルモンの問題がまったく解決していないから。治療を受けて改善したとしても、治療を止めれば元に戻るのは明らか。原因に対処できていないのですから当然ですね。

薄毛状態を改善できたとしても、根本的な問題は解決できない…。治療を止めれば元に戻る…。これが、AGAは治らないとされている最大の理由です。
何ごとにも限界はあります。

薄毛治療の最終手段?HARG治療

発症したら止まらない?AGAは進行性の脱毛症! | 育毛剤ガイドSP (6525)

治療法の最後の手段は
「HARG治療」です!
近年「HARG治療」というものが注目を集めています。
頭皮に直接成長因子を混ぜたカクテルを注入することで薄毛進行を抑えるのですが、
これを体験すると頭皮環境そのものが活性化され、
投薬治療では限界があった発毛効果が見込めるというのです。
このカクテルはもともと人の体内にあるタンパク質の1種で再生医療技術により脂肪幹細胞から抽出された天然成分であり、非常に安全性の高いもので頭皮内に注入すると毛母細胞の働きが活性化され発毛が促されます。様々な成長因子注入治療がありますが、HARGカクテルが最も効果があります。
毛髪再生に必要な成長因子には、主にはPDGF、VEGF、HGF、basilFGF、KGF:TGFなどがあり、他院ではいずれかの成長因子を単独で注射しますが、HARGカクテルには、これらすべての成長因子を誘導する因子が入っているので、毛髪再生力が全然違うのです!!
費用は10万円前後が基本的とお考えください。

元ある髪を利用して植毛する自毛植毛!

治療がどうしても上手くいかなかった場合は、植毛を選ぶと良いでしょう。
けれど、植毛は不自然に出来上がってしまってバレないの・・・?と不安になるかもしれません。
いいえ、ご安心ください!
自毛植毛は自分の髪の毛を使って植毛するので、大変自然な仕上がりになるんですよ!
» 自毛植毛とは (6534)

健康な髪が生えている後頭部などから、皮膚と一緒に髪を採取して施術部位に移植する薄毛治療法です。皮膚と一緒に採取された髪は1株ごとに分けられ、施術する部位の頭皮に穴を空けて1株ずつ植え付けていきます。

麻酔を使う外科手術なので手術中の痛みはありませんが、術後麻酔が切れてくるとしばらくの間は痛みがあります。植毛された髪は術後いったん抜け落ちますが、移植された頭皮が定着するとまた髪が生えてきます。

頭皮の定着率は95%と、ほぼ移植には成功しているようです。自毛植毛はミノキシジルとフィナステリド(どちらもAランク)に次いで、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドでBランクの評価を受けています。
こちらの費用は植毛する範囲の広さにもよりますが、100万円前後が基本とお考えください。
費用はそれなりにかかりますね・・・。

どっちがいい?

thinkstock (8549)

さて、気になるのは「自分の髪ではどっちの手段を取った方がいい?」ということですよね。
簡単に言えば、「自毛植毛」は後頭部などに髪がなければ施術を行うことができません。
その場合は「HARG治療」を行った方がいいでしょう。
一方、AGAが決定的に進行してしまって、特定の部位に髪が二度と生えてこなくなった
という場合は、「自毛植毛」を選択した方がいいです。
このように、自分の状態に合った治療法を選択しましょう!
一般論で比較した場合・自毛植毛は最終的な選択肢
自毛植毛の手術後には、一時的な異常を感じることが多くあり、 特に頭皮やまぶた周辺の腫れが生じることがあります。 術後4~5日ほどをピークとして、多くの場合は一週間~10日ほどで自然に直ります。

ほとんどの方が会社勤めである事を考えると、 こういった期間に仕事に影響でる可能性は考えておく必要はあるでしょう。

女性のイメージ 一方、ハーグ療法ならば来院してから治療が終わるまでの時間も短く、身体的な負担も少ないです。

もちろん老若男女を問わず治療を受けることができます。 何よりも副作用が無い点を考えれば、治療を受けるハードルは低いといえます。

自毛植毛とハーグ治療を比較した場合、一般的にはまずハーグ治療を検討してみるほうが良い可能性が高いといえるでしょう。

HARG治療と自毛植毛の治療に悩んだ場合の判断基準

自然な形での治療はHARG治療ということになりますが、 重度のAGAですと発毛は可能でも脱毛の作用が強く、HARG療法の適用がない場合もあります。
メリットやデメリット、費用などを考えつつ、慎重に選びたいですね。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【薄毛の悩み】プロペシアを使った芸能人5人の今は?

【薄毛の悩み】プロペシアを使った芸能人5人の今は?

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療として有効な医薬品です。プロペシアを使用している事を公言している芸能人はあまり居ませんが、多くの方がプロペシアを使って薄毛治療を行っています。そこで、この治療薬を使ってどこまで復活したかまとめてみました。
薄毛研究科 | 22,710 view
自毛植毛をすると見た目が不自然になる可能性があるの!?

自毛植毛をすると見た目が不自然になる可能性があるの!?

「自毛植毛」はAGA治療のひとつです。自分の毛なので自然な仕上がりになるかと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?今回、植毛はどのような治療なのか、その効果などについてまとめてみました。自毛植毛を検討している方は要チェックです。
自毛植毛と人工毛植毛の違いと気をつけるべき点を解説!

自毛植毛と人工毛植毛の違いと気をつけるべき点を解説!

今回、「自毛植毛」と「人工毛植毛」の違いについて細かくご紹介しようと思います。植毛といえばこの2つが代表です。それぞれメリットもあればデメリットもあります。それらの違いをしっかり認識したうえで植毛を検討しましょう。
【自毛植毛】髪がきちんと生えそろうまでの平均期間は?

【自毛植毛】髪がきちんと生えそろうまでの平均期間は?

自毛植毛後はヘアサイクルの休止期に入るため、発毛するのに時間がかかります。発毛後は1ヶ月に1cm~2cmほど髪が伸びますが、自然なヘアスタイルになるまである程度の時間が必要です。そこで髪が生えそろうまで一体どのくらいかかるのかをまとめてご紹介します。
【手術前に】自毛植毛に限界本数があるかをきちんと理解!!

【手術前に】自毛植毛に限界本数があるかをきちんと理解!!

薄毛で悩み自毛植毛を検討している方は、「限界本数」について知っておきましょう。限界本数は1万2千本~1万3千本ぐらいだといわれています。また、治療の実績が多いクリニックで手術をしてもらうことが大切です。
AGA大学助手 | 1,095 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

頭皮ケアマネージャー 頭皮ケアマネージャー