2017年6月28日 更新

海外で人気の育毛方法ってあるの?

抜け毛や薄毛、ハゲは、日本人に限ったことではなく万国共通の悩みです。むしろ、海外の方がAGA先進国が多く、これまでにも画期的な治療薬や医療機器が生まれ、日本に伝わっています。そんな海外の育毛事情や人気の育毛方法について考えてみました。

13 view お気に入り 0

目次

■植毛先進国が多い欧米

 (28682)

日本では、究極のAGA治療として選択される自毛植毛ですが、欧米では、比較的手軽にかつ安全に施術を受けられることから初めから自毛植毛を選ぶことが多いようです。自毛植毛が日本でこれほどポピュラーになったのも、植毛先進国である欧米での手術法の確立や実施事例の多さに支えられているといえるでしょう。美容整形などの技術でも進歩しているアメリカでは、メスを使ったFUT法による手術が占める割合が高いようです。
 (28684)

FUT法は、健康な毛根を含む頭皮をメスで切り取って脱毛部分に移植するもので、アメリカだけでなく広く海外で一般的な施術法として活用されているものです。機械でくり抜いて移植するFUE法と比較して、一度に大量の移植ができること、定着率が高いことから最適な方法として選択する人が多いようです。肥満を自己管理ができていないと厳しい目でみるように、見た目に自己管理が求められることが多い欧米では、薄毛やハゲの対策をしていない人に向けられる周りの目もあって、手術に踏み切る人が多いことも考えられます。

■効果が高く安全性も認められているAGA治療薬

 (28687)

世界に先駆けて薄毛治療に取り組んできたアメリカは、AGA治療薬の開発にも早い時期から本格的に取り組んでいました。科学的な実証を経て世界的にも発毛効果が認められているAGA治療薬として有名なプロペシアミノキシジルも、アメリカのファイザー製薬やメルク社で開発されたものです。プロペシアは、男性ホルモンの一種テストステロンが酵素と結合して脱毛を促すジヒドロテストステロンに変化することに着目して、男性ホルモンそのものの生成を抑制することを目的として使用されているものです。

ミノキシジルは、髪の毛の成長及び発毛を促す効果があるとして使用されているAGA治療薬です。内服薬としても使用されることがありますが、どちらかというと頭頂部の薄毛やハゲに塗布することによって効果を発揮できるものと言われています。プロペシアミノキシジルは、日本でもAGA専門クリニックでの治療では一般的な薬剤として使用されるようになっていますが、それも欧米での研究の積み重ねと数多くの治療事例があったからこそと言えるでしょう。

■ホームケア医療機器の普及

 (28690)

日本で家庭用医療機器といえば、マッサージ機がポピュラーである程度ですが、ホームケア用の美容機器や医療機器の販売が盛んな欧米では、自分でできることは自宅でやるという風潮が古くからあり、さまざまな機器が販売されています。頭皮マッサージ用の機器はもちろん、頭皮環境を健やかに保つだけでなく発毛を促すことを目的とした医療機器も人気があります。そのなかでも評判になっているのが、ヘアマックスです。

ヘアマックスは、低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促すことができるレーザー医療機器です。週に3回程度、1回90秒ほどの時間、ヘッドギアのように頭に機器をつけるだけで効果が得られるものです。細胞のエネルギーを産生するミトコンドリアを活性化させる作用があり、頭皮の毛母細胞の働きを高めることができます。プロペシアミノキシジルとともに、アメリカ食品医薬局が認可している効能、安全性ともに保証されている画期的な薄毛対策治療機器です。

■注意が必要な海外製AGA治療薬

 (28693)

日本国内では薬事法などのさまざまな法律の規定により、厚生労働省が認可した医薬品でなければ販売することができません。これは、医薬品の成分や副作用などについて長い期間を費やした臨床実験などを経たものでないと安全性が保証できないためです。欧米で効能が高いと認められているものでも、国内では、薬局はもちろん、病院でも処方されないことがよくあります。しかし、現代では、個人輸入や輸入代行などの手段を使えば、ネットで海外製のAGA治療薬を手に入れることもできます。強力な効果があるものも多いのですが、それは、有効成分の含有量が多いということで、同時に副作用リスクも高いということになるのです。

欧米の医薬品は開発した製薬会社が製造、販売する正規なものが多いのですが、特許が一部規制されていないインドでは、後発薬としてジェネリック医薬品が安価な価格で数多く販売されています。薬の成分や製造過程の衛生管理、副作用のリスクなどが明確でなく、万が一重篤な副作用が起きても、国内における副作用被害救済制度の適用外となってしまうため、全て自己責任となります。AGA治療薬は、医師の指導のもとに病院から処方されたものを使用することが大切です。

日本国内で現在、行われているAGA治療のための薬剤や施術などは、ほとんど欧米から入ってきたものであり、欧米を中心として海外の方がはるかにAGA先進国が多いと言えます。自毛植毛やAGA治療薬、家庭用医療機器など、薄毛やハゲの研究が進んでおり、さまざまな対策がなされています。最近は、海外製AGA治療薬を個人輸入などで手に入れることができますが、副作用リスクなどもあるため、AGA専門クリニックで医師に処方されたものを使用した方が安全です。
14 件

この記事のキュレーター

マキノ マキノ