2017年6月28日 更新

フケと髪の毛の関係と薄毛への注意サインを知っておこう!

毎日のシャンプーを欠かさず、いつも清潔にしているつもりなのに、髪や肩にフケがついていることを人に指摘されるとショックを受けることがあります。フケは、人に不潔な印象を与えてしまうだけでなく、髪の毛との関係が深いことから、薄毛になるサインであるとも言われています。実際のところはどうなのでしょうか。

目次

■フケの正体と原因

 (27799)

<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>フケは、新陳代謝によって古くなった頭皮の確執が剥がれたもの</b></font></span>です。顔の表面と同じように、頭皮も自然なサイクルで新陳代謝を繰り返しているため、目に見えないようなサイズの垢のように剥がれ落ちることは誰にでもあることです。ところが、何らかの原因で新陳代謝のサイクルが乱れ、未熟なままの細胞が目に見えるほどの大きさで剥がれてしまうフケが大量に出るようになると頭皮環境が大きく乱れているということになり、普通にシャンプーするだけでは解決しないことがあります。
 (27798)

フケの原因として一番に考えられるのは<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>頭皮の乾燥</b></font></span>です。適切にシャンプーしているつもりでも、シャンプーの洗浄力が強すぎると頭皮の保護に必要となる皮脂まで洗い流されてしまい、<strong>乾燥肌の状態になって皮膚がボロボロと剥がれ落ちてしまう</strong>のです。反対に、あまりシャンプーせず放置すると、頭皮に余分な皮脂が溜まってしまい毛穴を塞いでしまうため、<strong>うまく新陳代謝できなくなった頭皮が剥がれ落ちてしまう</strong>こともあります。また、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ストレスや疲労、睡眠不足や偏った食事、ホルモンバランスの乱れなどによって皮膚の新陳代謝が正常に働かなくなってしまう</b></font></span>こともあります。

■フケの種類と髪の毛との関係

 (27800)

<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>フケには乾性と脂性の2種類のタイプ</b></font></span>があります。細かなフケがパラパラと落ちてくる<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>乾性のフケ</b></font></span>は、若い世代にもよくみられるものです。主な原因には、頭皮環境を清潔に保とうとして、<strong>洗浄力の強いシャンプーで必要以上に洗いすぎること</strong>が考えられます。洗浄力が強いシャンプーは、肌に与える刺激も強くトラブルを起こしやすいものです。そのうえ、ゴシゴシを力を入れてこするとさらに肌に強い刺激が与えられ、頭皮を守る働きのある皮脂まではぎとられてしまいます。頭皮が乾燥し過ぎると毛穴に炎症を起こして、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>粃糠性脱毛症</b></font></span>になってしまうリスクもあります。

<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>脂性のフケ</b></font></span>は、べたついた状態で毛穴に付着してなかなか剥がれ落ちずに毛穴を詰まらせてしまうものです。本来なら発毛が促される道がフケによって塞がれてしまうので、新しい毛が成長できなくなってしまいます。頭皮の皮脂腺が多いなど体質的なことも考えられますが、皮脂の異常な分泌によることも考えられます。なかなか剥がれ落ちないフケが最近のエサとなって炎症を引きおこし、痒みを伴いながら<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>脂漏性脱毛症</b></font></span>を発症するリスクも高くなってしまいます。

■フケが薄毛の注意サインとなる?

 (27801)

<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>フケが過剰に出るということは、頭皮環境が大きく乱れている状態にある</b></font></span>ということになります。フケが出る要因には、皮脂と肌質、そして特定の人に限らず地肌に存在する常在菌である<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>マラセチア菌</b></font></span>が関係していると言われています。これらのバランスが崩れることによって頭皮の新陳代謝のサイクルが乱れてしまうことによって大量のフケが発生するのです。頭皮環境が大きく乱れる状況は、育毛や発毛を阻害する原因にもなってしまうため、過剰なフケが出始めることは、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>薄毛、脱毛のシグナル</b></font></span>ととらえて間違いないでしょう。

乾性フケによる<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>粃糠性脱毛症</b></font></span>、脂性フケによる<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>脂漏性脱毛症</b></font></span>と、フケのタイプを問わず、そのまま放置すると脱毛症へ移行してしまうことがあります。フケへの対処法としては、シャンプーを見直すことも大切なことですが、男性ホルモンの異常分泌が疑われる場合は、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ホルモン分泌の抑制</b></font></span>をしないと問題が解決しない場合もあります。ホルモン分泌の異常が、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>によるものであるとすれば、病院で受診して治療を行うことも検討した方がいいでしょう。<strong>フケが多いことで薄毛になるわけではなく、薄毛になる前兆としてフケが多くなることを理解しておく必要があります。</strong>

■フケの対処法とは

 (27802)

皮脂が過剰に分泌されること、逆に頭皮の保護に必要となる皮脂までが剥がれ落ちてしまうことによってフケが過剰に出ることがあります。<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>頭皮環境を健やかに保つためには、正しいシャンプーが必要</b></font></span>となります。皮脂が気になるからといって、洗浄力の強いシャンプーを選べばいいというものでもありません。洗浄力の強さは肌への大きな刺激でもあるため、肌トラブルを引き起こす原因になることを知っておく必要があります。肌にやさしく、頭皮に必要となる皮脂を適度に残してくれるタイプのシャンプーを選ぶことが大切です。

爪を立てて洗ったり、過剰にゴシゴシと地肌をこすったりすると頭皮に炎症を起こし、フケや深刻な皮膚トラブルの原因になってしまいます。指の腹で優しくマッサージするようにシャンプーして、シャンプー成分が残らないようにしっかりとすすぎをすることが大切です。

フケは、新陳代謝によって剥がれ落ちた角質で誰にも出るものですが、目に見えるサイズのフケが過剰に出る場合は、ホルモン異常や頭皮の乾燥などによる頭皮環境の乱れが考えられます。過剰なフケは薄毛、脱毛のサインと考えられるため、適切な対応が必要となります。
14 件

この記事のキュレーター

武 紀夫 武 紀夫