2017年6月28日 更新

自毛植毛って薄毛が進行してからうけると高い!?

育毛剤や育毛サロンを利用してもなかなか解決できない薄毛やハゲで悩む方にとって、【自毛植毛】は、根本的な問題の解決とともに発毛を実感することができる究極の治療法と言えるでしょう。薄毛やハゲには、その種類や進行状況によって個人差がありますが、薄毛やハゲが進行した場合、【自毛植毛】の費用が高くなると言われています。その真相について調べてみました。

102 view お気に入り 0

目次

■ハゲの種類と男性型脱毛症(AGA)

 (28457)

薄毛やハゲには、さまざまな種類がありますが、そのなかでも代表的なものと言われているのが、M字ハゲO字ハゲU字ハゲです。M字ハゲは、前頭部の左右にカミソリで剃り込みを入れたように脱毛が進んでいくものです。進行すると頭頂部にかけて広範囲にハゲていくこととなるもので、多くの有名人にもこのタイプが見られます。0字ハゲは、河童ザビエルなどと揶揄されることが多い、つむじを中心として頭頂部が円形型にハゲていくものです。本人が正面から鏡を見ても気づきにくいことが多いため、他人に指摘を受けたり、かなり進行したりすることで自覚することが多いものです。
 (28459)

U字ハゲは、額の生え際部分が薄毛となり、徐々にその範囲が広がってハゲが後退していくものです。M字ハゲとは異なり、生え際の中央部分も一緒になってハゲていくのが特徴です。M字ハゲO字ハゲU字ハゲともに、生活習慣や食習慣の乱れストレスのみが原因ではなく、男性型脱毛症「AGA」であることが多いようです。男性型脱毛症「AGA」は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、酵素5α リダクターゼと結合することによって、脱毛を促すジヒドロテストステロンに変化して起こるものであり、進行性の脱毛症であるという特徴があります。

■AGA専門クリニックにおける治療

 (28462)

男性型脱毛症「AGA」は、ホルモン分泌が大きく関与する進行性の脱毛症であるため、放置すると徐々に薄毛やハゲが広がっていきます。AGA専門クリニックを初めて受診すると、カウンセリングとともに血液検査を実施して、血液中のホルモン分泌量を測定して、現状や今後の進行状況の予測をして、個人に合った治療方針を決定します。一般的には、世界的に発毛効果が認められているフィナステリドミノキシジルを外用塗布薬、内服薬として処方することが多く、治療には1年程度の通院が必要となることもあります。
そのほか、発毛を促す有効成分や人の幹細胞から抽出した成分を直接、頭皮に注射するメソセラピーハーグ療法などの施術もありますが、一度施術すれば、早い段階で発毛を実感できる自毛植毛手術を選択する人も増えています。自毛植毛には、さまざまな施術方法がありますが、国内では、ポピュラーなものとしてFUE法FUT法が有名です。

■定着率と移植本数の面でメリットの多いFUT法

 (28466)

自毛植毛の傷跡をなるべく目立たせたくないM字ハゲの初期症状であり、それほど脱毛が進行していないという方には、メスを使用しないFUE法がおすすめです。ただし、健康な毛根を切断することが多くなる可能性やFUT法に比べて定着率が劣るというデメリットもあります。FUT法は、一度に植毛する面積が比較的広く、定着率が高いことなどから、国内外でも選択されることの多い施術方法です。メスを使って頭皮ごと切り取るため、ライン上の傷跡が残る、術後の痛みや痒みが比較的長く続くなどのデメリットもあります。

男性型脱毛症「AGA」は、放置すれば進行するため、いかに早く受診して、治療を開始するかがとても重要になります。進行してから受診すると、脱毛部分が広いだけでなく、頭皮環境もかなり悪化していることがあるため、時間がかかるとともに発毛の可能性も低くなります。自毛植毛は、人工毛を使用する増毛とは違い、自分の髪の毛が発毛する実感をともなうものとなりますが、1回の施術で植毛できる本数には限りがあります。

■薄毛やハゲが進行すると費用が高くなる

 (28469)

薄毛やハゲは、言うまでもなく、進行状況によって脱毛部分の面積に違いがあります。移植に必要な健康な毛根を含む株数はグラフト数と呼ばれることもありますが、最も軽度のM字ハゲの場合、移植には、500株ほどグラフトが必要となります。その費用は60万円を超えるものになるのが一般的です。さらにハゲが進行すると、移植に必要なグラフト数が1500株ほどとなり、その費用は150万円前後となることがあります。

O字ハゲなどが進行し、後頭部まで薄毛やハゲが広範囲に広がっている場合は、移植に必要なグラフト数が2500株程度となり、その費用は200万円を超えるものとなります。このように、薄毛やハゲの進行の状況によって、移植に必要なグラフト数が増えるため、それに比例するように自毛植毛の施術費用が高くなっていくことになります。

進行性の脱毛症である男性型脱毛症「AGA」の究極的な治療法として自毛植毛手術を選択することができます。薄毛やハゲにはその形状によりさまざまな種類がありますが、進行すればするほど、移植に必要となるグラフト数が増え、費用も高くなるため、できるだけ、初期段階で施術を受けた方がいいと言えるでしょう。
15 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき