2017年6月28日 更新

ストレスが髪の毛が抜ける原因になる?ストレスが危険な理由!

人は、ストレスを感じると、食欲が急激に落ちたり、物事を前向きに考えられなくなったりするものです。仕事をミスしてしまって落ち込んでいる人に、慰めとユーモアを込めて「悩んでばかりいるとはげるよ」と声かけすることがあります。実際に、ストレスが抜け毛に及ぼす影響があるのかについて考えてみました。

44 view お気に入り 0

目次

■ストレスが体に及ぼす影響

 (28696)

人間だけでなくほとんどの動物は、体を環境に適応させて安定させるホメオスタシス(生体恒常性)という機能をもっています。そのために、自律神経で体の働きを調整し、内分泌でホルモン分泌を整え、免疫で外部から侵入する異物と対抗する力が必要となります。これらのバランスが整えられていることで健康に過ごすことができるのですが、これを狂わせてしまうものがストレスなのです。体を休養させることができない、仕事や人間関係がうまくいかない、などの他、失恋や家族の死、ペットロスや受験失敗など、あらゆる現象や事象がストレスの原因となってしまいます。
 (28698)

自律神経は、ストレスを受けると、緊張して体内の血管を収縮させます。血管が収縮すると血流が減少して血行が悪くなってしまうため、新陳代謝も妨げられてしまいます。内分泌も正常なホルモンバランスをとることができなくなり、体に害を及ぼす物質を多く分泌するとともに有害物質が体外に排出されにくくなります。また、ストレスが長く続くと免疫力や自己治癒力も低下してしまうため、風邪などの病気を引きやすくなるとともに治りにくくなるという体調の変化もあります。

■ストレスと抜け毛の関係

 (28701)

ストレスを受けると自律神経が乱れて血管が収縮します。頭皮に酸素や栄養分を運ぶ血液がうまく届かなくなってしまうため、髪の毛の成長が抑制されてヘアサイクルが乱され、成長途中の髪の毛が抜けたり、新しい髪の毛が育たなかったりして、抜け毛や薄毛の原因となることがあります。強いストレスで、食欲不振と同時に慢性的な睡眠不足になってしまう人も多くいます。睡眠不足は、疲れた体を回復させることができないだけでなく、夜10時以降のゴールデンタイムといわれる時間帯に分泌される成長ホルモンによって髪の毛の成長を促すこともできなくなります。

食欲不振や偏った食事によって、髪の毛を形成するタンパク質やその形成に必要となるビタミン類が不足するため、髪の毛が健康に育ちにくくなります。また、頭皮の血行も悪くなるため、皮膚が硬くなり、皮脂分泌もうまくできなくなって頭皮環境が大きく乱れることで抜け毛や薄毛の原因となります。

■ストレスによる抜け毛対策には

 (28704)

ストレスは、全身の血流を悪くすることによって、頭皮の血行も悪くなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。大なり小なり誰もがストレスを抱えており、全くストレスがないというのも緊張状態に欠けてしまうこともあります。その感じ方や体に及ぼす影響は人それぞれですが、ストレスによる血行不良を解消するためには、適度な運動が一番です。一日中、デスクワークで体をほとんど動かさず、目や頭ばかり酷使している人は、血行が悪くなりがちです。スポーツが苦手な人でも、軽いストレッチや散歩など、心のリフレッシュも兼ねられる軽い運動をするといいでしょう。

おいしい料理は、人の心を満たし、幸せにしてくれます。たまには、栄養バランスに配慮したおいしい料理をゆっくりと時間をかけてとるのもストレス解消になります。また、友人との楽しい時間や映画鑑賞、温泉や旅行など、特別な時間をつくることで心も体もリフレッシュすることができます。

■ストレスを解消しても抜け毛が治らないときは

 (28707)

ストレスは、ホルモン分泌にも大きな影響を与えます。男性ホルモンの一種であるテストステロンが過剰に分泌されることもあり、これが酵素の働きによって薄毛や脱毛を促すジヒドロテストステロンに変わってしまいます。遺伝や体質などとの関係もあり、ストレスだけが原因ではありません。しかし、ストレスによる一過性の円形脱毛症などとは異なり、ホルモン分泌を抑制しないと薄毛や脱毛が進行してしまう病気であるため、ストレスを軽減しても症状が進行するようであれば、AGA専門クリニックに受診する方がいいでしょう。

ストレスは、確かに抜け毛や薄毛の大きな原因となるものですが、生活習慣を見直したり、適度な運動、楽しい時間を設けたりすることによってストレスの軽減を図っても、状況が変化しないこともあります。男性型脱毛症「AGA」は、放置すると進行してしまうため、ストレスを解消しても抜け毛が治らない場合は、男性型脱毛症「AGA」を早目に受診して治療を開始することをおすすめします。

過度のストレスを受けると、自律神経や内分泌、免疫などがバランスを崩して体調を崩してしまうことが多いものです。血行不良が頭皮への栄養不足や環境悪化を促すこともあり、抜け毛や薄毛の原因となります。ストレスの軽減をすることが大切ですが、ストレスは直接関係のないホルモン分泌異常による男性型脱毛症「AGA」も考えられることから、場合によっては専門の医療機関に受診することも大切です。
14 件

この記事のキュレーター

マキノ マキノ