2017年6月28日 更新

洗髪では頭皮と髪の毛どちらをメインで洗うのが良いの?

毎日の洗髪は、頭皮や髪の毛を清潔に保つと同時に気分をリフレッシュするのにも効果的なものです。アウトドアで働いている人でなければ、それほど汚れていないような気もしますが、洗髪するときは、どのようなことに留意して、頭皮、髪の毛、どちらをメインとして洗うのがよいのか、などについて調べてみました。

17 view お気に入り 0

目次

■髪の毛や頭皮の汚れとは

 (28836)

一日中スポーツやレジャーなど屋外で活動していると、ごみやほこりをたくさんかぶり、大量の汗もかくので、髪の毛や頭皮がかなり汚れていることが想像できます。一方、デスクワークなどでほとんど室内でしか過ごさない場合は、それほど汚れてないと考えがちです。しかし、よく考えてみると、閉鎖された室内にもごみやほこりは存在し、行き場がないために空気中に常に浮遊しながら、次々に物に付着します。特に、何もしていないのに、自宅で掃除機をかけると思いもよらないごみやほこりが取れることは、よく経験されていることでしょう。
 (28838)

特に、髪の毛や頭皮が乾燥している場合は、ごみやほこりを付着しやすくなるため、雑菌が繁殖しやすい状態となります。また、反対に、頭皮の皮脂分泌が盛んで、常にべたついた髪の毛や頭皮の状態である場合も、脂でごみやほこりを取り込んでしまいます。髪の毛や頭皮は、常にごみやほこりが付きやすい環境にあることを理解して洗髪することが大切です。ただ、ごみやほこりは、その7割程度がシャンプーする前の予備洗いで落とすことができるため、ぬるま湯を使った予備洗いを入念に行うようにすることが大切です。

■正しいシャンプーの仕方

 (28841)

予備洗いごみやほこりなどの通常の汚れは、ほとんど落とすことができるため、シャンプーを使った洗髪は、頭皮の皮脂汚れを落とすことがメインとなります。髪の毛は、あまりゴシゴシ洗い過ぎると、摩擦やシャンプーの液剤によって、内部を保護する役割を果たしているキューティクルを剥がしてしまい、髪の毛のタンパク質水分が流れ出て、乾燥や傷みの原因となることがあります。

頭皮の皮脂汚れを落とすといっても、刺激を与え過ぎては逆効果になります。少量のシャンプーを手のひらで泡立たせて、全体に行き渡るようにした後に、指の腹を使って優しくマッサージするように洗います。時々、ツボ押しをするように指圧するのも頭皮の血行促進をよくするのに効果的でしょう。どんなに良い成分で刺激が少ないシャンプーでも、液剤が残ってしまっては、頭皮環境を悪化させてしまうことになります。シャンプーを使って洗う時間の倍ぐらいの時間をかけて、入念にすすぎをすることを心掛けましょう。

■使用するシャンプーにも注意が必要

 (28844)

髪の毛や頭皮の汚れや皮脂を取ることが目的であるシャンプーには、さまざまな種類があります。水と油を混ぜ合わせながら汚れを落とす性質のある界面活性剤が洗浄剤の基材として使用されており、その種類によって洗浄力や刺激、洗い上がりなどに差があります。皮脂分泌が多い男性は、毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除きたいために、洗浄力が強いシャンプーを選ぶことが多いものです。市販されているシャンプーのなかで最も洗浄力が強いと言われているのは、ラウレル硫酸ナトリウムなどが成分として含まれている高級アルコール系シャンプーです。

高級アルコール系シャンプーは、洗浄力が強く、泡立ちもいいので、シャンプーの使用満足度は高いものとなります。しかし、洗浄力が強いと同時に頭皮や髪の毛に与える刺激が強いため、場合によっては大きなダメージを与えることにもなります。皮脂をよく落としてくれますが、頭皮を保護し雑菌の繁殖を抑制する働きのある皮脂まで剥がしとってしまうため、頭皮が乾燥しすぎたり、失われた分の皮脂を補おうと逆に皮脂が過剰に分泌されてしまったりすることもあるため、注意が必要です。洗浄力、刺激ともにマイルドなものを選ぶようにするといいでしょう。

■シャンプーのタイミングも大切

 (28847)

シャンプーが頭皮や髪の毛に与えるダメージを考慮して、医師のなかには、シャンプーは1週間や1ヵ月のサイクルで行うべきと唱える方もいます。実際、海外では毎日シャンプーする習慣がある人は少ないようです。しかし、1日洗髪しないと、それだけで頭皮がべたつき、痒みがでる人も多く、毎日のシャンプーは欠かせないというのが一般的でしょう。シャンプーは、そのやり方やシャンプーの成分の選び方も大切ですが、シャンプーするタイミングも大切なことなのです。

出勤前に髪の毛をセットしなければならないからと、朝シャンが習慣になっている方も多いでしょうが、朝よりも就寝前にシャンプーすることが大切なのです。夜10時~明け方2時頃までは、成長ホルモンが盛んに分泌されるゴールデンタイムと呼ばれる時間帯になります。髪の毛の成長にとっても大切な時間となりますが、その時に毛穴に皮脂汚れが詰まっていたり、頭皮が健やかに保たれていなかったりすれば、効果が半減してしまいます。毎日のシャンプーは、就寝前までに済ませるようにしましょう。

髪の毛や頭皮は、屋外でスポーツやレジャーをしているときだけでなく、室内のデスクワークでも多くのごみやほこりを付着させています。毎日就寝前のシャンプーが不可欠となりますが、汚れはほとんど予備洗いで落とせるため、シャンプーを使った洗髪は、頭皮の皮脂汚れを落とすことがメインとなります。髪の毛や頭皮にダメージの少ない洗浄力、刺激ともに低いものを選ぶことが大切です。
14 件

この記事のキュレーター

諸貫 和良 諸貫 和良