2017年6月28日 更新

髪の毛が伸びるスピードをあげれる便利な薬は存在するの?

抜け毛や薄毛が気になり始めると、早く髪の毛が伸びて地肌が目立たなくならないかと願うことがあるでしょう。市場ではさまざまな育毛剤が販売されていますが、髪の毛が伸びるスピードを早められる薬は存在するのでしょうか。

42 view お気に入り 0

目次

■発毛を促す薬はあっても、髪の毛を早く伸ばす薬はない

 (28486)

毛生え薬を発明すればノーベル賞を受賞できると昔からよく言われているように、長年の研究にも関わらず、速効性のある発毛剤はいまだに開発されていません。現時点では、科学的にもその効果が実証されており、世界的にも実用化されているAGA治療薬として、プロぺシアミノキシジルがあり、AGA専門クリニックなどでの治療に用いられています。プロペシアは、男性ホルモンが酵素5α リダクターゼと結合することによって脱毛を促進する物質に変化することによって男性型脱毛症「AGA」が起きることから、5α リダクターゼの働きを阻害することを目的として使用されるものです。
 (28488)

ミノキシジルは、血管を拡張して血流をよくし頭皮への酸素や栄養分が届きやすくすることを目的としており、その結果、髪の毛の成長に関する細胞が活性化されるものです。このように、脱毛している部分に発毛を促すことについては、さまざまな研究がんされており、効果が現れるものも開発されていますが、現時点では、髪の毛が伸びるスピードを上げるための薬は開発されていません。

■抜け毛や薄毛の原因を逆手にとる

 (28491)

薬を飲んだり、外用薬として塗布したりすることで、髪の毛の伸びるスピードを早くすることはできません。しかし、髪の毛が十分に成長しないことが原因として抜け毛や薄毛が起きることを考えれば、それを逆手にとって十分なケアを行えば、髪の毛の成長を促すことができ、少なくとも髪の毛の成長が遅くなることはないと言えるでしょう。もちろん、ホルモン分泌異常が原因の脱毛症である男性型脱毛症「AGA」の場合は、AGA専門クリニック発毛を促すことから始める必要があります。

薄毛や抜け毛の原因にはさまざまなものがありますが、やはり一番大きな影響を与えるのが栄養不足でしょう。髪の毛は、ケラチンをはじめとしてタンパク質の元となるアミノ酸が主成分としてつくられています。健康で太いコシのある髪の毛に成長させるには、頭皮や髪の毛に十分な栄養分を行き渡らせることが最も大事なこととなります。タンパク質には、動物性、植物性の2種類がありますが、どちらもバランスよく摂ることが大切です。また、タンパク質だけ摂取してもその吸収をサポートするビタミン亜鉛なども必要となるため、バランスのよい食事が髪の毛を成長させるための大切な条件となります。

■嗜好品に傾った生活を改める

 (28494)

栄養不足とともに髪の毛の成長を妨げる要因として血行不良があります。栄養のバランスに気を付けて摂取しても、その栄養分がきちんと頭皮や髪の毛に届けられないと意味がありません。それを運んでくれるのは、血管の中を通って体中のまんべんなく巡る血液です。血液の巡りが悪くなれば、髪の毛の成長に必要な栄養分が届けられないだけでなく、老廃物や有害物質を排出することもできなくなります。血行不良を起こす要因は嗜好品にも多くみられます。

喫煙には、ニコチンやタールなどの有害物質が体内に取り入れられるだけでなく、血管を収縮して血流を悪くする作用があります。また、百薬の長といわれるお酒も度を過ぎて摂取すると、その分解に酸素や栄養分が大量に消費されることとなり、頭皮や髪の毛に届けられる栄養分などが少なくなってしまいます。お酒と一緒に揚げ物などの脂っこいつまみを食べることも多くなりますが、体内に過剰に摂取された脂肪は、中性脂肪として蓄積されると同時に頭皮からも皮脂として分泌されます。頭皮環境を悪化させて髪の毛の成長を阻害するため注意が必要です。

■ストレスやヘアケアにも注意

 (28497)

過度なストレスを受けると、自律神経やホルモン分泌のバランスが乱れて、血管が収縮し、血行が悪くなります。ストレスが原因の円形脱毛症も、頭皮の血の巡りが悪くなり、頭皮が硬くなって生じるものともいわれています。適度な運動やリラックスタイムを設けて、ストレスの軽減に努めることも髪の毛の成長を促すことにつながると言えるでしょう。

頭皮環境の悪化が髪の毛の成長を阻害する要因になるからといって、シャンプーをやり過ぎるのも逆効果となります。泡立ちがよく洗浄力が高いシャンプーは、頭皮を保護するのに必要となる皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮が乾燥したり、逆に過剰に皮脂が分泌されたりして、髪の毛の成長を阻害することになりかねません。また、シャンプー後にドライヤーを長時間使うことも髪の毛や頭皮にダメージを与えることになります。

発毛を促すAGA治療薬には、世界的にその効果が認められているものが存在しますが、現時点では、髪の毛の伸びるスピードを早くする薬はありません。髪の毛の成長を阻害する要因を取り除けば、伸びるスピードが遅くなることはないため、いろいろと試してみるといいでしょう。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき