2017年6月28日 更新

保健適応の育毛・薄毛対策はあるのか?

抜け毛や薄毛の悩みを本気で解決しようと考えているならば、《育毛サロン》や《カツラ》などを使った増毛ではなく、《男性型脱毛症「AGA」》を専門に治療している《AGA専門クリニック》を受診するのが一番です。治療費は【保険適用外】となるため高額になると言われていますが、【健康保険証】を提示することで安くなる対策はあるのでしょうか。

30 view お気に入り 0

目次

■男性型脱毛症「AGA」の原因

 (28626)

M字ハゲO字ハゲ生え際の後退など、薄毛やハゲにはさまざまな種類があります。その原因には、食習慣や生活習慣の乱れストレス血行不良誤ったヘアケアなど、さまざまなものが考えられますが、最も多いのが男性型脱毛症「AGA」です。これは、男らしさや生殖機能との関係が深い男性ホルモンテストステロンが、分泌されて血液によって頭皮に運ばれ、酵素5α リダクターゼと結合して毛母細胞を委縮させて発毛を阻害する男性ホルモンジヒドロテストステロンに変化することによって起きることが明らかになっています。
 (28628)

ジヒドロテストステロンアンドロゲンレセプターと結合すると脱毛因子であるTGF-βが活性化され、脱毛を促す指令を出すタンパク質であるFGF-5に伝達されることによって、脱毛が促されます。このため、成長期、対抗機、休止期という正常なヘアサイクルが乱され、成長期を極端に短縮して成長しないままに抜け毛が起きたり、新しい発毛が阻害されたりすることになるのです。

■男性型脱毛症「AGA」の治療

 (28631)

男性型脱毛症「AGA」の治療はAGA専門クリニックで行われています。脱毛専門外来などのある皮膚科でも受診、治療が可能ですが、皮膚疾患を主に扱う医療とともに行われるため、治療方法の選択の幅の制限や医師の経験や知識の不足なども考えられるため、専門的に男性型脱毛症「AGA」を取り扱う機会の多いAGA専門クリニックがおすすめです。AGA専門クリニックでは、まず、カウンセリング血液検査によって生活環境の把握やホルモン分泌量の測定などを行ってから治療方針を決定します。

世界的に発毛効果が認められている、プロペシアミノキシジルを外用薬、内服薬として処方したり、メソセラピーハーグ療法などによって、頭皮に、発毛効果が有効成分や人の幹細胞から採取した成分などを直接注射したり、などのさまざまな治療方法のなかから、個人の体質や進行状況などに合わせて選択することができます。また、95%以上の定着率あると言われる自毛植毛手術という究極的な施術方法を選ぶこともできます。

■AGA治療の保険適用

 (28634)

日本には、病気やケガをした時に、健康保険証を使って実際に治療や処方薬剤にかかる費用の2割~3割程度の負担となる優れた医療保険制度が確立されています。アメリカでは任意保険に自分へ加入しないと驚くほどの医療費がかかることが知られており、安心して医療を受けられる日本はとても恵まれていると言えます。しかし、男性型脱毛症「AGA」などのAGA治療は、健康保険が適用できないとされており、例外は認められていません。

一般的に、日本の医療保険制度は、生命の危機に直結するものをはじめとして、健康を阻害する病気やケガの治療に適用されるもととして定められています。美容整形インプラントレーシックED治療などと同様にAGA治療も生命や健康を脅かすものとはいえず自由診療が基本となっています。薄毛やハゲは、大きなコンプレックスを与え、ストレスの原因にはなりますが、治療をしなくても生命や健康を維持するのには支障がないという判断がなされているためです。

■本気で抜け毛・薄毛対策をするのなら

 (28637)

男性型脱毛症「AGA」AGA専門クリニックで治療するには、保険適用外であるため、高額な費用がかかります。しかし、育毛サロンで頭皮環境を整えるだけでも、複数回の施術コースで何十万円もかかりますし、ウィッグカツラを購入する場合には百万円単位の費用がかかります。それらを何年も継続していきながらも、薄毛やハゲの根本的な問題にはならないことを考えると、どちらが本当に得なのかという選択になることでしょう。

最もリーズナブルに薄毛対策や育毛をしたいのであれば、市販の育毛剤などのヘアケア商品を購入して使用するという方法もありますが、配合されている成分の効能は、AGA専門クリニックで処方される薬剤とは全く違うものであることを理解しておく必要があります。

薄毛やハゲで悩む日本人の多くは、男性型脱毛症「AGA」であると言われています。ホルモン分泌異常が主な原因となるため、根本的に治療するには、AGA専門クリニックでの治療が一番です。AGA治療は、保険適用外でそれなりの費用がかかりますが、それ以上の費用を育毛サロンの施術やカツラの購入にかけるのなら、自毛発毛が期待できる方に投資した方がいいのではないでしょうか。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき