2017年6月28日 更新

静電気が髪の毛に悪い影響!

少し寒い時期なると、服を脱いだり、部屋のノブや車のドア、エレベーターのボタンなどに触ったりするだけで「パチッ」と体に痛みを感じる《静電気》。時には、人と接触することでも起きてしまう不快感極まりないものです。この《静電気》が髪の毛にも悪い影響を与えると言われていますが、《静電気》が起こる仕組みや髪の毛へ影響などについて考えてみました。

292 view お気に入り 0

目次

■静電気が起こる仕組みとは

 (29007)

人間だけでなく周りに存在するほとんどの物は、プラスとマイナス、両方の電気を持っています。帯電と放電を繰り返すことでバランスをとっており、電気を持っていることで通常の生活で支障が起こることは通常はありません。また、プラスとマイナスでは性質が異なり、通電して電球をつけたり、物を動かしたりするのにはマイナスが使用され、プラスはその移動をサポートしています。一方、物には、通電するものと帯電するものがあり、電気を通しやすい物は、放電や帯電を自由に行うことができます。しかし、電気が通りにくい物は、自ら電気を放つことなく帯電します。
 (29009)

帯電している物から、移動しやすいマイナスの電気が放電されることによって起こる現象静電気です。秋から冬にかけては、空気が乾燥する季節となり、空気中の水分を使って放電することが難しくなります。体の80%が水分であると言われている人間は、帯電しやすくなる乾燥した時期に、蓄積されたマイナスの電気を帯びたドアノブなどを触ることによって、体の中に帯電されたプラスの電気が反応して静電気という現象が起きるのです。

■なぜ髪の毛に静電気が起きるのか

 (29012)

人間の体のなかで帯電されたプラスの電気が、マイナスの電気を帯電している物に触れることによって起こる静電気は、放電の強さの違いはあっても体の各部分で日常的に起こっている現象です。しかし、髪の毛に静電気が起きると、顔にまとわりついたり、セットが決まらなかったりしてイライラしてしまいます。静電気が起きる条件に乾燥が深く関係していることから、髪の毛に静電気が頻繁に起こるということは、髪の毛や頭皮が乾燥してダメージを受けていると考えることができるでしょう。髪の毛同士で摩擦し合ったり、ブラッシングのときパチッとなったりするのは、プラスに帯電した髪の毛がマイナスの電気を引き寄せて放電しているからです。

健康な髪の毛の水分量は11%~13%と言われていますが、髪の毛が傷んで乾燥していると保水力を維持することができずに、髪の毛の水分やたんぱく質などが流れ出してしまいます。つまり、静電気が頻繁に起きる髪の毛は、栄養分や水分が失われてしまうことで、ヘアサイクルが乱され、枝毛や抜け毛が起きやすくなってしまうのです。気温だけでなく湿度も低下する冬の時期は、暖房によってさらに水分が奪われるため、髪の毛が帯電しやすくなります。

■静電気が髪の毛に及ぼす影響

 (29015)

静電気が起きやすい季節は、頭皮部分よりも毛先に水分や栄養分が不足しがちとなり、毛先がこすれたり、絡んだりすることで枝毛や抜け毛が発生しやすくなります。また、静電気は髪の毛だけでなく、頭皮にもダメージを与えることになります。帯電している頭皮は、空気中に浮遊するゴミやホコリのマイナス電気を引き寄せることによって汚れを吸着しやすくなり、頭皮を清潔に保つことができなくなってしまうのです。頭皮の乾燥により、頭皮の常在菌マラセチア菌の働きが低下しているところに、外部からさまざまな菌が侵入してくることで頭皮環境が大きく乱れてしまいます。

静電気によって頭皮が乾燥するだけでなく、菌の影響を浮けてしまうことで、痒みやフケが生じるとともに、血行が悪くなり、髪の毛を十分に成長させる力が低下します。毛母細胞にもダメージを与えて、新しい髪の毛の再生やヘアサイクルに則った自然の抜け毛が促されなくなり、抜け毛や薄毛、ハゲの原因になってしまうこともあると言えるでしょう。

■髪の毛の静電気対策に何をすればいいのか

 (29018)

髪の毛に起きる静電気を除去するには、どうすればいいのでしょうか。第一に、乾燥が大敵となるため、部屋の加湿や髪の毛や頭皮を適度に保湿することが大切です。また、濡れた髪のままブラッシングすると、髪を保護するキューティクルを剥がしてさらに水分や栄養分を失うことになるので注意が必要です。シャンプーの回数を減らすことで、頭皮や髪の毛の乾燥を防ぐこともできるため、控えてみるのもひとつの方法と言えます。

髪の毛や頭皮に十分な栄養が行き渡るように、バランスのとれた食事や規則正しい生活習慣にも配慮することが必要です。特に、睡眠時間を十分にとって、頭皮や髪の毛に分泌される成長ホルモンの恩恵を受けられるようにしましょう。

静電気は、体に帯電したプラスの電気が、空気中の乾燥などによってマイナス電気を帯電した物に触れることによって起きる現象です。髪の毛が乾燥して傷んだ状態になると静電気が生じやすい状態になるため、加湿や保湿を心掛け、頭皮環境が悪化して抜け毛や薄毛が起きないように注意することが大切です。
14 件

この記事のキュレーター

諸貫 和良 諸貫 和良