2018年12月25日 更新

頭皮の湿疹が治らない!主な5つの原因と対処方法について

毎日しっかりとシャンプーを行っているのにも関わらず、頭皮が痒くなったり、フケが発生したり、頭皮が赤くなったりと、頭皮湿疹の症状に悩まされていませんか? 頭皮湿疹で悩まされている方は多くいます。 しっかりと頭皮のケアを行っているのに、頭皮湿疹が治らないのはなぜなのでしょうか?頭皮湿疹の主な原因と、自分自身で行える頭皮湿疹の対処方法についてご紹介しておりますので、参考にして頂ければと思います。

44 view お気に入り 0

目次

毎日しっかりとシャンプーを行っているのにも関わらず、頭皮が痒くなったり、フケが発生したり、頭皮が赤くなったりと、頭皮湿疹の症状に悩まされていませんか?

頭皮湿疹で悩まされている方は多くいます。

しっかりと頭皮のケアを行っているのに、頭皮湿疹が治らないのはなぜなのでしょうか?頭皮湿疹の主な原因と、自分自身で行える頭皮湿疹の対処方法についてご紹介しておりますので、参考にして頂ければと思います。

頭皮湿疹とは何?

 (33354)

頭皮湿疹とは、皮脂が過剰に分泌されて、マセラチア菌という菌が多く繁殖してしまうことで起きる皮膚炎になります。

大きめの塊のようなフケは発生したり、ひどくなると頭皮にかさぶたができて、湿疹や激しいかゆみを伴うようになります。

頭皮にできたかさぶたを剥がすことによって、さらに悪化する恐れがあります。 出来る限り、ひどい状態のかさぶたができる症状の前に対処することをおすすめします。

頭皮の湿疹の主な5つの原因について

 (33357)

頭皮湿疹には様々な原因がありますので、頭皮がかゆい症状・フケが出る症状・頭皮の匂いが気になるなどといった頭皮のトラブルはなぜ起きてしまうのか、見ていきましょう!

頭皮湿疹の原因について5つのものをご紹介しておりますので、自分自身の症状と見比べてみましょう。

脂漏性皮膚炎が原因

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌と呼ばれる菌が発症に大きく関わっていると考えられています。 マラセチア菌は皮脂をエサにしていますので、皮脂が多くなりますとマラセチア菌が大量に繁殖してしまうのです。

頭皮や顔など皮脂分泌の多い場所を中心として症状が現れるものです。また脂漏性皮膚炎の症状に関しては変動することがありまして、冬の乾燥やストレスなどによって症状が悪化することが言われています。

自然に脂漏性皮膚炎が改善することもありますが、慢性的に経過することもあります。自然に改善するだろうと言う考えで放置するのは良くありませんので、下記の方で記載している脂漏性皮膚炎の対処法について確認しておきましょう。

膿痂(のうか)湿疹が原因

細菌などの感染により表皮内で化膿を起こして、かさぶたなどができてしまう状態のことを言います。いわゆる「とびひ」とも言います。

最近の感染ということで、ひどい症状でなくても、激しいかゆみに襲われます。かさぶたができている頭皮が痒くなりますが、誤ってかさぶたなどを剥がした場合は、その部分からまた新たに細菌が入ってしまい感染してしまいますので注意してください。

また、膿痂(のうか)湿疹というのは、フケが分厚い状態になりますので、出来る限り早めに対処する必要があります。 少しでも膿痂(のうか)湿疹の疑いがある場合はすぐに病院に行って、薬を処方してもらいましょう。

アトピー性皮膚炎が原因

アトピー性皮膚炎というのは、様々な要因が組み合わさって発症するものです。

・皮膚のバリア機能の低下
・遺伝
・環境
・精神
・物理的な刺激

このように様々な要因が組み合わさって発症するのがアトピー性皮膚炎になります。

体の様々な部分に痒みを伴い、 赤みを帯びたり、ぶつぶつができたり、かさつきを伴うこともあります。このような症状は、徐々に良くなり、また悪くなりという風に繰り返すと言われています。主に冬と夏に発症しやすいのです。乾燥と汗が原因で悪化する傾向にあります。

アトピー性皮膚炎ということですので、頭皮だけが痒いというわけではなく、身体全身にその症状が現れますので、もしアトピー性皮膚炎の場合はすぐに気づくことができるのではないでしょうか。

接触性皮膚炎が原因

身の回りにあるほとんどの物質が原因で発症するのが接触性皮膚炎になります。

・化粧品
・ヘアケア用品
・アクセサリー
・香水
・腕時計
・衣類
・洗剤
・植物
・動物
このようなものが皮膚に接触して、それらが刺激やアレルギー反応となり、かゆみを伴う湿疹が起こります。この症状は「かぶれ」とも言われています。

接触した部分の皮膚に紅斑(こうはん)が現れて、ひどくなるとその皮膚が腫れ上がったり、小水疱(しょうすいほう)が現れる場合もあるようです。

頭皮の接触性皮膚炎で一番多い原因としては、「毛染め」が大きく関係しているようです。どうしても髪の毛を染める時に、液体が頭皮に付着してしまいますので、その関係で接触性皮膚炎が起きてしまう人もいます。

その他には毎日使用しているシャンプーやワックスなどが原因で発症するかと思います。シャンプーに関しては必ずしっかりと洗い流すことを意識していきましょう!

皮脂欠乏性皮膚炎が原因

皮脂欠乏性皮膚炎は、皮膚の脂が減少することにより、皮膚の水分がなくなり、乾燥をしてしまう皮膚炎になります。

空気が乾燥し始める秋から冬にかけて症状が起こり始めて、夏の季節になるにつれて自然に治ったりする方もいるようです。

自分自身でできる頭皮湿疹の対処法について

 (33370)

自分自身で頭皮湿疹のケアを行えるのであれば、病院に行かず自分自身でケアしていきたいと考えている方は少なくないかと思われます。

そのような方々のために、自分でできる頭皮湿疹の対処法についてご紹介していきます。

あくまでも対処法になりますので、頭皮湿疹が完治するわけではありませんので、完治させたい場合は病院で診てもらい、自分の症状にあった薬を処方してもらいましょう。

また、全ての頭皮湿疹に言えることですが、「生活習慣」をしっかりと整えることにより、症状が徐々に改善されたり、 皮膚の状態を整えることができると言われています。

それでは、頭皮湿疹の対処方法を見ていきましょう!

脂漏性皮膚炎の対処法

脂漏性皮膚炎の場合、頭皮にかさぶたができてしまうことがあります。そのかさぶたを剥がしてしまうことにより、細菌が入り込み感染してしまう恐れがあります。

かさぶたは自然に剥がれるのを待つことが大切です。 脂漏性皮膚炎は慢性化しやすい病気になりますので、完治したからといって、今まで行なっていたケアを怠ってはいけません。

また、頭皮に刺激の少ないシャンプーを使用するとひどくなるのを抑えることも可能です。その他には生活習慣を見直し、睡眠・食事などを正しい状態にしていきましょう。

アトピー性皮膚炎の対処法

アトピー性皮膚炎の場合、バリア機能が弱い肌に起こりやすい傾向がありますので、肌を保湿することを意識して生活するようにしましょう。

肌に強い刺激や洗浄力のあるシャンプーを使用してしまうと、元々弱い肌が荒れてしまう恐れがありますので、シャンプーにもこだわていきましょう!

激しい痒みを伴う症状がありますので、我慢できずに掻きむしったりしてしまった場合は、さらに悪化することが考えられますので、病院で診てもらうようにしましょう!

接触性皮膚炎の対処法

一度使用して何らかの反応が起きてしまっているシャンプーや毛染めなどに関しては、必ず使用を中止してください。 一時的に起こっているかゆみの症状であれば、すぐにかゆみの症状は治ります。

毎日行なっているシャンプーですが、シャンプーした後のすすぎ洗いの際、完全にシャンプーを洗い落とせてないと、残っている洗剤などが頭皮に刺激を与えてしまう恐れがありますので、必ずシャンプーをした際はしっかりと洗い流すことを意識しておきましょう。

皮脂欠乏性皮膚炎の対処法

皮脂欠乏性皮膚炎は、乾燥による肌のバリア機能が失われている状態となっていますので、頭皮を保湿したり、過度な洗髪を行わないようにすることで皮脂欠乏性皮膚炎の予防を行うことができます。

皮脂が欠乏している皮膚炎になりますので、シャンプー後のすすぎ洗いの際、お湯の温度が高い状態ですと、残っている皮脂も洗い流してしまうことになりますので、髪の毛を洗う際はぬるま湯でしっかりと洗い流すよう意識しましょう。

自分自身に合う化粧水、頭皮専用の化粧水などを使用して、頭皮のケアを行なっていきましょう。

頭皮湿疹のかゆみなどに効果的な市販薬とは

 (33381)

頭皮湿疹に効果的と言われている市販で販売されている薬をご紹介していますので、参考にして、気になる薬がありましたら購入して試してみてはいかがでしょうか。

・メンソレータム メディクイック Hゴールド30【1,200円】

6つの有効成分配合で痒くて辛い頭皮の湿疹の炎症を抑える。 髪の毛で覆われた頭皮にも手を汚さずになった狙った患部に届く設計のダイレクト容器になっています。

・池田模範堂 ムヒHDm【1,200円】

しみることのない優しい使い心地にこだわっている。頭皮のかゆみを素早く止めて、炎症をしっかり沈める。かゆみ、湿疹のほか、皮膚炎、かぶれ、あせも、蕁麻疹、虫刺されにも効果的です。

・ラクピオンHスプレー 30mL【637円】

患部に直接スプレーするステロイドのかゆみ止め。狭い角度でも使用することができる。

まとめ

頭皮湿疹に関する情報をご紹介させていただきました。

頭皮湿疹で考えられる原因としましては5つの原因があり、それぞれの症状や対処方法について紹介しております。ひとつひとつ異なる症状になっていますので、自分自身の症状と見比べながらご確認していただければと思います。

最後の方では、市販の薬で頭皮湿疹に効果があると言われている商品を3つご紹介させていただいておりますので、市販の薬を使用してみようと考えている方は参考にしてください。
33 件

この記事のキュレーター

中嶋 中嶋