2017年6月28日 更新

【違いは何!?】ハゲやすい人、ハゲにくい人

同じ年齢、あるいは、自分の方がずっと年下なのに、薄毛やハゲのためにふけて見られることはよくあります。一方、自分よりも年上なのに、たっぷりフサフサの髪の毛がある方もいます。この違いは一体何なのでしょうか。ハゲやすい人、ハゲにくい人の違いについて考えてみました。

70 view お気に入り 0

目次

■食事に気を付けている人とそうでない人

 (28570)

薄毛やハゲの原因には、さまざまなことがあることが知られています。そのひとつに食習慣の乱れがあります。漢方の世界では、髪の毛のことを血餘と呼び、体の隅々まで酸素や栄養分を届けた血液が余ったものが髪の毛になったものという考え方があります。髪の毛が成長するための酸素や栄養分が十分に頭皮まで届けられないと、正常な発毛が促されないということであり、血流や血行が大きな影響を与えるということがわかっています。
 (28572)

髪の毛は、そのほとんどがタンパク質でできており、タンパク質やその吸収をサポートするビタミン亜鉛などが不足すると抜け毛や薄毛が起こるとされています。バランスのとれた食事を摂ることが大切で、現代人にありがちな揚げ物やジャンクフードなどに偏った食生活が薄毛やハゲの原因となることをよく理解しておかなければなりません。特に、脂性食品を多く摂る傾向がある人は、頭皮の皮脂分泌が過剰となり、頭皮環境を悪化させてしまうことにも配慮が必要です。

■喫煙や過度の飲酒をする人とそうでない人

 (28575)

喫煙をすると、血管が収縮し、血流が悪くなります。頭皮のすぐ下には、毛母細胞と直結する毛細血管があり、血流が滞ることで十分な酸素や栄養分が届けられなくなり、薄毛やハゲの原因をつくることとなります。一方、過度の飲酒も影響が大きいことが知られています。体内に摂取されたアルコールは、肝臓で分解されることによって毒性が排除されます。その過程で、髪の毛を形成するアミノ酸やその吸収をサポートする亜鉛などが大量に消費され、そのことが薄毛やハゲの原因になってしまうのです。

アルコールを分解するために血中に放出されたアセトアルデヒドは、血液中の酸素や栄養分を大量に消費してしまうため、本来、頭皮まで届くはずだった酸素や栄養分が届かず、髪の毛の成長を阻害してしまうことにもなります。また、飲酒する際には、つまみとして、脂っこいものや塩分の高い物を摂取することが多くなり、これも正常な血流や血行を阻害する要因となってしまいます。

■正しいシャンプーをしている人とそうでない人

 (28578)

正しいヘアケアというと、洗浄力の高いシャンプーでゴシゴシと皮脂汚れを洗い流すイメージがある方が多いかもしれません。しかし、よかれと思って毎日行っているヘアケアが実は、薄毛やハゲの原因になっているということもあるのです。シャンプーは、本来、ぬるま湯を使った予備洗いで、ごみやほこりなどをほとんど落とした後に、頭皮の皮脂汚れを取ることを目的としています。毛穴に皮脂汚れが詰まると、髪の毛の成長に影響を及ぼすことはよく知られていますが、逆に、頭皮の皮脂の取り過ぎが頭皮環境を悪化させてしまうことについては、あまり知られていません。

健康な状態でも、頭皮には皮脂が分泌されています。これは、頭皮を覆う保護クリームのようなもので、外部からの菌の侵入や刺激から守るためのものです。洗浄力が高すぎるシャンプーを使用すること、この頭皮環境の維持に必要な皮脂まで剥がしてしまうこと、頭皮や髪の毛に大きな刺激を与えてしまうことなどによって、薄毛やハゲの原因となってしまうことがあるのです。洗浄力や刺激の低いシャンプーで、すすぎをよくすることが大切です。

■男性ホルモンの分泌が多い人とそうでない人

 (28581)

男性ホルモンは、男らしさや生殖機能と深い関りがあるもので、なくてはならないものです。しかし、この男性ホルモンの一種であるテストテロンは、体内の酵素5α リダクターゼと結合することによって、脱毛を促す強力な男性ホルモンジヒドロテストステロンに変化してしまい、男性型脱毛症「AGA」の原因となることが知られています。

血液中のジヒドロテストステロンの量は、人によって異なります。よく親や親族に薄毛やハゲの人がいるとハゲが遺伝すると言われることがありますが、それはこの男性ホルモンの分泌が多い体質が遺伝するということです。ホルモン分泌による薄毛やハゲは生活習慣やヘアケアの改善だけでは解決できるものではないため、早目にAGA専門クリニックを受診することが望まれます。

食習慣や生活習慣の乱れ、ストレスや睡眠不足、誤ったヘアケアなどが薄毛やハゲに大きな影響を与えることが明らかになっているため、それらに配慮するかしないかでハゲやすい人、ハゲにくい人に分かれてしまうこともあります。また、男性ホルモンの分泌量が与える影響も大きく、病院での治療が大切になることもあります。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき