2018年6月18日 更新

パーマをかけると抜け毛が増えた!何が原因で毛が抜けるの!?

抜け毛や薄毛、ハゲで悩んでいる人に話を聞いてみると若い頃から長い間パーマをかけていたという人が結構な割合でいるようです。薬品で化学反応を起こして髪の毛をカールさせたり、ストレートにしたりするわけなので、何らかの影響はあると考えられますが、パーマで抜け毛が増えるとすれば、一体、何が原因となるのでしょうか。

1,928 view お気に入り 0

目次

■現代社会で増える抜け毛や薄毛

 (28794)

抜け毛や薄毛の原因にはさまざまなものが考えられます。偏った栄養バランスストレス不規則な生活習慣ヘアケア不足など、現代人の忙しい生活のなかで、陥りやすい悪習慣がたくさんあります。特に、SNSツールゲーム機器などが広く普及していることによって、仕事や学校が終わった後の深夜に、自分の時間を楽しむことも多くなっており、就寝時間が遅くなり、毎日寝不足気味という方も少なくありません。抜け毛や薄毛の対策を本気で始めるのであれば、生活習慣の改善は必須と言えるでしょう。
 (28796)

また、日本人男性の1,000万人以上が男性型脱毛症「AGA」で悩んでいるとも言われています。男性型脱毛症「AGA」は、男性ホルモン分泌に関わる進行型脱毛症であるため、生活習慣の改善だけでは、薄毛やハゲを食い止めることができないものです。抜け毛や薄毛、ハゲの発症年齢や進行スピードは、体質などによっても個人差が大きいため、早目に専門の医療機関であるAGA専門クリニックを受診することをおすすめします。

■ヘアスタイルも抜け毛や薄毛の原因のひとつ

 (28799)

現代は、男女を問わず、ファッションとともにヘアスタイルを自由に楽しむ人が増えています。個性を主張するために思い思いのヘアスタイルにチャレンジすることがありますが、そのヘアスタイルが抜け毛や薄毛の原因になってしまうことがあります。例えば、髪の流れをつくるための分け目が常に同じである襟足の髪をいつもきつく束ねている髪を固めるために常に強力なヘアスタイリング剤をつけているなどは、同じ場所に負荷がかかって抜け毛が増えたり、脂分が多い成分によって頭皮環境が悪くなって脱毛したりすることにつながります。

最近は、女性だけでなく、男性もパーマカラーリングブリーチといった美容サロンでの施術を活用してさまざまなヘアスタイルを楽しんでいます。しかし、持って生まれた真っすぐな黒髪を薬液や機器を使って加工して仕上げるため、髪の毛や頭皮に影響を及ぼすことは否定できません。特に、頻繁に繰り返して施術を受けるとダメージが大きくなり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうことを理解しておく必要があります。

■パーマの仕組み

 (28802)

生まれつき直毛の方が髪の毛にウェーブをかけるために美容院などで施術されるのがパーマです。ロットとよばれるものに髪の毛を巻きつけて髪の毛をカールさせますが、その過程で、カールさせるためのⅠ液とカールを固定させるためのⅡ液の2種類のパーマ液を使用します。Ⅰ液は、髪の毛を保護しているキューティクルを剥がし、髪の毛の成分であるアミノ酸(シスチン)を分解して髪の形を変える働きがあるアルカリ性の薬液です。Ⅱ液は、分解されたアミノ酸(シスチン)を再構成して髪の毛の形を固定する酸性の薬液です。

強アルカリ性のⅠ液は、チオグリコール酸アンモニウム塩などの成分を含んでおり、弱酸性の頭皮上で髪の毛に強い化学反応を起こすことによって髪の毛の組織を一時的に破壊します。また、酸性のⅡ液は、臭素酸ナトリウム臭素酸カリウムなどの成分を含む薬液で髪の毛の組織を再結合させます。パーマをかけた経験がある方は、鼻にツンとくる強烈な臭いピリピリとした頭皮の刺激をご存知でしょう。パーマ液が原因で湿疹や炎症、かゆみやフケ、皮膚炎などを起こす人も少なくありません。

■パーマが頭皮に及ぼす影響

 (28805)

パーマには、化学反応を起こすために強い薬剤を使用するため、繰り返すうちに髪のコシがなくなり、細くなってしまいます。また、頭皮が薬液によって傷み、頭皮環境が悪化することによって、抜け毛や薄毛につながるだけでなく、皮膚の弱い人は、皮膚炎などを引き起こすこともあります。頭皮が炎症を起こすと一時的に脱毛状態となり、その状況が悪化することによって慢性的な脱毛症となる可能性もあります。

パーマ後は、頭皮がとても敏感な状態になっており、シャンプーなどのちょっとした刺激でも頭皮が炎症を起こしてしまうことがあります。また、シャンプーの種類や使用量によっては、頭皮の皮脂が過剰に奪われて乾燥した状態となり、抜け毛や薄毛を進行さることもあります。

パーマは、特に直毛の人にとって、髪の毛のボリュームをアップさせたり、自由自裁なスタイリングを楽しんだりするために有効な施術のひとつです。しかし、強力な薬剤を使用して、一時的に髪の毛の組織を破壊した後に再結合させるという化学反応を起こすことによって得られる効果であることから、髪の毛や頭皮が大きなダメージを受けて、抜け毛や薄毛の原因となることがあります。
15 件

この記事のキュレーター

マキノ マキノ