2017年6月28日 更新

自毛植毛の髪の毛の定着率ってどの程度?

《男性型脱毛症「AGA」》の究極の治療法として国内でも広く普及している【自毛植毛】は、術後に面倒なメンテナンスをすることなく【発毛実感】ができるとして人気となっています。とはいえ、不安が全くないわけではない外科的な施術に踏み切って髪の毛が《定着》しなかったら大きなショックを受けてしまうことでしょう。【自毛植毛】の髪の毛の《遅着率》や《定着率》をアップさせるための手立てなどについて調べてみました。

目次

■定着率と成功率の違い

 (28892)

自毛植毛手術は、自分の健康な毛根を含む皮膚を脱毛部分に移植することで発毛を促す施術方法です。一般的な手術や施術は、成功率ということばで表されることが多いものですが、自毛植毛では、成功率とともに定着率ということばをよく聞きます。この2つの違いは何なのでしょうか。自毛植毛は、採取部を移植部に移動させてそれで終わりというものではありません。植毛した後に、脱毛部の頭皮に毛根がしっかりと定着して、髪の毛が生えて成長して脱毛するという正常なヘアサイクルが働く確率のことを定着率と呼んでいます。
 (28894)

一方で、移植部に定着した髪の毛が正常なヘアサイクルを繰り返しながら、徐々に薄毛や脱毛が改善されて、髪の毛が元の状態に戻る確率のことを成功率といいます。当然のことながら、自毛植毛が成功するためには、確かな定着が図られることが必要不可欠となるのです。つまり、定着率は、移植した健康な毛根がしっかりと根付き、一度全て抜け落ちてから、新たな髪の毛の再生が行われることを指すもので、成功率の前段階の確率ということになります。

■AGA専門クリニックの自毛植毛手術の実際

 (28897)

AGA専門クリニックでは、体質や遺伝の関係も深く、男性ホルモンの分泌異常が原因として進行してしまう脱毛症である男性型脱毛症「AGA」の治療を専門的に行っています。プロペシアミノキシジルなどのAGA治療薬を使った長期の通院が必要となりますが、究極の施術方法として自毛植毛施術も行っています。AGA専門クリニック全体での定着率は、95%程度と言われておりかなり高い確率で移植部に定着することが明らかになっています。

自毛植毛にはさまざまな施術方法があり、なかでも有名なのがFUE法FUT法です。FUE法は、メスを使わず機械で毛包単位で採取したものを脱毛部分に移植するものです。術後の傷跡が目立たないことなどから脱毛部分が小さい際に特におすすめの方法と言えます。一方、FUT法は、メスを使って毛根ごと頭皮を切り取って移植するものです。縫合の必要がありますが、定着率が高いことから、国内だけでなく海外でも最も多く活用されています。脱毛範囲が広い人は、何回かに分けて施術を行うことで、さらに定着率をアップすることが可能となります。

■自毛植毛後の抜け毛の意味

 (28900)

自毛植毛手術は、その施術方法によっても違いがありますが、施術翌日には包帯を取ることができます。洗髪や頭への刺激を与えることを控えるのも1週間程度であり、2週間後くらいからは、普段と変わらない生活を送ることができます。自毛植毛手術を受けた人の口コミなどでは、1ヵ月ほどで脱毛してしまったという声をよくみることがあります。これを定着率0を意味するものと勘違いされる方も多いようですが、実は、自毛植毛後の移植部の抜け毛や脱毛は、喜ぶべきものなのです。

定着率は、脱毛部分に移植された細胞が正常なヘアサイクルの軌道に乗ることを言います。つまり、成長期、退行期、休止期という自然のヘアサイクルに則って髪の毛が発毛、脱毛することであり、移植した部分の髪の毛が抜けるということは、新しい髪の毛が生えてくるための休止期を正常に迎えているということになるのです。自毛植毛後の抜け毛は特に、初期脱毛と呼び、毛根が活性化されている可能性が高いことをあらわすものとされています。

■自毛植毛の定着率をアップさせるためには

 (28903)

自毛植毛定着率は95%と高いものの、定着するまでの期間には、個人差があります。一般的には数週間かかると言われており、縫合した後に抜糸して自毛が自然に生え揃うまでは、半年から1年ほどかかると言われています。ただし、増毛やカツラのように途中のメンテナンスは一切なく、自毛が生え揃うのを待つだけという嬉しい待ち時間を過ごすことができるのも自毛植毛ならではでしょう。

自毛植毛定着率は、術後すぐが最も大事と言われています。痒みや痛みがあっても、決して触ったり、物で刺激を与えたりしないことが大切です。また、しばらくの間はシャンプーだけでなく、喫煙や飲酒、運動などを控えて体の調子を万全に整えておくことも大切なこととなります。ストレスを溜めず、栄養バランスに気を配った食事をとって十分な睡眠時間を確保することも定着率のアップにつながります。

自毛植毛定着率は、移植した健康な髪の毛の細胞がしっかりと根付き、正常なヘアサイクルに則って、発毛、脱毛のサイクルを経ることができるようになる確率のことを指します。AGA専門クリニック全体では、95%程度の高い定着率を誇っており、術後すぐのケアによって、定着率がアップさせることができます。
14 件

この記事のキュレーター

諸貫 和良 諸貫 和良