2017年6月28日 更新

LEDの光に発毛効果を確認!?何をどうすれば良いか解説!

省エネで長持ちするLEDは、自宅用の照明として広く普及しています。信号機やカメラなど身の回りでも利便性が高い部品のひとつとして貢献しているとともに、美しいイルミネーションにも使用されています。美しくエコな光ですが、一説にはこのLEDの光に発毛効果があると言われています。具体的にどういうことなのかについて解説します。

31 view お気に入り 0

目次

■LEDの特徴とは

 (28668)

LEDは、日本名を発光ダイオードといい、赤、黄、青の3色があり、最も難しいとされた青色発光ダイオードを発見した日本人がノーベル賞を受賞するという快挙を成し遂げたことは、まだ記憶に新しいことでしょう。LEDは、白熱灯に比べて80%も消費電力を節約することができ、価格が高いながらも寿命がとても長く、かつ、二酸化炭素の排出量も少ない未来型の照明と言えます。長時間、点灯していても熱くなりにくく、紫外線や赤外線を放出することもないため、虫を寄せ付けない、美術品を劣化させないなどの理由から、アウトドア美術館や博物館などでも活用されています。
 (28670)

昔は、思いや考え、場の状況が把握しにくい人に対して「蛍光灯のように鈍い」と表現することがありました。蛍光灯は、スイッチを入れてから、チカチカと短い点滅を繰り返しながら時間をかけて点灯するため、そのような比喩に用いられたのです。LEDは、電圧が加えられてから発行するまでの時間が極端に短いため、スイッチを入れるとすぐに点灯します。また、蛍光灯のように有害物質である水銀を使用することもないため、人にも環境にも優しい光と言えます。今後、研究が進み、さらに大量生産が可能になれば、価格ももっと安くなることでしょう。

■LEDが人体に与える効果とは

 (28673)

LEDは照明や製品の部品となるだけでなく、人体に優れた効果を発揮してくれるといわれています。超狭帯域LEDの光は、ピンポイントで点として照射するレーザーとは違い、で照射することが可能です。低出力レーザーを使用した美顔器や発毛促進医療機器も普及していますが、でしか当てられないため、顔や頭皮などの全面に当てて治療するには効率が悪いものです。その点、単色のLED超狭帯域幅の狭い光にして照射するとある程度ので当てることができるため、効果が高くなるのです。

LEDが人体に与える効果についての全容解明にはまだ時間がかかるとされていますが、赤、黄、青の組み合わせによってできるさまざまな色の違いによって、人体に与える効果も異なると考えられています。例えば、緑色LEDは、肌の保湿効果が高く、青色LEDは、安眠効果があることがあると言われています。また、温かみが少ない青色LED、多少は温かい緑色LEDに比べて、一番温かく感じられる赤色LEDは、最も体のなかに浸透しやすいものと言われています。

■赤色LEDの発毛効果

 (28676)

人体の皮膚の内部にも浸透しやすいとされる赤色LEDは、毛乳頭細胞をはじめとするさまざまな細胞を活性化することがわかっています。ある大学で行われた臨床実験では、薄毛やハゲで悩む男性10人の頭皮に、週1~3回、20分間、3~8カ月にわたって赤色LEDを当てたところ、育毛有効率は100%で、そのうち2名はほぼ治癒したという結果が報告されています。10人中ほとんどの人の抜け毛が減少し、照射する時間が長くなればなるほど、発毛する確率が高くなったと言います。

赤色LEDは、頭皮だけでなく傷の治療や美顔にもその技術が応用されています。毛乳頭細胞のみに特化して効果が出るわけでないことをみると、全ての細胞に存在するエネルギー工場ミトコンドリアを活性化する働きがあるのではないかと考えられます。ミトコンドリアが活性化されることで、細胞全体の新陳代謝や血流改善が図られ、結果、頭皮の毛乳頭細胞の活性化やコラーゲン産生能力の向上が促されて頭皮環境を大きく改善するのでしょう。

■赤色LEDで発毛効果を得るには

 (28679)

赤色LEDに発毛効果が期待できるからといって、赤色LED照明を買ってきて頭の上から照らしても何にもなりません。あくまでも超狭帯域赤色LEDの照射に効果があるのであって、特殊に処理された機器がないと意味がないのです。最近では、美容サロンやエステの業務用機器だけでなく、通販などで家庭用の小型機器も販売されています。

LEDによる光治療は、赤外線や紫外線を含まない純粋な光を使用するため、痛みや副作用もなく、安心して使用できます。AGA専門クリニックのなかには、治療に導入しているところもあります。一般的に照射を始めてから2週間ほどで発毛効果を実感できるようになると言われており、その期間の短さからも今後、男性型脱毛症「AGA」の治療の一環として期待されています。

省エネ、長寿命、人にも地球にも優しい新しい時代の照明として大きな話題となったLEDは、一般家庭でも広く普及するようになりました。照明や部品として活用されるだけでなく、超狭帯域LEDの光は、人体にさまざまな効果があることが知られており、現在も研究が継続されています。なかでも、赤色LEDには、発毛効果が期待できるとされており、家庭用機器を購入して発毛を実感することもできます。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき