2017年6月28日 更新

自毛植毛って場所にかかわらず手術してくれるの?

薄毛やハゲには、さまざまな種類、発症や進行の仕方があり、個人によって状況が全く異なるものとなっています。最近では、《男性型脱毛症「AGA」》の究極的な治療方法として【自毛植毛】を選択される方も多くなっています。【自毛植毛】は、薄毛やハゲがある場所にかかわらず施術が可能なのでしょうか。

31 view お気に入り 0

目次

■薄毛やハゲが目立つ場所

 (28612)

極度のストレスによって一時的に脱毛してしまう円形脱毛症は、側頭部や後頭部、頭頂部など、脱毛する部分が特定されないことがほとんどです。一方で、男性ホルモンの分泌異常が原因として起こる男性型脱毛症「AGA」は、いくつかのパターンで薄毛や脱毛が始まることが多いものです。そのなかで、最も多いのがM字ハゲです。まるで、カミソリをつかって額の両端に剃り込みを入れたように薄毛や脱毛が進行していくもので、芸能人や有名人にも多く見られるものです。
 (28614)

自毛植毛を希望される方は、特に目立つ位置にある薄毛や脱毛を何とかしたいと考えることが多いようです。M字部分前頭部分つむじ部分などが最も目立つ場所となり、一方、後頭部の襟足周辺のものはそれほど目立ちません。なかでも、真正面から見てすぐにわかってしまう生え際を含む前頭部分は、一般的に血行不良が起こりやすく、プロペシアミノキシジルなどのAGA治療薬だけでは、効果が出にくいこともあって、自毛植毛を選択する人が多い傾向があるようです。

■自毛植毛は基本的に場所を選ばない

 (28617)

自毛植毛は、健康な髪の毛の毛根毛乳頭などの細胞をくり抜いたり、切り取ったりして、脱毛部分に移植するものであり、ドナーと呼ばれる採取部分があれば、基本的に、M字部分頭頂部分であっても移植が可能です。脱毛には、M字ハゲの初期段階のように、少し移植すれば隠せるものと、つむじハゲのように少量の移植では、髪の毛の重なり方によって薄く見えてしまうものとがあります。つむじや頭頂部など、多くの毛髪が必要となる場合は、自毛植毛を複数回繰り返すことで、徐々に増やしていきます。

ただし、つむじの自然な流れは、機械や医師の優れたテクニックを使っても、事前に想定した通りにつくれないこともあり、クリニックによっては、すすめないこともあります。つまり、基本的に自毛植毛の効果が期待できない場所はありませんが、自然な毛の流れという点で、施術を控えた方がいいと助言する医師も存在するということです。

■自毛移植後のドナー部の傷跡

 (28620)

自毛植毛は、自分自身の健康な髪の毛が生えている部分を脱毛部分に移植するものであるため、採取部分ドナーが必要となります。国内で一般的に施術されているのは、FUE法FUT法であり、パンチで1mmほどの穴を開けて毛包をくり抜くFUE法は、施術後、米粒ほどの傷跡が残る程度となります。施術後のドナーの目立ちにくさでこの方法を選択する方も多いようですが、1回に植毛できる本数が少ないため、前頭部や頭頂部の広範囲の移植には向いているとは言えません。

FUT法は、メスを使って頭皮ごと切り抜いて移植するため、1回当たりの移植株数を多く取ることができるとともに定着率が高いこともあって、日本だけでなくアメリカなどでも最もポピュラーな方法となっています。ただし、ドナーは、直線状にカットされるため、どうしてもライン状の傷跡が残ってしまいます。ドナー周辺の髪の毛が長ければ隠すことが可能ですが、坊主ベリーショートなどの短髪ヘアにすると傷跡が目立ってしまうことも事前に理解しておかなければならないでしょう。

■円形脱毛症や傷跡にも自毛植毛できる

 (28623)

ストレスが原因とされる円形脱毛症は、原則として自毛植毛の適応外と言われています。しかし、1年~2年を最低限として、脱毛部分が安定していることそれまでの治療で改善がみられなかったこと、などから、本人が、円形脱毛症の再発、進行によって移植した自毛がよく成長しないリスクがあることを理解していれば、通常の自毛植毛と同様に発毛を期待することが可能であるとされています。

子どもの頃に頭に傷ができると、傷跡がハゲたまま残ってしまうことが多いものです。現在では、自毛植毛の技術も進歩しているため、傷跡への植毛も可能となっています。皮膚科や形成外科のジャンルでは、傷を縫い縮めて目立たなくする方法しかできませんでしたが、自毛植毛を行えば、十分に発毛を期待することができます。最近では、ドナーが傷跡として残るのを最小限に抑える施術法も研究されているため、今後、傷跡植毛という新たなジャンルが開拓されていくかもしれません。

男性型脱毛症「AGA」の治療に効果的であるとして国内でも広く普及している自毛植毛は、本人の健康な髪の毛が生えている部分の細胞をそのまま移植する拒絶反応も少ない治療法として選択する人の数が増えているものです。基本的に、ドナーがあれば前頭部、頭頂部、など場所を選ぶことなく移植が可能で、円形脱毛症傷跡にも効果が期待できるものなっています。
14 件

この記事のキュレーター

なかむらゆうき なかむらゆうき