2018年6月15日 更新

≪CHECK!≫手術前に人工毛植毛のデメリットを理解

代表的な薄毛治療のひとつ「植毛」ですが、この方法には、自身の毛を植毛する「自毛植毛」と、人工の毛を植毛する「人工毛植毛」があります。今回は人工毛植毛についてご紹介しようと思います。手術は即効性がありますが、自毛植毛に比べるとデメリットが高いので注意ですよ!

208 view お気に入り 0

目次

人工毛植毛を安易に考えてはいけません!

thinkstock (8652)

薄毛治療のひとつ「植毛」ですが、今回は「人工毛植毛」についてご紹介します。

人工毛手術が行われている国は、日本以外に中国や韓国、オーストリアなどです。
日本では合法で認められた医療行為ですが、
実は、アメリカではその危険性から禁止されているということをご存じでしょうか?

自毛植毛と人工毛植毛はどう違うの?

育毛剤・発毛剤だけでは満足できない方は毛髪再生スマートメソ | AGAルネッサンスクリニック新宿院 (7003)

自毛植毛⇒自分の後頭部や側頭部に生えている髪の毛を使用する
人工毛植毛⇒ナイロンやポリエステルといった化学繊維を使用する
自毛植毛の場合、自身の頭皮から移植するための髪を採取するため、髪の本数に限りがあります。
しかし人工毛植毛であれば、人工の髪であるためいくらでも移植するのが可能です。

人工毛植毛のメリットとは?

gettyimages (8658)

人工毛植毛のメリットは、自身の髪の量が少なくても手術が行えるところです。
また、長さや本数を自由に決められるため、自分の思い通りのヘアスタイルになります。
他にも、自毛を植毛した場合は、
自分の頭皮に移植した自毛が定着するまでにある程度の時間がかかり、
髪が伸びるまで1年以上待たなければなりませんが、
人工毛植毛は短時間に人工毛を300本~500本以上植毛することが出来るため、
移植手術後は人目を気にせず通常生活を送ることが出来ます。

しかし、メリットよりデメリットの方が大きい!

人工毛植毛は短時間に髪がフサフサになるので、
薄毛に悩まれている方にとっては魅力的な植毛法かもしれません。
しかし、注意しなければならないのは、メリットよりデメリットの方が大きいということです!
gettyimages (8662)

①頭皮トラブルの確率が大きい!

自毛植毛を行った場合、定着率が高いので頭皮トラブルが起こる確率は低くなります。
また毛髪細胞ごと移植するため、髪が抜け落ちた後も毛根から自分の髪が自然に生え、
生涯自分の髪として育てていくことが出来ます。
それに比べて人工毛植毛は、人工の毛であるため一度抜け落ちた後は髪が生えることはなく、
再び人工毛植毛を行わなければなりません。
また、人工毛が抜けないように頭皮の深い部分に食い込ませる形で移植していくため、
頭皮の内部組織が移植された人工毛を異物と判断して拒絶反応を起こし、
頭皮が炎症を起こしたり、バイ菌などに感染し化膿してしまったり、
ひどい場合は頭皮の皮膚組織が壊死してしまう場合もあるのです。

②頭皮の新陳代謝がうまくできない

自毛植毛の場合、移植部分が定着することによって自分の頭皮と一体化していきます。
そのため通常のヘアサイクル通りに毛根から髪が生え成長し、
やがて抜け落ちていき、その後もヘアサイクルを続けていくことができます。
毛穴や毛母細胞、毛髪細胞のすべてがきちんと生きており、
新陳代謝も活発化されている状態で老廃物があれば外へ排出することが出来ます。
それに比べて人工毛植毛は、生きている細胞組織ではありません。
なので、頭皮の新陳代謝がうまく出来ないというデメリットがあります。
移植直後は髪が豊かで多い状態ですが、
時間の経過とともに人工毛は劣化し、根元部分には埃や垢が溜まっていきます。
人工毛を植え付けられた根元部分に、その埃や垢などが蓄積していくことで、
雑菌が繁殖しやすい状態になっていくのです。

③耐久年数が物凄く短い

人工毛植毛は耐久年数が物凄く短いので、
移植をしたら定期的に移植を続けなければなりません。
だいたい1年経過すると、移植した髪の半分が抜け落ちてしまうのです。
また、寝ている時に枕と頭との摩擦や寝がえりなどで髪を引っ張った状態になるため、
髪が自然に抜け落ちてしまうこともあります。
そうして何度も移植をすることが必要になるため、
頭皮に対するダメージも移植を繰り返すたびに大きくなっていきます。
人工毛植毛を5回すると?

人工毛植毛を5回すると?

人工毛植毛を5回された方の頭皮の状態です。
人工毛を植毛した部分の髪はすべて抜け落ち、頭皮も硬直してしまった状態です。

④日本皮膚学会のAGA治療ガイドラインでもお勧めしていません

日本皮膚学会のAGA治療ガイドラインでは、人工毛移植はおすすめしていない治療方法です。
効果よりもデメリットの方が大きいため、自毛植毛の方がやる価値があるといえるでしょう。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【薄毛の悩み】プロペシアを使った芸能人5人の今は?

【薄毛の悩み】プロペシアを使った芸能人5人の今は?

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療として有効な医薬品です。プロペシアを使用している事を公言している芸能人はあまり居ませんが、多くの方がプロペシアを使って薄毛治療を行っています。そこで、この治療薬を使ってどこまで復活したかまとめてみました。
薄毛研究科 | 21,142 view
≪解決≫デメリットを理解した上で【自毛植毛】をしよう!

≪解決≫デメリットを理解した上で【自毛植毛】をしよう!

植毛は「自毛植毛」と「人工毛植毛」に分けられます。今回は自毛植毛についてのデメリットを中心に取り上げます。また、人工毛植毛も知って植毛について理解が深めましょう。そして、自分に合った植毛を発見してくださいね。
自毛植毛と人工毛植毛の違いと気をつけるべき点を解説!

自毛植毛と人工毛植毛の違いと気をつけるべき点を解説!

今回、「自毛植毛」と「人工毛植毛」の違いについて細かくご紹介しようと思います。植毛といえばこの2つが代表です。それぞれメリットもあればデメリットもあります。それらの違いをしっかり認識したうえで植毛を検討しましょう。
自毛植毛をすると見た目が不自然になる可能性があるの!?

自毛植毛をすると見た目が不自然になる可能性があるの!?

「自毛植毛」はAGA治療のひとつです。自分の毛なので自然な仕上がりになるかと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?今回、植毛はどのような治療なのか、その効果などについてまとめてみました。自毛植毛を検討している方は要チェックです。
【自毛植毛】髪がきちんと生えそろうまでの平均期間は?

【自毛植毛】髪がきちんと生えそろうまでの平均期間は?

自毛植毛後はヘアサイクルの休止期に入るため、発毛するのに時間がかかります。発毛後は1ヶ月に1cm~2cmほど髪が伸びますが、自然なヘアスタイルになるまである程度の時間が必要です。そこで髪が生えそろうまで一体どのくらいかかるのかをまとめてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

AGA大学助手 AGA大学助手