2017年6月28日 更新

若ハゲで悩む人に知ってほしいハゲを克服する方法

40代、50代で薄毛やハゲが進行することは珍しくなく、社会にもある程度受容されるものなので、気にしない方も多いものです。しかし、20代、30代の若い年齢のハゲは、大きなコンプレックスとなり、普段の生活でも何かと支障を感じること多く、自信喪失にもつながります。そんな若ハゲを克服する方法はないのでしょうか。

13 view お気に入り 0

目次

■年齢による若ハゲの特徴

 (27828)

若ハゲが何歳から何歳までのことを指すのか、明確な定義はありません。ある日突然、抜け毛が多くなったり、髪の毛がやせ細ったりするのに気づく、周りの人から薄くなったことを指摘されるなどして、<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>加齢とは関係なく20代~30代でハゲ始めてしまうことを一般的には若ハゲと呼んでいる</b></font></span>ようです。なかには、10代から若ハゲの傾向がみられる場合もあり、思春期まっただ中でのハゲは大きなショックとなります。<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>若ハゲかもしれない</b></font></span>と感じたら、簡単なセルフチェックをしてみるといいでしょう。<strong>髪の毛が以前に比べて、細くなっている、抜け毛が多くどれも細い毛である、頭頂部が突然薄くなり始めた</strong>などがあてはまると、普通の抜け毛ではなく若ハゲを疑うこととなるでしょう。
 (27827)

若ハゲは始まった年齢によってもさまざまな原因や特徴が考えられます。10代や20代前半で髪が薄くなり始めた場合、加齢による発毛サイクルの乱れは考えられないため、男性ホルモン分泌異常などが考えられるでしょう。新陳代謝が盛んな年齢でその代謝がうまく行われていない可能性があるのです。<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>20代後半は、若ハゲになりやすい年齢</b></font></span>であると言われています。それまで盛んであった新陳代謝がピークを過ぎて、さまざまな体内での活動が下降線をたどり始める時期となり、発毛サイクルが極端に短くなって、成長しきれていない髪の毛が抜けることがよくあります。

■若ハゲの原因として考えられるものとは

 (27829)

10代や20代前半の若ハゲの原因として考えられるものとして<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>頭皮への負担</b></font></span>があります。若い頃はヘアスタイルにもこだわっておしゃれを楽しみたいのは当然ですが、ヘアカラーやパーマ、毎日使い続けるヘアスタイリング剤などが髪の毛だけでなく頭皮に大きな負担を与えてしまうことがあります。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ストレス</b></font></span>によって、10玉大、500円玉大の<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>円形ハゲ</b></font></span>ができてしまうこともあります。<span style=“background:#FFFF66; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ストレス性の円形脱毛症</b></font></span>は年齢に関係なく、女性にもみられるもので、治療やストレスの軽減によって完治することもあります。

<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>血行不良</b></font></span>になると必要とされる栄養分や酸素が体を巡りにくくなるため、頭皮にも影響を与えて、発毛サイクルを乱すことがあります。また、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>偏食</b></font></span>、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>喫煙</b></font></span>、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>栄養不足</b></font></span>なども薄毛やハゲに大きな影響を与えるといわれています。さらに、念入りに行っているはずのヘアケアによって頭皮環境を悪くすることもあります。知らない間に、洗浄力の強いシャンプーで頭皮に必要とされる皮脂まで洗い流したり、肌トラブルを起こしたりすることもあるのです。

■男性ホルモンの分泌異常による若ハゲ

 (27830)

若ハゲは、かなり高い確率で<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>と同様の症状となる<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>若年性脱毛症</b></font></span>であることも明らかになっています。生活習慣やヘアケアの見直しなどでは根本的な解決が望めない進行型のものとなるので、早期発見、早期治療をする必要があります。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>の主な原因は、男性ホルモンの一種である<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>テストステロンの異常分泌</b></font></span>によるものであるとされています。男性ホルモンの分泌のピークとなる20代には、最もテストステロンが多く分泌されます。過剰分泌されたテストステロンは、脱毛や抜け毛を引き起こす<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>ジヒドロテストステロン</b></font></span>に変化してしまうため、若ハゲが起こってしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、髭や腋毛、胸毛などを濃くするものの、毛髪を薄くするという珍しい性質をもつ物質であるため、以前よりも<strong>体毛が濃くなって毛髪が薄くなったと感じたら要注意</strong>といえるでしょう。よく、祖父や父、親戚などにはげている人がいるとはげやすいと言われることがありますが、遺伝子で若ハゲが決定されるものではありません。ホルモン分泌異常やさまざな要因が重なって起こることも多いのです。

■若ハゲの克服法とは

 (27831)

男性ホルモンが過剰分泌されることで起こるはげは、原因が同じであるため、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>、<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>若年性脱毛症</b></font></span>、若ハゲも対処法も同じであると考えていいでしょう。単なる抜け毛の増加や生え際の後退であれば、毎日使用するシャンプーを洗浄力の優しいものに変えたり、正しいシャンプーの仕方を意識したり、パーマーやヘアカラーを控えたりするなどの対処法が功を奏することもあります。しかし、<strong><span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>は、過剰に分泌されるテストステロンを抑制しない限り根本的な解決にはならないため、自己メンテナンスだけでは効果を得ることができません。</strong>

AGAの診断、治療は、専門医療機関を訪れて行うのが一番です。血液検査によって、テストステロンがどれくらい分泌されているのか、ハゲの進行状況はどうなのか、などについて科学的に分析できるとともに、症状にあった外用薬や服用薬での治療が可能となります。<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>は、進行型であることが一番の特徴です。若ハゲは年齢が若くして発症するものであるため、できるだけ早く治療を開始することをおすすめします。

若ハゲの原因には、生活習慣の乱れや間違ったヘアケアなどがあり、一時的なものもみられますが、そのほとんどが<span style=“background:#ffc0cb; color:black;”><font size=“3” color=“red”><b>男性型脱毛症「AGA」</b></font></span>であることも否定できません。男性ホルモンの過剰分泌が原因となる進行型の脱毛症であるため、早期に専門の医療機関での受診、治療が克服の決めてとなるでしょう。
14 件

この記事のキュレーター

武 紀夫 武 紀夫