2018年11月26日 更新

【解説】頭皮ニキビの3つの原因とは?痛いニキビ治し方も!シャンプーや食べ物に注意

頭皮ニキビができてしまう原因は主に3つあり、シャンプーや生活習慣に気を付けることで予防できます。痛い頭皮ニキビができる仕組みや普通のニキビとの違いに加えて、頭皮ニキビをケアするためのシャンプーの選び方や髪の毛の洗い方、アクネ菌やストレスなどへの対処法を紹介します。

目次

いつの間にか頭皮にできているニキビは、痛くて気になりますよね。
頭皮ニキビができてしまう主な原因は3つあり、それぞれ正しく対処することで予防できます。
今回は、頭皮ニキビの詳しい原因と対処法を紹介します。

頭皮ニキビと普通のニキビの違いは?

 (32341)

頭皮のニキビと、顔や背中などの普通のニキビは、どちらもおなじ原因でできるものです。
毛穴に皮脂が詰まってしまい、きちんと排出されないとニキビができます。

そのため、皮脂の分泌が多い人や、毛穴の汚れがしっかり洗えてない場合、ニキビができやすいです。

思春期に顔のニキビが増えるのは、成長する時期に分泌されるホルモンの影響で、皮脂がたくさん出るからです。

思春期のニキビは大人になるにつれて自然に治まってくることが多いですが、大人になってからできるニキビは生活習慣などの要素が原因のため、正しい対策が必要になります。

また、頭皮は髪の毛が生えているため、他の部分の肌と比べると毛穴の数が多いです。

さらに、髪の毛があるため毛穴の汚れを洗い流しにくいことも、頭皮ニキビができやすい原因となります。

頭皮ニキビは普通のニキビと比べると目立たないので、ニキビが大きくなるまで気づきにくいのが主な違いです。

頭皮ニキビと普通のニキビは同じ原因のため、ケア方法にも共通している部分が多いです。
これから、頭皮ニキビの具体的な原因や対処方法について紹介します。

頭皮ニキビの原因①:シャンプーの成分や髪の洗い方

 (32344)

頭皮ニキビの主な原因のひとつに、シャンプーの成分や髪の洗い方があります。
使用しているシャンプーが頭皮にあっていないと、ニキビができやすくなってしまうのです。

シャンプーの成分についての注意点や、頭皮ニキビになりにくい髪の洗い方を見ていきましょう。

頭皮ニキビの原因になりやすいシャンプー

洗浄力が強すぎるシャンプーや、清涼剤などの刺激のある成分が入っているシャンプーには注意が必要です。

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮の毛穴の汚れだけでなく、頭皮の水分を守るために必要な皮脂まですべて洗い流してしまいます。

頭皮の皮脂が必要以上に洗い流されたり、シャンプーの成分によって刺激を受けたりすると、頭皮を守るために皮脂が過剰に分泌されます。

過剰な皮脂は頭皮を必要以上に油っぽくし、また毛穴に詰まりやすいため、ニキビができやすくなるのです。

洗浄力が強すぎるシャンプーの見分け方としては、成分の中に「硫酸~」と付く洗浄成分が入っているかどうかチェックするのがおすすめです。

硫酸系の洗浄成分は、皮脂を必要以上に洗い流してしまう場合があります。

逆に、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーなら、頭皮を優しく洗い流してくれます。
頭皮ニキビが気になる方は、シャンプーの成分に気をつけてください。

頭皮ニキビになりにくい髪の洗い方

シャンプーの成分が良くても、髪の洗い方や乾かし方によっては頭皮ニキビができやすくなってしまうので注意が必要です。

髪の毛を洗うときは、地肌を指の腹で優しくマッサージするようにしましょう。
髪の毛だけを洗ってしまうと、頭皮の毛穴詰まりの原因になります。

また、シャンプーが頭皮に残ってしまうと刺激を与えてしまい、頭皮ニキビの原因になりやすいです。

シャンプーが残らないように、しっかりと洗い流してください。

さらに、シャワーを浴びた後は早めに髪の毛を乾かすのがおすすめです。
髪が濡れたまま長時間放置してしまうと、雑菌が繁殖しやすい頭皮環境になってしまいます。

頭皮ニキビの原因②:まくらやシーツの清潔さ

 (32351)

まくらや寝具のシーツの清潔さも、頭皮ニキビと関係があります。

頭皮ニキビの原因として皮脂の過剰分泌がありますが、さらにニキビの原因となる「アクネ菌」という菌が毛穴に入ると炎症を起こしてしまいます。

まくらやシーツが不衛生な状態だと、アクネ菌などの雑菌が髪や頭皮につきやすくなるので、注意が必要です。

寝具の清潔さを保つための対策

できれば定期的に洗濯や天日干しをするのが良いですが、毎日使うものですので忙しい方はなかなか洗えないかもしれません。

最近は、紫外線の力で布団を除菌してくれる家電製品も販売されていますので、忙しい方でも寝具を清潔に保てます。

また、夜遅く疲れて帰ってくると、シャワーを浴びずに整髪料がついたまま寝てしまうこともありますよね。

外から帰ってきてそのまますぐ寝てしまうと、まくらやシーツが汚れやすくなってしまいますので、できるだけ洗濯することをおすすめします。

忙しすぎてシーツを洗濯する余裕がないときは、薄手のハンドタオルなどをまくらの上に置いて寝ると、簡単に清潔さをキープできます。

頭皮ニキビの原因③:ストレスや食事・睡眠の影響

 (32356)

ストレスや食事のかたより、睡眠不足などの生活習慣も頭皮ニキビの原因になります。

ストレスが増えるとホルモンバランスが崩れ、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるため、頭皮ニキビができやすいです。

また、油分の多い食事や外食が中心の方も、皮脂がたくさん出てしまう場合があります。
脂っこいメニューはほどほどに、野菜や魚を多くとることを心がけるのがおすすめです。

ビタミンやミネラルなどの栄養不足も、頭皮の環境を悪化させてしまうので注意しましょう。

睡眠と頭皮のターンオーバーの関係

頭皮は常に、古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わっています。
ターンオーバーと呼ばれるこの働きは、おもに睡眠中に分泌されるホルモンによって進みます。

とくに、夜10時から深夜2時ごろまでにかけての時間帯に深い睡眠ができていることが大切です。

寝不足になると頭皮のターンオーバーが乱れ、頭皮ニキビができやすくなってしまうので、できるだけ早い時間帯に寝ることを意識しましょう。

できてしまった頭皮ニキビのケアの方法

 (32361)

すでにできてしまった頭皮ニキビがなかなか治らない場合は、ニキビの炎症を抑える塗り薬がおすすめです。

頭皮ニキビの原因となるアクネ菌の働きをおさえながら、ニキビによる頭皮の炎症をもとの状態に戻してくれます。

シャンプーや生活習慣に気を付けてもなかなか頭皮ニキビが治らない場合、いったん塗り薬で炎症を抑えることが大切です。

また、症状が治まらないときには皮膚科で早めに診てもらってください。

頭皮ニキビと似ている別の頭皮トラブル

 (32364)

頭皮ニキビではない別の原因によって、頭皮に炎症が起こる場合があります。
代表的なものは「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」という湿疹です。

脂漏性皮膚炎は過剰な皮脂の分泌で起こる頭皮のトラブルですが、頭皮ニキビと違ってべたつく大きめのフケが増えるのが特徴です。

放っておくと頭皮の炎症が進み、薄毛や抜け毛の原因にもつながります。
脂漏性皮膚炎をケアする場合にも、生活習慣を整えることが大切です。

ただし、自分でできる対策をしても湿疹やフケが治まらない場合は、こちらも早めに皮膚科で診てもらうようにしてください。

また、頭皮に湿疹ができる症状は脂漏性皮膚炎以外にも、「皮脂欠乏性皮膚炎」や「接触性皮膚炎」などがあります。

頭皮のできものが普通のニキビと違う感じの場合、早めに治療した方が良い場合もありますので、医師による診断を受けてください。

まとめ

頭皮ニキビの3つの原因と対処法について紹介しました。
頭皮ニキビをケアするためには、シャンプーや髪の洗い方に気を付けて、清潔な頭皮環境を保つことが大切です。

また、ストレスや食生活も頭皮ニキビに関係しています。
今回お伝えした情報を参考に、頭皮ニキビができにくい生活習慣を心がけてください。
29 件

この記事のキュレーター

堀内忍 堀内忍