2017年6月28日 更新

自毛植毛手術のメリットと気をつける点を解説!

薄毛やハゲの悩みを根本的かつ効率的に解決する治療法として自毛植毛手術が話題になっています。一度手術をすれば、その後のメンテナンスもいらないという画期的な施術法ですが、どのようなメリットや留意すべき点があるのかについて調べてみました。

目次

■自毛植毛手術の実際

 (28341)

自毛植毛手術は、薄毛やハゲの治療の最終手段とも言われています。外科的な手術を伴うものであり、不安やリスクが全くないとは言えませんが、手術中は局部麻酔により痛みもなく、安全性が高い施術としても知られているものです。自毛植毛手術は、健康な髪の毛が生えている自分の頭の一部から、毛根が付いた皮膚ごと採取して、髪の毛がない部分に移植するものです。ガーデニングのようですが、採取された髪の毛は、1株ごとに分けられて移植先となる部分の頭皮に1株ずつ植え付けることになります。
 (28343)

皮膚ごと切り取る手術となりますが、局部麻酔をかけて行うため手術中は全く痛みを感じることはありません。麻酔が切れるとしばらくは痛みがでることがあります。手術への反応から術後、一時的に植毛した毛が抜けることがありますが、頭皮の定着とともになくなります。移植した頭皮の定着率は9割を超えるもので、自毛植毛手術で髪の毛を取り戻した喜びを感じている人は数多くいます。人口毛ではなく自毛を使用することにより、拒絶反応もみられないようです。

■代表的な自毛植毛手術の施術法

 (28346)

AGA治療に効果的な自毛植毛手術には、さまざまな施術方法があります。その代表的なものに、FUE法FUT法があります。FUE法は、自毛植毛をする方の後頭部から移植元(ドナー)となる株を機械によって毛根ごとくり抜いて、脱毛部分に手作業で植え付けていくものです。メスを入れることがないため縫合する必要もなく、術後気になる傷跡ができにくいのが大きな特徴です。脱毛部分が少ない軽度の薄毛の方に適している方法と言われています。

FUT法は、毛根ごと頭皮を切り抜くためメスを使い移植していくものです。国内だけでなく世界的にも一般的な施術法として確立されているものです。FUE法と比較して、頭皮の定着率が高く、最新の顕微鏡を使って植え付けることが多いため、自然な仕上がりが期待できるとして、この方法を選択する人も多いようです。FUE法FUT法のほかにも、マイクログラフト法ニードル法ボズレー法など、さまざまな施術法があります。

■自毛植毛手術のメリット

 (28349)

自毛植毛手術の最大のメリットは、移植後の定着率が高いということです。男性型脱毛症「AGA」の治療には、発毛効果があるフィナステリドミノキシジルの処方が代表的ですが、毛髪の再生には個人差があり、長い期間をかけて治療を続けてもなかなか効果が表れないこともあります。自毛植毛手術は、一度手術をすれば、定着後、自毛と区別なくシャンプーすることもでき、外用薬の塗布などのような継続的なメンテナンスやケアを必要としません。

従前は、人口毛を使った移植が行われていました。拒絶反応のため、移植部分が化膿したり、術後1年ほどで移植した髪の毛がほとんど抜け落ちてしまったりということがありましたが、自毛植毛手術は自家移植となるので、拒絶反応を心配する必要がありません。また、自分の頭部の一部を移植するので、頭皮のつながりに違和感はなく、自然な仕上がりになります。ヘアサイクルも自毛と全く変わらないので、例えば、周辺の毛が白髪になれば同様に植毛した毛も白髪になります。

■自毛植毛手術の留意点

 (28352)

究極のAGA治療として注目されている自毛植毛手術ですが、デメリットが全くないわけではありません。自毛植毛手術は、後頭部や側頭部など、健康な髪の毛が生えている頭皮を毛根ごと切り取ることになるため、植毛できる髪の毛の本数には限界があります。脱毛部分が広範囲に及ぶ場合は、全てをカバーすることができないため、施術前には、ドナー部分と移植を行う脱毛部分のサイズが一致できるようにすることが大切です。また、当然ですが、健康な髪の毛が生えている部分がある程度ないと頭皮を採取することができない場合があります。

自毛植毛手術では、頭皮の定着率を高めるため、1回の施術で増やすことができる髪の毛の量には限りがあります。脱毛部分が広ければ広いほど、数回に分けて手術を繰り返す必要があります。AGA治療は、保険適用外となるため、通常の投薬治療も高額なものとなりますが、自毛植毛手術は、自費による外科手術となるため、移植株数にもよりますが、100万前後の費用がかかることがあるということも知っておきましょう。また、術後、まれに頭皮のしびれや違和感などを覚えることもあります。

自毛植毛手術は、男性型脱毛症「AGA」の究極の治療法と言われており、自分の健康な頭皮を移植するため拒絶反応もみられず、高い定着率を誇る安全性の高いものです。自毛と変わらない自然な仕上がりやメンテナンスいらずなどメリットが大きい一方で、複数回の手術の必要や高額な費用など事前に知っておくべき留意点もあります。
14 件

この記事のキュレーター

武 紀夫 武 紀夫