2017年6月28日 更新

自毛植毛手術後に髪の毛は生えてくる!?生えるまでの期間は?

男性型脱毛症「AGA」》の究極の治療法、また、発毛実感が味わえる施術として評判の【自毛植毛手術】は、術後のメンテナンスいらずで髪の毛を増やすことができると薄毛やハゲで悩んでいる男性に注目されているものです。手術をすると本当に髪の毛が生えてくるのか、発毛実感するまでにどれくらいの期間がかかるのかについて調べてみました。

目次

■代表的な自毛手術施術法

 (28965)

海外にはAGA先進国が数多く存在しており、世界的に発毛効果が認められているプロペシアミノキシジルといったAGA治療薬家庭用レーザー医療機器などともにポピュラーなのが自毛植毛手術です。最近では日本でも、一般的に普及しており、男性型脱毛症「AGA」の問題を根本的に解決する究極の治療法として認知されるようになってきました。施術法にはさまざまな種類がありますが、国内だけでなく海外でも主流となっているものに、FUE法FUT法の2つがあります。
 (28967)

FUE法は、自毛植毛をする本人の後頭部などの健康な髪の毛が生えている部分から機械を使って毛根ごとくり抜き、脱毛している部分に手作業で植え付けるものです。メスを使用することがないため、傷口を縫合する必要がなく傷跡が目立たないこともメリットのひとつです。一方、FUT法は、メスと使って毛根ごと頭皮を切り抜いて脱毛部分に移植するもので、世界的に最もポピュラーな方法として知られています。一度に広い部分の移植が可能であることから、定着率が高いこともメリットとなっています。

■自毛植毛手術の流れと発毛までの期間

 (28970)

自毛植毛前には、脱毛部分や健康な髪の毛が生えている部分の正確な範囲計測や柔らかさや形状の確認などを入念にチェックして、仕上がりを予想しながら最適な移植サイズや施術方法について相談します。施術法にもよりますが、移植された健康な髪の毛の株がかさぶたをつくりながら頭皮に定着するのを待つことになります。術後1週間程度は、シャンプーをしたり、縫合部分に刺激を与えたりすることは厳禁となりますが、2週間後くらいからは普段通りにシャンプーをすることができるようになります。

脱毛部分に移植された健康な毛根をもつ頭皮がしっかりと定着し、新しい髪の毛が成長できたときに初めて発毛実感することができます。その期間には個人差があり、一概には言えませんが、8ヵ月~1年程度が目安とされています。従前は、移植先が化膿したり、1年ほどで抜け落ちてしまったりとデメリットの多かった人口毛の植毛を行っていましたが、最近では、拒絶反応がほとんどない自家移植で自分の頭皮を使用して移植する方法が主流となっています。

■自毛植毛は術後が一番大切

 (28973)

自毛植毛は施術自体は難しいものではなく、局部麻酔によって傷みもないままに比較的短い時間で済むため、日帰り手術も可能なものとなります。移植した毛根細胞などを傷つけずに生活習慣などにも注意しながら、発毛できる環境を整える術後が最も大切となります。術後しばらくは、移植部分に痛みや痒みを感じることが多くなるため、ついつい手で触りたくなります。まだ、頭皮への定着が図られていない段階で刺激を与えることが最大のダメージとなるため、我慢しなければなりません。

日頃、飲酒や喫煙の習慣がある人は、しばらくの間控える必要があります。タバコには、血管を収縮させて血流を悪くする作用があることから、移植した毛根の定着に悪影響を与えてしまうことになります。また、アルコールの摂取は、より痛みを感じやすくするとともに、出血を促す可能性もあるため、注意が必要です。さらに、日頃から激しい運動をする習慣がある方も頭皮に汗をかいたり、血行が過剰に促進されて出血を促したりする可能性があることから、軽い運動するまでにも時間をおいた方がいいでしょう。

■自毛植毛施術を受ける上での留意点

 (28976)

自毛植毛は世界で多くの施術例を誇る安全性の高い治療法のひとつですが、副作用が全くないとは言い切れないものです。術後1,2日くらいは、どうしても痛みや出血を伴うことがありますが、個人の体質や移植範囲などの違いによってそれが長引くこともあります。また、術後に薬剤の服用を併用する場合は、ときに吐き気をもよおすこともあります。いずれにしても一時的なものであり、しばらくすると落ち着きますが、人によってはその期間が長くなることも考えらます。

自毛植毛を行うことで、一時的に抜け毛が増え、植毛した部分からも抜け落ちることが多くなります。これは、移植した部分に定着して、正常なヘアサイクルの軌道に乗るまでの期間に起こる発毛前の現象であることが多いため、あまり心配する必要はないでしょう。1回に移植できる毛髪の量には限りがあり、脱毛部分が広い人は、複数回自毛植毛を繰り返す必要があります。健康な髪の毛が生えている部分が極端に少ない方は、広範囲の植毛ができないこともあらかじめ知っておく必要があるでしょう。

自毛植毛手術は、自分の健康な毛根を含む頭皮を脱毛部分に移植するもので、拒絶反応がほとんどみられない安全性の高い施術方法です。発毛までの期間は、個人差がありますが、一般的には8カ月~1年程度と言われています。術後の自己管理が発毛を左右することとなるので、節制した生活や刺激を与えないことなどに留意する必要があります
14 件

この記事のキュレーター

諸貫 和良 諸貫 和良