【解説】薄毛治療は病院で受けられる?薬や保険適用、料金、副作用など基本情報教えます

薄毛治療の基本的な項目について解説します。薄毛治療は、専門クリニック以外に、病...

12 view

プロペシア「ジェネリック」の効果・値段・副作用は?通販で購入可能も医師処方がおすすめ

プロペシアのジェネリックの効果、値段、副作用などについて幅広く紹介します。プロ...

14 view

自毛植毛の「費用」はどれくらい?M字など症状により異なる!薄毛治療の中では高額!

自毛植毛にかかる費用の相場を一挙に紹介します。自毛植毛の費用は、薄毛の症状や移...

新着の記事 最近投稿された記事

【解説】女性の「薄毛対策」6選!原因は?シャンプー、食べ物、育毛剤による対策

【解説】女性の「薄毛対策」6選!原因は?シャンプー、食べ物、育毛剤による対策

薄毛の症状に悩んでいる女性のために、薄毛対策を6種類紹介します。食べ物・食事や生活習慣、運動、ストレス解消や育毛剤、シャンプーなどの対策法について、それぞれ詳しく解説します。また、女性に多い薄毛の症状や、そ...
Ryujijo | 1 view
【解説】薄毛の女性が似合う髪型5つと目立たない5つのポイント

【解説】薄毛の女性が似合う髪型5つと目立たない5つのポイント

薄毛の女性が似合うおすすめの髪型を5つ紹介し、薄毛が目立たない5つのポイントを紹介します。女性は髪が命とも言われます。どのような髪型をすれば薄毛が目立たなくなるのか解説します。また、薄毛を隠すのではなく改善...
Katsumaru | 1 view
【解説】植毛のデメリットとは?自毛植毛・人工植毛別に紹介

【解説】植毛のデメリットとは?自毛植毛・人工植毛別に紹介

薄毛の治療法として行われている植毛には、メリットだけでなくデメリットがあります。植毛には「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類がありますが、どちらにもデメリットがあるのです。術後の痛みや違和感、施術の回数や費用...
堀内忍 | 4 view
【解説】薄毛の改善は自力でできる?原因と方法を解説!シャンプーやサプリを使う

【解説】薄毛の改善は自力でできる?原因と方法を解説!シャンプーやサプリを使う

薄毛の改善は、自宅や自力でできるものでしょうか?薄毛になる主な原因と、改善方法について解説します。完全に薄毛を改善することは難しいですが、シャンプーやサプリを使ってみると良いかもしれません。
中嶋 | 6 view
薄毛治療「最新」を徹底解説!FUE法、ヘアフィラー、PRP毛髪療法、LED照射

薄毛治療「最新」を徹底解説!FUE法、ヘアフィラー、PRP毛髪療法、LED照射

最新の薄毛治療について徹底解説します!LED照射による治療やヘアフィラー、PRP毛髪治療、FUE法といった最先端の薄毛治療法について、概要とメリット・デメリットについて詳しくお伝えします。また、現在主流の基...
Ryujijo | 6 view
【解説】薄毛の女性におすすめのシャンプー3選!6種類の症状と原因を把握して対策しよう

【解説】薄毛の女性におすすめのシャンプー3選!6種類の症状と原因を把握して対策しよう

女性が薄毛になる原因と症状を6種類紹介し、おすすめのシャンプーを3種類紹介します。男性に限らず、薄毛に悩む女性は多いものです。薄毛に悩む女性に人気の市販のシャンプーを紹介し、おすすめのシャンプーの仕方につい...
中嶋 | 5 view
自毛植毛の「費用」はどれくらい?M字など症状により異なる!薄毛治療の中では高額!

自毛植毛の「費用」はどれくらい?M字など症状により異なる!薄毛治療の中では高額!

自毛植毛にかかる費用の相場を一挙に紹介します。自毛植毛の費用は、薄毛の症状や移植する本数によって異なります。また、自毛植毛には大きく2つの手術方法があり、どちらの手術を行うかによっても費用は異なります。その...
堀内忍 | 6 view
女性の「薄毛」の対策・治療を5つの種類別解説!20代・30代も注意!髪型も原因に

女性の「薄毛」の対策・治療を5つの種類別解説!20代・30代も注意!髪型も原因に

薄毛が気になり出した女性のために、薄毛の原因を5つに分けて対策と治療方法を紹介します。女性の薄毛には、FAGA(女性男性型脱毛症)や牽引性脱毛症、ダイエットが関係したものがあります。20代、30代でも、髪型...
Ryujijo | 9 view
【解説】薄毛治療は病院で受けられる?薬や保険適用、料金、副作用など基本情報教えます

【解説】薄毛治療は病院で受けられる?薬や保険適用、料金、副作用など基本情報教えます

薄毛治療の基本的な項目について解説します。薄毛治療は、専門クリニック以外に、病院でも治療を受けることができます。皮膚科や内科、産婦人科(女性)での受診が可能です。また、薄毛治療で使用される薬や副作用、治療に...
Ryujijo | 12 view
プロペシア「ジェネリック」の効果・値段・副作用は?通販で購入可能も医師処方がおすすめ

プロペシア「ジェネリック」の効果・値段・副作用は?通販で購入可能も医師処方がおすすめ

プロペシアのジェネリックの効果、値段、副作用などについて幅広く紹介します。プロペシアのジェネリック薬にはファイザー、サワイ、トーワなどがあります。主成分はフィナステリドのため、AGAなど薄毛治療の効果や副作...
堀内忍 | 14 view
プロペシアの「副作用」の確率は?肝臓や精液・子作りに影響!服用を止めれば治る

プロペシアの「副作用」の確率は?肝臓や精液・子作りに影響!服用を止めれば治る

AGAなどの薄毛治療に使われるプロペシアは、副作用として肝臓や精液、小作りや男性機能への影響があります。ただ、プロペシアの副作用の発症確率は2%以下で、副作用の症状が現れてもプロペシアの使用を中止すれば治り...
堀内忍 | 9 view
ザガーロに「ジェネリック」はない!いつ出る?他の薄毛治療薬と比較してみた

ザガーロに「ジェネリック」はない!いつ出る?他の薄毛治療薬と比較してみた

ザガーロには現在「ジェネリック」がありません。ザガーロは開発されて間もないため、まだ特許が有効でメーカーがジェネリック薬を作ることができないためです。プロペシアやミノキシジルなど他の薄毛治療薬と比較して効果...
堀内忍 | 17 view
髪の毛が「細い・柔らかい」原因は?シャンプーや頭皮ケアに注意!生まれつきは大丈夫

髪の毛が「細い・柔らかい」原因は?シャンプーや頭皮ケアに注意!生まれつきは大丈夫

髪の毛が細い方や柔らかい方の原因について解説し、ケアの方法について紹介します。髪の毛が細い方や柔らかい方は、生まれつきかどうかでケアの方法が異なります。ヘアクリームを使うことで髪の毛のボリュームが出るため髪...
【解説】薄毛はパーマでボリュームが出る?髪の毛の量を回復できる?疑問を解決!

【解説】薄毛はパーマでボリュームが出る?髪の毛の量を回復できる?疑問を解決!

薄毛の方がパーマをかけるとボリュームが出るのか、髪の量を回復できるのか、そもそもパーマをかけて大丈夫なのかについて解説します。薄毛の方は、パーマをかけて髪の毛をボリュームを出したくなると思います。しかし、パ...
中嶋 | 12 view
【解説】AGA診断方法の種類は?クリニックや病院・スマホでも可能!手順を紹介

【解説】AGA診断方法の種類は?クリニックや病院・スマホでも可能!手順を紹介

自分がAGAではないかどうか調べたいという人のために、AGAの診断方法について紹介します。AGAの診断方法には、自分でできる診断方法や、セルフチェックがあります。また、クリニックや病院での診断では血液検査が...
Ryujijo | 11 view
763 件


日本の多くの男性を苦しめているAGAですが、このAGAは多くの方々を苦しめ続けてきたのでいろいろと解決策も出てきており、その解決策を実行することでこの苦しみから解放された人も多くいます。このAGAから解き放たれるための方法は育毛と植毛が主流であり、どっちが良いのかが気になっている人も多いでしょう。現状ではどっちが良いのでしょうか?

■育毛と植毛、そして発毛の違いも理解しておこう

AGA対策として有効な方法としてまず出てくるのが育毛です。育毛は生えている毛を育てることが目標となっています。薄毛に悩んでいる人たちは髪の毛が生えないことも悩みですが、生えてきている毛が産毛にように細い状態で止まっているのも悩みとなっているのです。 細くて短い毛やコシが失っており簡単にちぎれてしまうような毛を強い髪の毛に戻すのが育毛であり、主に脱毛が進んでいる前段階として薄毛が進行しつつある人にとって施される対処方法と理解していただくといいでしょう。主に栄養状態が悪く日常生活が乱れている人がこの状態になっていることが多いです。

次に植毛とは男性ホルモンの影響を受けることが少ない後頭部や側頭部の部分から毛根を移植させるという治療方法で、薄毛の部分の毛根がもはや手遅れになっている人たちに施される最終治療方法と考えてください。 また、この時用いる毛髪は側頭部や後頭部の自分の髪の毛を使う方法で紹介しましたが、これは「自毛」を使う以外にも用いる毛髪は「人工毛」にすることができますので、そちらを選ぶこともできるでしょう。ただし、「人工毛」を使う場合は自分とは違う細胞を使って移植するという方法なので、人によっては拒絶反応が出てしまうことがあります。

最後に発毛についても解説しておきます。 発毛とは休眠している状態の毛根を活性化させることでまた髪の毛をはやす方法のことであり、育毛のレベルでは解決できない人たちがとる選択肢となっております。健康な頭皮ならばたとえ毛が生えてこない状態であったとしても、毛根が死んでいるのではなく休眠しているだけの人も多いので、毛根の状態を調べる検査をすることで、植毛をしないでも対応可能かどうかがわかるようになっているのです。

■育毛と植毛の比較

それぞれメリットがありデメリットがあるのが育毛と植毛なのですが、それだけではよくわからないと思いますのでここで明記しておきます。

まず、育毛や発毛のメリットを説明します。 植毛と比べると安価になることが多く、手軽で自然な行為となるので頭皮にかかる負担が少なく発毛に成功したとしても成功後の髪質に違和感がないというメリットがあります。今ある毛根や髪の毛を使って健康にすることが基本となっているので、危険性も低いでしょう。 次にデメリットは、今すぐに解決できるわけではなく、継続した治療が必要というところでしょうか。そのため、しばらくの時間がかかりますし、育毛効果は絶対に成功するわけではないので徒労に終わる可能性もあります。また、継続した治療が必要という部分で明確にかかる費用を出すことができず、植毛よりもお金がかかってしまう可能性があります。

植毛のメリットを説明します。 植毛の最大のメリットは髪の毛を増やすことが確実にできるということです。効果がすぐに出ない育毛や発毛と比べるとすぐに状況が改善されるので、今すぐに結果が欲しいという方向けとなっています。長期間の治療が続くといろいろとケアが必要になりますが、これは治療をしてしまえば特殊なケアを続ける必要がないのもメリットといえるでしょう。 デメリットは人工毛を使っている場合は拒絶反応が出てしまう可能性があり、患部が化膿してしまったり炎症が発生してしまうかもしれないということでしょう。また、手術の必要があるので一発で終わりますがその費用が割高になってしまうことでしょう。そして、大きなデメリットとしては傷跡が残ってしまうことです。そのため、しばらくの間は専用の帽子などを使ってごまかす必要も出てきます。

■どっちを選ぶのが正解か?

こちらは個人的な見解も入りますが、AGA治療を始める段階で決めるようにするといいと思います。 例えば、すでに育毛も不可能で毛根が完全に死んでいる状況であると判明した人の場合は植毛を推奨されるため、そちらを考えるのもよいと思いますが、育毛が可能な状態だと説明されたのなら、AGA治療は育毛か発毛からスタートしたほうがいいと思います。 たとえ頭皮が傷ついてボロボロになっていたとしても、適切な頭皮ケアを受けることができればヘアサイクルを正常な状態に戻すことができるようになるので、新しい髪の毛が生える状況に戻すことができるものなのです。 炎症が起きてしまった場合には、下手に刺激を与えないように育毛剤やスタイリング剤を控えるとか、毛穴が詰まってしまうようなけがを負ってしまった人は頭皮マッサージを行って血液の循環効率を上げて代謝を上げましょう。